【2021年】買ってよかったもの10個

Beats Studio BudsとAirPods proの比較レビュー【それでもBeats Studio Budsを買うべき人の特徴】

「AirPods proのライバルになるか?」と言われていたBeats Studio Budsが発売されました。
 
 
でも、結論から言ってしまうと、

AirPods proのライバルにはなれないですね。

 
Beats Studio Budsは値段は安くなったものの、いろいろ残念なポイントが多いです。
 
 
僕は、Beats Studio BudsよりもAirPods proを使うと思います。
 
 
とはいえ、それでもBeats Studio Budsを買うべき人もいますので、レビューしていきますね。
 

 

タップできるもくじ

1.Beats Studio Budsのデメリット

①ノイズキャンセリング機能・外部音取り込み機能がへぼい

ここが最も残念だったポイントなのですが、

ノイズキャンセリング機能・外部音取り込み機能がへぼいのです。

 
AirPods proのノイズキャンセリング機能・外部音取り込み機能が10点満点だとすると、Beats Studio Budsは4点くらいですね。
 
 
Beats Studio Budsはノイズキャンセリング機能をONにしても、雑音がけっこう入ってきますし、車のエンジン音や電車のガタゴト音はあまり遮断してくれません。
 
 
Beats Studio Budsも値段的には1万6000円とミドルクラスの価格なんだし、もうちょっとノイズキャンセリング機能と外部音取り込み機能に気を使ってほしかったな……。と思います。
 
 
正直、Beats Studio Budsと同じくらいの価格で、もっとノイズキャンセリング機能に優れているイヤホンは、他にもあります。
 
SONYやJBLで探せば、けっこうあります。

 
正直、わざわざBeats Studio Budsを買う理由はあまりないと思いますね……。
 
 
僕もBeats Studio Budsを買って試してみたのですが、ノイズキャンセリング機能が残念だった時点で、今まで使っていたAirPods proを使い続けることにしました。
 
 
AirPods proならノイズキャンセリング機能が、「魔法かな?」って思うくらいすごいので、もうAirPods proから離れられないですね。
 
 
ちなみに、AirPods proの魔法を擬似体験する動画がこれ。▼
 
気に入ったらシェア
タップできるもくじ