MENU

AirPodsproつけすぎたら外耳炎になりかけたので、耳栓代わりにヘッドフォンつけたら集中できた

URLをコピーする
URLをコピーしました!


 
こんにちは、タロンです。
 
 
 
前にAirPods proを買って以来、「ノイズキャンセリング機能」が気に入りすぎて、1日に何時間も耳につけていました。▼

あわせて読みたい
AirPods Proのノイキャン機能はすごいけど一つ欠点が|開封レビュー   こんにちは、タロン(@shin_taron)です。     ワイヤレスイヤホンの世界を変えてしまった英雄、AirPods Proを買いました。     結論から言...

 
ただ、最近ちょっと耳がかゆくなってきたんですよね。
 
 
調べると、イヤホンを長時間つけると「外耳炎」になるリスクがあるらしく、僕もおそらく外耳炎になりかけていたようです。
 

AirPods proはかっこいいけど、つけすぎはよくないみたいです。


 
仕方ないので、AirPods proをつける時間を減らすしかありません。
 
 
でも、僕はAirPods proの「ノイズキャンセリング機能」に慣れすぎて、ほぼAirPods pro依存症になってしまいました。
 

いや、もうAirPods proの代わりになるものはないだろ

━━と思っていたのですが、
 
 
ありました。
 
 
ヘッドフォンつければいいんですよ。▼
 

 
ヘッドフォンなら、直接耳に入れるわけではないので、外耳炎になるリスクは低くなります。
 
 
しかも、ふかふかのイヤーパッドで着け心地はいいし、「ノイズキャンセリング機能」はついていなくても十分に外の音をシャットアウトしてくれるので、集中力も上がります。
 
 
それに、音楽を流さなければ充電いらずで使えます。
 
 
いや〜、なんでこんな単純なことに気づかなかったんでしょうか。
 
 
 
一応、ヘッドフォンのデメリットを挙げるとすると、

ヘッドフォンのデメリット

・かさばるので外に持ち運ぶのは微妙

 

・夏場はちょっと蒸れる


 
━━こんなところですかね。
 
 
いずれにせよ、AirPods proよりもはるかに安く買えます。
 
 
僕が使っているのは、「beats solo3 wireless」ですが、ちょっと古い型ですし、ヘッドフォンにしては安く手に入るのでおすすめ。▼
 

 
普段は音楽を聴くために、勉強に集中したい時には中耳炎のリスクのない耳栓代わりとしても使えるので、一つくらいは持っておいてもいいですね。
 
 
 
以上! タロン(@shin_taron)でした。
 
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!
 
 
・ちなみに、Beats studio3は最高級クラスのヘッドフォンなので、イヤーパッドもふかふかでしかもAirPods proと同じ「ノイズキャンセリング機能」がついているので、遮音性はすごいです。
ただの耳栓代わりに買うには高すぎますが、最高級の音質で音楽を聴いてみたい人はぜひ体感してください。音楽の世界が変わります。▼
 

 

シェアはご自由に
URLをコピーする
URLをコピーしました!
タップできるもくじ
閉じる