MENU

CIO SMARTCOBYのモバイルバッテリーをレビュー【M1 MacBook Airの充電にぴったり】

URLをコピーする
URLをコピーしました!


 
こんにちは、タロンです。
 
 
 
結論から言って、M1 MacBook Airを充電したいなら、このモバイルバッテリーがおすすめです。
 
 
M1MacBook Airには30W以上の充電が必要ですが、このモバイルバッテリーなら60Wにまで対応できますので十分に充電できます。
 
 
CIO SMARTCOBYのモバイルバッテリーのメリット・デメリットはこうです。
 

メリット

  • 60Wの高出力にまで対応できて、ここまで安いモバイルバッテリーは少ない
  • ほとんど全てのスマホ、PCに充電可能
  • 20000mAhの大容量(スマホなら5〜7回・MacBook Airなら1回満充電できる)


 
デメリット

  • 持ち運びには、やや重い


 
M1 MacBook Airを使っている人は、このモバイルバッテリーで十分だと思います。
 
メモ
ただし、Macbook Proの場合も充電可能ですが、やや充電速度が遅くなったり、充電したまま使うと電池が減ってしまう、などの現象が起こります。
 
MacBook Proの場合は、もっと高出力のモバイルバッテリーのほうがいいと思います。

 
では、細かくレビューしていきます。
 

 

 

タップできるもくじ

1.大きさはコンパクトだけど、重量はやや重い

見た目はこんな感じ。
 

たぶんプラスチック製なので、冬に触れても冷たくないです。


押せるボタンは電源ボタン一つだけなので、操作方法で迷うことはないはず。


 

バッテリー残量は「%」で表示されます。


 

10円玉と比較すると、こんな感じの大きさです。
 

 
僕のiPhone11proとほぼ同じ大きさです。
 

 
もっと小さいサイズのモバイルバッテリーはたくさんありますが、60Wの高出力でM1 MacBook Airを充電できるモバイルバッテリーだと最小サイズだと思います。
 

あまり小さいサイズのモバイルバッテリーを買ったら、出力が足りなくてノートパソコンが充電できなかったこともあります。

 
重量は370gです。
iPhone11proの重量が188gなので、約2倍の重さがあります。
 
 
大きさ的にはiPhoneと同じですが、重さは2倍あると考えてください。
 
 
持ってみると、けっこうズッシリ感がありますので、ポケットに入れて持ち歩くには重すぎるな…という印象。
 
 
ですが、カバンやリュックに入れておけば特に重いとは感じないので、持ち運ぶには十分な軽さです。
 
 

2.どれくらい充電できる?

僕のiPhone11 proで試しに充電してみました。
 

 
結果、約1時間でほぼ満充電になりました。
 

 
急速充電というほどのスピードではないですが、まあ十分な早さですね。
 
ただ、モバイルバッテリーの残量は13%しか減っていなかったので、並みのスマホなら5〜7回くらいは充電できそうです。
 

さすがは、20000mAhの大容量です。


 
 
 
続いて、M1 MacBook Airも充電してみました。
 

 
結果、1時間20分ほどで、10%➡︎95%まで充電できました。
 

 
ただ、モバイルバッテリーの残量は100%➡︎16%へとかなり減少。
 

 
MacBook Airへの充電は、せいぜい1回限りと思っておいたほうがよさそうですね。
 
 
とはいえ、このコンパクトさでMacBook Airを1回まるまる満充電できるのはかなりの容量ですね。
 
さすが20000mAhの大容量です。

 
 
ちなみに、通気性の良いメッシュ素材のポーチが無料でついているので、このポーチに入れてバッグにいれておけば傷つかずにすみますよ。
 

【まとめ】MacBook Airを持っているなら保険に欲しい

以上、CIO SMARTCOBYのモバイルバッテリーのレビューでした。
 
 
メリット・デメリットをもう一度書いておきます。
 

メリット

  • 60Wの高出力にまで対応できて、ここまで安いモバイルバッテリーは少ない
  • ほとんど全てのスマホ、PCに充電可能
  • 20000mAhの大容量(スマホなら5〜7回・MacBook Airなら1回満充電できる)


 
デメリット

  • 持ち運びには、やや重い


 

 
持ち運びにはやや重いことを除けば、特にデメリットは見当たりません。
 
 
MacBook Airを外に持ち歩く人は、万が一充電が切れた時の保険として持ち歩いておくといいです。
 
 
ただ、スマホの充電であればここまで大容量のモバイルバッテリーを持ち歩く必要はないので、そんな人には「Anker PowerCore 10000」がおすすめです。
 
ノートパソコンに充電するには出力が足りませんが、スマホやiPadなら十分に充電できます。
これ以上ないほどコンパクトで軽く、尻ポケットにも入るのでこちらもおすすめ。
 

 

あわせて読みたい

 
 
以上! タロン(@shin_taron)でした。   最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!
 

 

シェアはご自由に
URLをコピーする
URLをコピーしました!
タップできるもくじ
閉じる