【2020年】買って後悔したもの10個

iPadをノートパソコン化するのがおすすめできない3つの理由


 
こんにちは、タロンです。
 
 
 
ここ数ヶ月ほど、iPadにキーボードをつけて擬似的にノートパソコンにして使っていたのですが、結論からいって、

結論
iPadをノートパソコンの代わりにするのは無理。
 
ノートパソコンがないときつい。
 
──これが結論です。
 
 
最初はノートパソコンを断捨離して、iPadを代わりに使おうと思ったんですけどね……。
数ヶ月使って、iPadがノートパソコンの代わりにはならないと気づきました。
 
 
今回は、その理由を紹介します。
 

こんな感じでiPadにキーボードをつけて使っています。

 

 

 

1.iPadをノートパソコン化するのがおすすめできない3つの理由

①ノートパソコンよりもできることが限られる

詳細はこちらの記事で書いたのですが……。▼

iPadをパソコン代わりにするのが無理だった3つの理由【やっぱパソコンは必要です】  

基本的に、iPadでしかできないことというと、イラストを書くとか、画面にタッチして遊ぶゲームくらいです。
 
 
他は全てノートパソコンでできます。
 
 
図にするとこんな感じ。▼
 

 
iPadをノートパソコンの代わりに使うのは、けっこう難しいです。
 
 
iPad+キーボードでも、ブログやネットサーフィンならぜんぜんできますが、それでも結局はノートパソコンの方がやりやすかったりします。
 

②意外と重量が重くなる

iPad自体は軽いのですが、キーボードをつけると意外と重くなるのも残念でした。
 
 

・iPad(第8世代)の重量:490 g

・コンボタッチキーボードの重量:610g

 
合計:1.1kg

 
──iPadとキーボードを合わせてしまうと、合計1.1kgもの重さになってしまうのです。
 
 
MacBook Air13インチの重さが1.3kgなので、これではほとんどノートパソコンと変わらないくらいの重量になってしまいます。
 
まあ、もっと軽いキーボードもあると思いますが……
 
「それならもう、ノートパソコン持ち歩くわ!」と僕は思ってしまいましたね。
 
 
ノートパソコンの方ができることの幅は広いのですから、わざわざノートパソコンの代わりにiPadを持ち歩くメリットはあまりないです。
 

ノートパソコンと変わらないくらいの重さなら、もうiPadよりもノートパソコン使った方がいい。

③非常時にはノートパソコンがないと厳しい

これも、この記事で書いたことなのですが……。▼
iPadをパソコン代わりにするのが無理だった3つの理由【やっぱパソコンは必要です】  
iPadだと基本的に、Google ChromeもWordもExcelもPowerPointも「簡易版」です。
 
 
いくつかの機能が省略されているので、仕事とかでいざという時にそれらの機能が使えないと、だいぶ困ります。
 
 
やはり、iPadとノートパソコンは別物だと思った方がいいですね。
 

【まとめ】iPad一台は厳しいが、ノートパソコン1台なら余裕

iPadをノートパソコンの代わりにしようとして数ヶ月使ってみましたが、やっぱ無理でした。
 
 
iPad一台は厳しいが、ノートパソコン1台なら余裕です。
 
 
とはいえ、iPadでしかできないこと(イラスト描きなど)もあるので、ノートパソコンをメイン機に、iPadをサブ機に使うのは全然あり。むしろ王道です。
 
 
僕もノートパソコンとiPadの二刀流で使っていこうと思います。
 
 
 
以上! タロン(@shin_taron)でした。
 
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!