【2020年】買って後悔したもの10個

僕の結婚観と子供観について【結婚はしたいけど子供はいらない】

 
 
こんにちは、タロンです。
 
 
 
今回は僕が結婚と子供について思うことを書きます。
 
 
25歳にもなると、昔の知り合いが結婚し、子供も産まれたというおめでた報告をされることが増えました。
 
 

さすがに周囲がこうなってくると、僕も何も考えないわけにはいきません。
今回は、マジメに結婚と子供について考えてみましょう。

1.結婚はしたいけど子供はいらない

さて、いきなり結論ですが、

結論
結婚はしたいけど子供はいらない。
━━これが僕の結論です。

ではなぜ、結婚はしたいくせに子供はいらないのでしょうか?
 
 
以下がその理由です。

結婚はなかったことにできるが、子供は生まれなかったことにできない

人生のライフステージとして、「結婚➡︎出産」は当然のセットのように思われていますが、両者の性質はかなり違います。
 
 
まず結婚は、いつでも離婚することが可能です。
いつでも好きな時に役所に離婚届一枚提出すればよいのですから、携帯を機種変する手続きよりもかんたんかもしれません。
 
 
当然、結婚はするのもかんたんで、婚姻届一枚提出すればいいだけ。
めんどくさい結婚式や親との顔合わせをする義務はありません。
 
 
つまり、結婚はするのもかんたんで、解消するのもかんたん。
 
 
さらに分かりやすく言うと、

結婚は、他人同士から家族になるのもかんたんである反面、かんたんに他人同士に戻ることができる
━━ということです。
(ま、もちろん、浮気による慰謝料や財産分与でドロドロに揉めるリスクはありますが)
 
 
 

これに対して、出産はどうでしょう。
子供を産むということは非常に大きな決断です。
子供を産んでしまってから初めて、自分が子供が好きではないことに気づいたら? 自分に子育ての才能がないと気づいたら? また、子供に重い障害があることが判明したら?
 
 
結婚なら、軽い気持ちで結婚して一緒に暮らしてみて初めて、相手がイヤだと気づいたら、かんたんに離婚してリセットできます。
 
 
しかし、「子供産んでみたけど、やっぱり私には子供なんかいらんわ」となっても、子供をリセットすることはできません。
育児放棄して行政に保護してもらうとか、養子に出すなどの手段があるとはいえ、日本は育児に対しては非常にナーバスな風潮であり、「子供を捨てた」となるとどんな社会的制裁を食らうかわかりません。
 
 
軽い気持ちで結婚した人が同じく軽い気持ちで子供を産み、子供の予想外の手のかかりように耐えかねてネグレクトしてしまう。
そんな親も多いのではないでしょうか。
 

メモ
少し難しい言葉で言うと、こうなります。

・結婚は「可逆的」(いつでもリセットできる)

 

・出産は「不可逆的」(リセットできない)

 
結婚が、「赤い糸で結ばれた運命の人(いつでも切って他人に戻れる)」のに対して、出産は「鉄の鎖で結ばれた運命の人(切ることはできない)」なのです。
 
赤い糸なんていつでも切ることはできますが、鉄の鎖は切れません。
 
 
僕自身、結婚はしたいと思っています。
好きな人との結婚生活は楽しいでしょうし、なにより相手が合わないと思えばいつでも離婚して他人に戻れるからです。
 
 
つまり、結婚はリスクが少ないのです。
 
 
ですが、僕は子供を持ちたくありません。
他人の子供はかわいいな思いますが、自分と似ている子供が生まれてくるなんて気持ち悪いし、「自分が子育てに向いていない」ことがわかってもリセットできずに、長い間、子供に縛られつづけるのは嫌です。
つまり、出産はリスクが高いのです。
 

 

 

 

「人生、リスクをとらないと成長できないよ」
━━こんな意見もあるかもしれません。
 
 
確かにそれは半分正解で、実家を出て引っ越すとか、転職して海外で働くとか、そういうリスクは若いうちに積極的にとっていくべきだと思います。
しかし、それは自分でリスクの責任を負える範囲での話です。
 
 
子供の場合はちょっと事情が違っていて、リスクをとるなどという気持ちで、将来不幸になるかもしれない子供を産んでいいものでしょうか。
僕は、自分でリスクを背負えるならなんでもやっていい、でも他の人の命を巻き込むリスクには慎重になるべきだ、という考えです。
 
 

今の僕からすると、結婚というリスクは背負えますが、子供を持つというリスクは背負えないのです。
 
 
これが、僕が結婚はしたいけど子供は持ちたくない理由です。
 

2.それって反出生主義?

こういう考えを説明すると、反出生主義かと思われそうですが、ちょっと違います。
 
 
反出生主義を研究している森岡正博さんによると、

・反出生主義はすべての女性に「産む権利」がないと考える思想。

 

・「自分には子供がいなくていい」と考える思想は、チャイルド・フリーという思想であって、反出生主義ではない。

 
━━ということらしく、つまり「僕には子供はいらないけど、子供が欲しい人はどんどん産めばいいと思うよ」という僕の考えは、反出生主義ではなくてチャイルド・フリーという思想だということになります。
 
 
「反出生主義」というと過激な思想に思われがちですが、僕は他人に子供を産まないことを強制するつもりはまったくありません。
産みたい人は産めばいいと思います。
 
 
でも産みたくない人が、それを理由に社会から冷遇されるべきではないと思っています。
 

【まとめ】

さて、僕の結婚観と子供観について紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
 
 

ところで、あなたは「VUCA(ブーカ)」という言葉をご存知でしょうか?
 

メモ

・Volatility(不安定さ)

 

・Uncertainty(不確実性)

 

・Complexity(複雑性)

 

・Ambiguity(曖昧性)

 
━━これらの頭文字を取って、「VUCA」といいます。
 
 
要は、
「今の社会は予測できないほど素早く変化している」
━━ということです。
 
 
今は変化の激しい時代なので、社会情勢もあっという間に変わります。
 
 
数年後には「子供を産んだら無条件で1000万円がもらえる」とか「子供を試しに産んでみて、合わないと思ったら養子に出すことができる制度(これはなさそうだけど)」ができるかもしれません。
 
 
前提条件が変われば、僕も子供を持つことに前向きになるかもしれません。
 
 
何が言いたいかというと、社会が変わるなら自分の考えもそれに合わせて変化する事が必要なので、僕はなにも「結婚はしたいが子供はいらない」という考えに固執する気はない、ということです。
 
 
社会制度なんてコロコロ変わりますし、それに合わせて人間の考えもコロコロ変わっていいのです。
 
 
なので、僕は将来の僕が子供を持っていても、それがおかしいとは思いません。
僕たちは変化の時代を生きているのですから。
 
 
 
これを読んでいるあなたも、子供がいらないという考えかもしれませんが、別にその考えに固執する必要はありません。
世間は一貫性を持った人格を求めますが、変化しつづける時代に一貫した考えを持つなんて無理です。
 
 
昔、さんざん「子供はいらない」と言っていた友人が、ちゃっかり子供を産んで親になっていたとしても、暖かく祝福してあげましょう。
考えの変化を許容することも、多様性の時代には必要なことだと思います。
 
 
 
 

以上! タロン(@shin_taron)でした。
 
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!
 

参考文献

・反出生主義を研究している哲学者、森岡正博さんの本です。
 
「生まれてこない方がよかったのか?」という問いに答えるのは、やはり哲学の役目なのかもしれません。▼
 

 
・反出生主義についてはこの雑誌で初めて知りました。▼
 

 

・実は昔にも同じことを考えてました。▼
子供を持つことのぼんやりした怖さ