初めましての人への自己紹介

【買い方説明】keychronキーボードを海外の英語サイトから購入する方法

keychron キーボード 英語 買いかた
 
keychronはいいキーボードなんですが、現在のところ、海外のサイトからしか購入できません。

英語わからないし、英語サイトで買い物するのが不安……。

──という人のために、keychronキーボードの購入方法を解説します。

僕はすでに何回か、keychronキーボードを購入しています。
 
毎回、特にトラブルもなく購入できていますので、安心してこの方法で購入してください!

この記事の目的

・英語がわからない人でも、海外の英語サイトからkeychronキーボードを購入する方法を解説します!

1.keychronの公式サイトでの注文方法

まずはkeychronの公式サイトに移動しましょう

公式サイトはこちら。▼
https://www.keychron.com/

メモ
今回はスマホでの注文方法を解説します。
 
PC版でも基本的には同じです。

①「キーボード」をクリック

まずはサイトの上にある「keyboard」をクリック。

今回は、keychronK2キーボードを買うので、「keychronK2」をクリック。▼
 

②バックライトの色・フレームの種類・個数を決める

次に決めるのは、  

⑴キーボードのバックライトの色とフレームの種類
 
⑵軸の種類
 
⑶個数

━━この3つです。
 

順番にみていきましょう。

バックライトとフレームの種類をえらぶ

まず⑴。

・「white backlight」
 
・「RGB backlight」
 
・「RGB backlight aluminium frame」

──この3種類があります。
これは、キーボードのキーの光の色の種類を選べるということですね。

「white backlight」だとこんな感じ。▼
 
f:id:pineapple-bomb:20200411093436j:plain

「RGB backlight」 は、それぞれ 「Red・Green・Blue」 の略ですね。

赤・緑・青の3色で、キーボードがカラフルに光ります。

 
 
ややこしいのが「RGB backlight aluminium frame」。

これをえらぶと、「RGB backlight」になり、同時にキーボードのフレームがアルミニウムフレームに変わるということです。

「white backlight」か「RGB backlight」を選ぶと、自動的にプラスチックフレームになるようですね。

この辺はややこしいので注意。

 

メモ
特にこだわりがない人は「white backlight」でいいと思います。
(いちばん安いので)
 
 
「White Backlight – PBT Keycaps」というのは、最近新しく追加されたようです。
 
よくわからないのですが、どうやらこれをえらぶと、キーの色が変わるみたいです。
(見たところ、キー配置は変わらないみたいなので、お好みでえらんでもいいかもしれません。)
 
 
 

軸をえらぶ

つづいて⑵。
軸の種類を、赤軸青軸茶軸からえらべます。
 
何色の軸をえらぶのかは完全に個人の好みですが、後から変更できないので慎重にえらびましょう。
 
軸えらびの参考までに、以下の記事もどうぞ。▼
メカニカルキーボードのおすすめの軸は? 青軸が最高?

メモ
どの軸をえらんでも値段は同じです。
 
何色の軸をえらぶかで、キーボードの打ち心地がかなり変わってくるので、ここは大事ですよ!
 
 

個数をえらぶ

最後に⑶です。
 
ここは簡単。
 
キーボードを一つ買うだけなら、「1」をえらべばOKです。

 
 

⑴〜⑶をぜんぶ選択したら、「buy it now」をクリックしましょう。▼

 

 
 
「buy it now」が表示されず、「out of stock」と表示されている場合は、残念ながら「在庫切れ」なので、別のオプションをえらびましょう。▼

「out of stock」の場合は、在庫切れなので買えません。

③お届け先の住所を入力

つづいて、住所入力。
 
この例を参考にして、入力していきましょう。▼
 

 
名前は田中太郎。
 
住所は適当に、「〒104-0061 東京都中央区、銀座7丁目2-20」にしておきました。(電話番号はデタラメです)
 

読者さんへ注意
住所は基本的に、英語表記に直して入力した方がいいです。
 
日本語で「東京都中央区、銀座7丁目2-20」と入力した場合、もしかすると向こうからメールが来て「英語表記で入力し直してください」とお願いされることがあります。
 
 
無用なトラブルを避けるためにも、最初から英語表記で入力しておきましょう。

 
住所や電話番号の英語表記での入力の仕方は、下記のサイトがくわしく説明してくれていますので、参考にどうぞ。▼
https://bicycle.kaigai-tuhan.com/basic/address.php
 

④その他の入力

その他の入力をします。▼
 

 
お支払い方法は、僕の場合はクレジットカードなので、「credit」をえらびます。
 

メモ
VISAだけでなく、JCBのクレジットカードなども使えます!
 
つづいて、お届け先住所とさっき入力した住所が同じ場合は、「same as shipping address」にチェックを入れましょう。
 

違う場合は、「use a different billing address」にチェックを入れ、別の住所を入力しないといけません。

ほとんどの人は、「same as shipping address」にチェックを入れておけば大丈夫です!

⑤クレジットカード情報の入力

最後にクレジットカード情報を入力します。
 
これも、例をのせておきました。▼

 
あなたのクレジットカードを見ながら入力してください。
 

メモ

・「expiry date」はカードの有効期限のことです。

 

・「CVV」とは、クレジットカードの裏に載っている3ケタの数字のことです。

⑥値段の確認

最後に、値段の確認です。▼
 
f:id:pineapple-bomb:20200411102538j:plain
 

・キーボード本体の値段が79ドル。(約7900円)
 
・送料が20ドル。(約2000円)

 
➡︎合計99ドル(約9900円)ですね。
 
読者さんへ注意
もちろん、日本円で何円になるかはレート次第なので、クレジットカードの明細をよくチェックしておきましょう。

クーポンコードを使うとお得です。

ちなみに、上にある「discount code」にクーポンコードを入れると、割引されます。

https://go.referralcandy.com/share/M7F2TQW
このクーポンコードを使うと、10%OFFになります。▲

一人一回しか使えないようですが、ぜひ使ってください。

⑦「pay now」をクリックで、注文完了

最後に、「pay now」をクリックすれば注文完了です。
f:id:pineapple-bomb:20200411103151j:plain

お疲れさまでした。

2.発送から到着まではおよそ1週間〜2週間

だいたい注文してから、1週間〜2週間くらいで届きます。
 

ただ海外発送は、大幅に遅れることも多いです。
 
 
さすがに、1ヶ月たっても届かないようなら、メールで問い合わせたほうがいいですね。(もちろん英語でお問い合わせすることになりますが)
 
 

あと、これも海外発送あるあるですが、キーボードの外箱がボコボコになっている場合も多いです。(扱いが雑なんでしょうね。)

僕の場合はかなりキレイな状態で届きました。(ラッキー)
f:id:pineapple-bomb:20200411103345j:plain

おわりに

keychronキーボードは海外の英語サイトからしか買えないので、英語が苦手な人はハードルが高いようにも思えますよね。
 
でも、この記事で解説した手順通りに注文すれば、問題なく買えるはずです。
 
keychronキーボードは日本語での情報が少ないので、ぜひこの記事を役立ててくださると嬉しいです。

 
 
では、最後まで読んでいただいてありがとうございました!