【2020年】買って後悔したもの10個

Beats Studio Buds開封レビュー【なにも新機能がない…】


 
こんにちは、タロンです。
 
 
 
ついに、新しいBeats製品、「Beats Studio Buds」が出ました!
 
 
Beatsで前に出ていた「powerbeats pro」は正直、大きくて使いにくくて微妙だったんですよね。▼
【ランニング用に最適だが大きなデメリットが】powerbeats proレビュー  
今回の新製品、「Beats Studio Buds」はどんな感じでしょうか。
 
 
開封レビューやっていきまーす。
 

1.開封レビュー

届いた外箱はこちら。めっちゃコンパクトで小さいです。▼
 

 
付属品はこれがすべてです。▼
 

 

結論

・イヤーチップS・M・Lサイズ各セット(Mサイズは本体に元から装着済み)

 

・取扱説明書類やBeatsステッカー

 

・USB-typeC-to-Cケーブル

 

・Beats Studio Buds本体

 
イヤーチップは、S・M・Lサイズそれぞれあるので、「なんか耳に合わないな……」と思ったら付け替えてみましょう。▼
 

 
イヤーチップを付け替えると、しっくり装着できることも多いです。
 
 
Beats Studio Buds本体はこちら。▼
 

 
今回はレッドを購入しました。
 
Beatsのブランドカラーはレッドなので、レッドが一番しっくりきますね。
 
本体のケースを開けてみるとこんな感じ。▼
 

 
いや〜むっちゃ軽いですね。しかも、見た目もかなりおしゃれです。
 
 
iPhoneに近づけると、自動でポップアップが出てくるのでかんたんにBluetooth接続できます。▼
 

 
BeatsはAppleに買収されているので、Apple製品と相性がいいです。
iPhoneでもiPadでもMacでも、近づけるだけでかんたんに接続できますよ。
 
メモ
ちなみに、Androidでも近づけるだけで接続できるので、Androidユーザーの人でも使えます。
 
耳につけてみたところ、装着感はかなりいいです。▼
 

 
角のない丸まった形をしているせいか、耳への装着感は違和感なくてつけ心地はかなりいい。
 
 
音楽を聴いてみたところ、さすがBeatsは、
重低音に強いですね。
 
重低音が迫力をもって聴こえてくるので、好きな人は好きな音です。
 
 
僕はそれほど音質にこだわりがないですが、そんな僕でも十分な音質でした。
 

2.残念だったポイント

ここからは、残念だったポイントを書いておきます。
 

①物理ボタンが押しにくい

イヤホンの「b」ボタンが物理ボタンになっていて音楽の再生や一時停止ができるのですが、これが押しにくい。▼
 

 
耳の奥にグッと押し込む感じで押さないといけないので、僕的にはこれがイマイチ。
 

耳の奥にイヤホンを突っ込まれる感じが好きじゃないです。
 
物理ボタンじゃなくて、タップで押せるようにしてほしかったかも。
 

②ノイズキャンセリング機能と外部音取り込み機能が残念

さらに、

・ノイズキャンセリング機能

・外部音取り込み機能
・空間オーディオ機能

──この3つの機能がついています。
 
 
安い価格の割にこの3つの機能がそろっているのは、なかなかコスパがいいかも。
 
 
ただ、外出して確かめてみたんですが、「ノイズキャンセリング機能」も「外部音取り込み機能」も、そこまで性能はよくないです。
 
 
AirPods proなら、自動車の音、電車音、人の話し声、自分の足音でさえも遮断してくれるのですが、Beats Studio Budsのノイズキャンセリング機能だと、
正直、雑音がかなり聞こえてしまいます。
 
これに関しては、完全にAirPods proの方が優秀ですね。
 
 
値段が安い分、このあたりの機能は下がっています。あまり期待しない方がいいと思います。
 

③小さすぎて落としそう

非常にコンパクトなサイズなんですが、コンパクトすぎて落としそうな気がします。
 
 
ケースから取り出すときも、磁石がけっこう効いているので、取り出す時にグッと力が入ります。
しかも、けっこう滑りやすいので、いつか落としそうなんですよね……。▼
 

意外と取り出しにくい。いつか地面に落としそう。

 
イヤホンもすごく小さいので、コロコロっとどこかに転がっていきそうで怖い。
 
 
一応、イヤホンにはマグネットがあるので、このようにくっつけておくこともできるのですが、まあそんなに意味はなさそう。▼
 

 
 
やはり、AirPods proなどの高級イヤホンに比べると、細かいところで残念なポイントは多いですね。
 
 
値段が安い分、仕方ないですけど……。
 

【まとめ】これといった新機能はない

期待されていた、Beats Studio Budsですが、

特に何も新機能はないですね。
 
なので、正直、安さ以外にアピールできるポイントがほぼなにもない。
 
 
強いて言えば、カラーがレッド・ホワイト・ブラックからえらべて、見た目がおしゃれってことくらいですかね。
 
 
なので、
「AirPods pro買いたいけど高いから、もうちょい安いイヤホン欲しい……」という人が買うといいと思います。
 
 
Beats Studio Budsは、そんなに期待しない方がいいんじゃないかな……と思います。
 
 
 
以上! タロン(@shin_taron)でした。
 
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!
 

 
 
Beats Studio BudsとAirPods proの比較レビュー【それでもBeats Studio Budsを買うべき人の特徴】