Small+α すもぷら

Apple製品のレビューが中心です。

Small+α

駐禁対策バイトは楽だけどおすすめできない

駐禁対策 バイト おすすめ
「駐禁対策」というアルバイトがあります。

あらゆるバイトの中で「もっとも楽」と言われるバイトでもあります。
実は僕も一時期、駐禁対策のバイトを集中的にやっていたことがあるのですが、
結論から言うと、あまりおすすめできません。

その理由を紹介します。

1.駐禁対策の仕事内容はたしかに楽だけど

基本的に車の助手席に「座っているだけ」です。(本当ですよ)


「駐車時にドライバーが車を離れている間に、車の助手席に座っていること」が仕事です。

車のお留守番ですね

本当にただそれだけです。
何時間も座りっぱなしなので、僕はエコノミークラス症候群になりかけたこともあります。

ただし、案件によっては働かされることも

これは重要なのでぜひお伝えしておきたいのですが、
案件によってはがっつり働かされることもあります。

具体的には、重い商品を運ばされたり、ゴミを集めたり、車内に積まれた商品を整理したり……

完全に雑用です

残念ですが、働かされるかどうかを事前に見きわめるのは難しいです。


僕の場合は、一度バイトして働かされるような案件だった場合は2度と応募せず、
完全に座りっぱなしの駐禁対策の仕事のみ選ぶようにしていました。

基本的に1回は案件に入ってみないと、完全に座りっぱなしかどうかはわかりません

2.駐禁対策バイトがおすすめできない理由

「助手席に座っているだけ」の駐禁対策バイトがなぜ、おすすめできないのでしょうか。

おすすめできない最大の理由は──
「まったくなんのスキルもつかないから」です。

もう、これにつきます。



「いやいや、どんなバイトでも大したスキルなんてつかないだろ」
とお思いの人もいるかもですが、個人的にはコンビニバイトであっても、複数の作業を同時並行的にこなすマルチタスク能力が身につきますし、何より接客業ですから人との接し方も学べますよね。

しかし、駐禁対策バイトはまったく接客業ではありませんし、話す相手といえばドライバーしかいません。(そのドライバーも全く喋らない無口な人だったりしますが)

座りっぱなしの仕事では、マジでなんのスキルもつきません。

3.どんな人におすすめできるか?

といっても駐禁対策バイトを全否定することはできません。

駐禁対策バイトには他のバイトにはない、決定的なおいしいポイントがあるからです。

それは「自由時間がめちゃくちゃ長いこと」

ドライバーが車を離れている間は、ずっと車の助手席に1人で座っているわけですから、
読書、資格試験の勉強、なんならノートパソコンを持ちこんで作業することもできます。

とにかく他のバイトではありえないほど自由時間が多いので「資格試験の勉強をしなくてはならないが、とにかく明日を生きるための金がない…」という人にはおすすめできます。

ただし、特に目標もなく「単に楽だから」という理由で、助手席でなんにもせず寝ているだけというのは、ヤバイ×100です。

現在、一時的に失業中の人なんかが「つなぎ」としてやるには最適のバイトなんです。


しかし、楽だからといってずるずるこの駐禁対策のバイトだけをやってたら、間違いなく人生詰みます。



座るだけしかスキルのない人間が誕生してしまいますからね。
(厳しいことを言うようですが、僕も駐禁対策バイトをやってたからこそわかることなんです……)

まとめ

まとめますと、駐禁対策のバイトに向いているのはこんな人です。

おすすめできる人

現在、一時的に失業中やフリーターであり、とにかくお金が必要な人



接客業などに疲れて、一時的に人と接しない仕事をしたい人



自分の夢を追いかけている途中で、駐禁対策バイト中の自由時間にしっかり勉強ができる人

基本的に駐禁対策バイトは「一時的に」すべきものです。


駐禁対策バイトが楽だからって、ずっとやっていると後で大変なことになることは間違いないです。

逆に言うと、自由時間をしっかりと自分の勉強にあてることができるような自制心の強い人には、かなりおすすめのバイトでもあります。

よく考えてから応募したほうがいいですよ!



──なんて言いながら、また駐禁対策バイトに行ってきました!

www.sumo-pula.com