初めましての人への自己紹介

youtubeで他の動画を使うときの許可の取り方(英語)

youtube 英語 許可 動画

実は、youtubeチャンネルをひそかに作っています。

前にも何度かyoutubeには参入していたのですが、何度も挫折し、今回また新たな挑戦をします。

このブログとそのyoutubeチャンネルを連結させようかどうか迷っているのですが、まったくジャンルが違うので、いまのところは連結しないでおきます。

さて、今回は、

YouTubeで他の動画のBGMを使いたい時の許可の取り方を紹介します。

基本的にyoutubeの運営側は一切助けてくれませんので、すべて自力でやる必要があります。

僕のへたくそな英語でも、海外の動画の使用許可がとれたので、自分用のメモとしても残しておきますね!

1.使いたい動画が海外の英語チャンネルだったら、まずは概要欄を見る

素材探しのためにぼんやりyoutube動画を見ていて、「あ、この動画のBGMいいから使いたいなー」と思ったら、
その動画が海外の英語チャンネルだった……という経験がけっこうあります。

そんなときは、まず動画の概要欄をチェックします。

youtube 著作権 許可

「私のチャンネルの全ての動画は著作権フリーなので、あなたのyoutubeチャンネルに自由に使っていいですよ」と書いてあります。

そして、その後の文章が重要です。

「ただし、私のチャンネルをクレジット表記するのと、私にメールを送ることだけは忘れないでください」と書いてあります。

いくら、著作権フリーと書いてあるとはいえ、無断で使用するのはいけないようですね。

ちなみに「クリエイティブ・コモンズ」という属性の動画なら、無断で使うことができます。
詳細は▼をご覧ください。
youtubeで著作権侵害をせずに他人の動画を使う方法
 
許可を得るには、まずメールを送る必要があるようですね。

2.英語でメールを送ってみる

このチャンネルは英語のようなので、英語でメールを送るのが無難です。

日本語で送っても今は翻訳機能が普及しているので問題ないかもですが、こういう場合は相手の土俵に合わせておくのが安全だと思います。

送ったメールはこんな感じ。

youtube 著作権 許可 英語 メール

かんたんに訳すとこんな感じです。

送ったメールの和訳

件名:あなたのチャンネルのBGMを使ってもいいですか?

お世話になっております、〇〇様。

 

あなたのチャンネルにあるすばらしいBGMを、私のチャンネルで使用したいのですが、どうでしょうか?

 

私のチャンネルはこれです。

(自分のチャンネルのURl)

 

あなたのチャンネルは、すでに私のチャンネルの概要欄にクレジット表記しています。

 

許可をくださるかどうか、お知らせいただければ幸いです。

動画の許可をもらうための英語のテンプレ文章ってあるんですかね?

探しても見つからなかったので、自力でこんな英文を書いてみました。

別にわざわざ難しい表現を使う必要はないので、これくらいの簡単な英語で十分だと思います。

すぐに返信が来た

返信が来ないといつまでたっても許可がとれないので困りますが、今回はすぐに返信がきました。


「知らせてくれてありがとう。あとで君のチャンネル見るからちょっと待ってね」という感じですね。

レスポンスが早いのはほんと助かる!

ただ、このメールだけでは「許可がとれた」ということではないんでしょうね、たぶん。

そのすぐあとに、僕のyoutubeチャンネルのコメント欄に、その人からコメントがありました。


「あなたのチャンネル登録者の第一号になったよー!」と言っています。

いや、それは嬉しいんですが、結局許可はとれたってことでいいんですかね?

「チャンネル登録してくれる」=「動画の使用許可をくれた」と解釈してもいいんでしょうか?

はっきりした証拠を残すためにも、「許可をあげます」とはっきり言ってほしかったんですが、まあこれでもいいってことにしておきましょう。

もし、後々トラブルが起こったらまた記事にします。

【まとめ】許可をとるのはめんどくさいけど……

正直、他のyoutube動画の使用許可をとるのは面倒です。

今回は返信が早かったからよかったけど、返信が来ないとその動画は使えませんからね。

かといって、使用許可がないままに動画を勝手に使うのはリスクが高すぎる……。

でも、あきらかに著作権違反をやってるチャンネルが、特にペナルティを食らうこともなく再生数を上げていたりもする……。

このへんは難しいです、ほんと。

ただ、

長期的にyoutubeをやっていきたいなら、著作権対策はきっちりやっておいたほうがいいですね。

ただし、どれだけ著作権対策をやっても100%完璧ということはないのも事実。

著作権対策には、この先も頭を悩ませることになりそうです……。