【2020年】買って後悔したもの10個

25歳になって思うこと【人生の春が過ぎた】


 
こんにちは、タロンです。
 
 
 
僕も今年で25歳になりました(ウェーイ)。
 
 
10代だった時期は、今や遠く過去のものとなってしまいました。
 
 
25歳というと、「若者界の中ではじじい」という感じですかね。
 
 

つらつらと書くとまとまりのない文章になってしまいそうなので、25歳になって感じたことを箇条書きでまとめようと思います。

25歳になって感じたこと

①人生の春が過ぎた

石川善樹さんの『フルライフ』では、人生100年時代を四季に例えています。
 

 

・25歳までは春
・50歳までは夏
・75歳までは秋
・100歳までは冬

 

 

春は、学校に通って知識の貯金をし、自分が何に向いているかを見定める時期です。
まだまだ体力もあるし、社会的責任も少ないので、フットワーク軽く、好奇心に任せてなんでもやってみるべき時期です。失敗のダメージも少ないので、ばんばん失敗しても大丈夫でしょう。
 
 
夏は、仕事を通じて、自分の専門性を高める時期です。もっとも働き盛りの年齢であり、人脈ネットワークも広がるので、活動量でいえば人生のピークかもしれません。
 
 
秋は、体力の衰えに伴って、後輩に道をゆずったり、仕事も落ち着いてくる時期でしょう。
 
 
冬は、人生の総集編であり、どうやって人生を締めくくるかを考える時期です。
 
 

━━もちろん、これはふつうの会社員を想定した話なので、いくらでも例外はありますけどね。
 
 
僕は25歳なので、この区分に従うと、人生の春が終わってしまったことになります。
 
 
できれば「自分探し」は春までに終えたかったのですが、いまだに自分が本当に何をしたいのかよくわかりません。
コロコロ仕事を変えてばかりなんですよね。
 
 
仕事続けるよりも転職するほうが大変だったりするので、転職はむしろいいことだとも思っているのですが、さすがに何の専門性もないまま、30代に突入するのは避けたいですね。
 
 
「ライター」・「ブロガー」・「プログラマー」など、なんでもいいので、自分を一言で表す肩書きが欲しいところです。
 
 
ところで、日本の名刺って会社名が大きく書かれているじゃないですか。
それは逆に言うと、会社に属していること自体が肩書きになっているということです。
会社をクビになると、何者でもなくなってしまうので、けっこう大変です。
 
 
できれば、会社を退職しても、「僕は〇〇です」という名刺を作れるようにはなっておきたいですね。
 
 
僕は今のままだと、会社を辞めてしまうと、名刺に何も書けませんからね……。

②新しいことができなくなってきた気がする

20代なので、いくらでもチャレンジはできるはず。
 
 
しかし……

 
 
ここ1年ほどで、「動画編集」・「YouTuber」・「アニメーター」・「中国語の勉強」など、いろいろ試してみたのですが、どれも完全に挫折しました。
 
 
・イギリスで活躍している「シリアック」というアニメーターに憧れ、Adobeのアニメーション作成ソフト「After Effects」を有料でダウンロードして、自分でアニメーションを作ってみました。▼
After Effectsにチャレンジ!|ブログに飽きたかも  
でも結局、自分の作りたいアニメの理想と、自分が実際に作れるアニメのギャップに落胆してしまい、挫折しました。
 
 

・中国語の勉強も、「なんとなく中国語の発音がカッコいいと思えない」という老害くさい理由で挫折しました。
中国語 勉強 学習 効率 僕が中国語の勉強で挫折した理由3つと、ずるい学習法  
 

結局、いちばん僕が長く続けられているのは、読書とブログだけなんですよね。
 
 
文章を書くという作業には特に苦労を感じないので、この先もずっと続けられる気がします。
 
 

 

 

 
ここで少し例え話を。
 
 
未開の民族がいたとしましょう。
ある日、急に道路が敷かれ、民族全員が車を運転するようになったとします。
 
 
しかし、その民族は今まで車を運転したことがなかったので、「右側通行」・「左側通行」のどちらにもすぐに適応できます。
 
 
そして、最初に車を運転した民族が、”たまたま”左側通行をしたらどうなるでしょうか?
 
 
後に続く車も全て、左側通行をするようになり、その国は左側通行が当たり前の国になります。
 
 
逆に、最初に車を運転した民族が、”たまたま”右側通行をすれば、その国は右側通行が当たり前の国になります。
 
 
つまり、最初の数人のささいな行動によって、その国が「右側通行」・「左側通行」のどちらかになるかという結果が変わるわけです。
(初期値の違いが、結果を大きく変えるわけです)
 
 
日本のように、左側通行が完全に定着してから右側通行に変更するのは、多大なコストと時間がかかります。
 
 
これは、そのまま人間にも当てはまります。
幼少期に”たまたま”絵画に触れる機会があったとすると、その子は将来、アーティストになる可能性が高い。
幼少期に”たまたま”プログラミング言語に触れると、その子は将来、プログラマーになる可能性が高い。
 
 
幼少期のちょっとした初期値によって、将来の結果が大きく変わるのです。
(だからこそ、幼少期の教育って超大事なんですよ)
 
 
僕は残念ながら、幼少期になにか自分の将来を決定づけるような出来事がなかったので、今も自分が「何者か」わからず、右往左往しているわけです。
 
 
 
 
うーん、ちょっとわかりにくい例かもしれませんが、伝わりましたかね……?
 
 
まあ、要は25歳になってしまった僕は、「左側通行が定着してしまった日本」と同じなので、今さら大きく変えることはできない、ということです。
 
 
今さら、プロのアニメーターになるとか、プロのアーティストになるなんて、ほとんど不可能です。
もっと小さい頃から、そのために練習している本物のプロがたくさんいるのですから。
 

【まとめ】

実は25歳になって、もう一つ考えていたことがあります。
 
 
結婚と子供についてです。
これに関しては、別記事でたっぷり書いたので、良ければそちらも読んでみてね。▼
僕の結婚観と子供観について【結婚はしたいけど子供はいらない】  
 
25歳になって人生の春が終わってしまいましたが、これからは人生の夏が来ます。
 
 
高校球児に例えれば、夏の甲子園こそが今までの練習の集大成を見せるべき、本番の舞台です。
僕も、これから来る人生の夏を有意義に過ごしたいものです。
 
 
 
まとまりのない文章になってしまいましたが、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ブログは細く長く続けていくので、良ければ見守ってくださると幸いです。
 
 

参考文献

・最初に紹介した「人生を四季に例える」という素敵な考え方はこの本からです。
あなたは今、人生のどの季節を生きていますか?▼
 

 
 
・今の時代、転職は当たり前。でも、転職には「良い転職」と「悪い転職」があります。
転職を考えている人は必読です。▼
 

 
 
・キャリア論のロングセラーです。
自分のキャリアは、節目の時だけ考えればいい。それ以外の時は、ある意味、思考停止でもいい。という考え方は意外でした。▼
 

 
 
・この記事で紹介した「右側通行」・「左側通行」の例え話はこの本から。
沖縄では、敗戦による占領で交通ルールがアメリカと同じ右側通行になり、本土復帰7年目の1978年に左側通行に戻されたという歴史があるそうです。
右側通行が定着した後でも、左側通行に戻すことができたというのは、非常に興味深いですね。▼