運営者情報

【買い方説明】keychronキーボードを海外の英語サイトから購入する方法

keychron K2 キーボード 買い方 注文 英語

先日、keychronK2というキーボードを、海外の英語サイトから購入しました。

www.sumo-pula.com

keychronはいいキーボードなんですが、海外のサイトからしか購入できません。

英語わからないし、英語サイトで買い物するのが不安……。

──という人が多いと思うので、

keychronK2の買い方を共有しておきます。

これで実際に俺の住所に届いたので、問題ないはずです。

keychronの公式サイトでの注文方法

まずはkeychronのサイトで、実際に注文してみましょう。

公式サイト⬇︎⬇︎⬇︎。
https://www.keychron.com/

まずはサイトの上にある「keyboard」をクリック。

今回は、keychronK2キーボードを買うので、「keychronK2」をクリック。
f:id:pineapple-bomb:20200411092452j:plain

次に決めるのは、  
⑴キーボードのバックライトの色とフレームの種類

⑵軸の種類

⑶個数

f:id:pineapple-bomb:20200411094938p:plain

──です。

順番にみていきましょう。

まず⑴。

・「white backlight」
・「RGB backlight」
・「RGB backlight aluminium frame」

──の3種類があります。
これは、キーボードのキーの光の色の種類を選べるということですね。

「white backlight」 だとこんな感じ。
f:id:pineapple-bomb:20200411093436j:plain

「RGB backlight」 は、それぞれ 「Red・Green・Blue」 の略ですね。

赤・緑・青の3色でキーボードがピカピカ光ります。

ややこしいのが「RGB backlight aluminium frame」。

これをえらぶと、「RGB backlight」になり、同時にキーボードのフレームがアルミニウムフレームに変わるということです。

「white backlight」 か「RGB backlight」 を選ぶと、自動的にプラスチックフレームになるようですね。

この辺はややこしいので注意。

俺はとくにこだわりがないので、「white backlight」を選びました。

「white backlight」がいちばん安いですしね。

(今回はwhite backlightが売り切れだったので、以下RGB backlightを選んだと仮定して進めますね。)

つづいて⑵。
軸の種類を、赤軸、青軸、茶軸からえらべます。

俺は一度試してみたかったので、青軸をチョイスしました。

www.sumo-pula.com

どの軸をえらんでも値段は同じです。

どの軸をえらぶかで、キーボードの打ち心地が変わるので、好きな軸をえらびましょう。

最後に⑶。
これはもちろんキーボードを1個買うだけなので、「1」としておきましょう。

ぜんぶ選択したら、「buy it now」をクリック。

クリックできない場合は、たぶん売り切れってことです。

つづいて、住所入力。

f:id:pineapple-bomb:20200411100332j:plain

⬆︎⬆︎⬆︎の例の通りに打ち込んでいけばわかるはず。

注意ですが、名前や住所は日本語で入力してOKです。

住所も大阪市だからといって「OSAKA」みたいに入力する必要はありません。

俺も名前と住所は日本語で入力しましたが、ちゃんと届きました。

最後にクレジットカード情報を入力します。

f:id:pineapple-bomb:20200411101540j:plain
これも⬆︎⬆︎⬆︎に例をのせておきました。

あなたのクレジットカードを見ながら入力してください。

セキュリティーコードは、クレジットカードの裏に載っている3ケタの数字です。

住所の入力は日本語でもOKでしたが、クレジットカードの名前の入力はローマ字じゃないとダメですよ。

その他の入力をします。
f:id:pineapple-bomb:20200411101952j:plain
「billing address」のところは、つまりクレジットカードの請求先の住所と、さっき入力した発送先の住所が同じかどうかということを聞いています。

ほとんどの人は同じだと思うので、「same as shipping address」にチェックを入れましょう。

違う場合は、「use a different billing address」にチェックを入れ、別途、住所を入力します。

「Remenber me」のところにチェックを入れておくと、今回入力した個人情報を保存しておいてくれるみたいです。

次回またkeychronのキーボードを入力するときに、いちいち個人情報を入力しなくても買えるみたいなので便利です。

今後、keychronのキーボードを買う予定がない場合は、チェックを外しておいてもいいですよ。

最後に値段の確認です。
f:id:pineapple-bomb:20200411102538j:plain
・キーボード本体の値段が79ドル(約7900円)。

・送料が20ドル(約2000円)。

➡︎合計99ドル(約9900円)ですね。

前まで送料は10ドルだったそうですが、値上がりしたみたいです。

クーポンコードを使うとお得です。

ちなみに、上にある「discount code」にクーポンコードを入れると、割引されます。

https://go.referralcandy.com/share/M7F2TQW
⬆︎⬆︎⬆︎のクーポンコードを使うと、10%OFFになります。

一人一回しか使えないようですが、ぜひ使ってください。

最後に、「pay now」をクリックすれば注文完了です。
f:id:pineapple-bomb:20200411103151j:plain

お疲れさまでした。

発送から到着まではおよそ1週間

俺の場合は、注文したのが2月8日。発送されたのが2月10日。自宅に届いたのが14日でした。

注文してからおおよそ1週間で届いているので、海外発送にしては早かった。

ただ海外発送は、大幅に遅れることも多いです。

あと、これも海外発送あるあるですが、

キーボードの外箱がボコボコになっている場合も多いです。
(扱いが雑なんでしょうね。)

俺の場合はかなりキレイな状態で届きました。(ラッキー)
f:id:pineapple-bomb:20200411103345j:plain

【まとめ】

keychronキーボードは海外の英語サイトからしか買えないので、

英語が苦手な人はハードルが高いようにも思えますが、この記事を見ながらやれば買えるはずです。

keychronキーボードは日本語での情報が少ないので、ぜひこの記事を役立ててくださると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です