【2020年】買って後悔したもの10個

外回りの営業でトートバッグやめてビジネスリュック背負ったら、一気に快適になった!【リュックは神】


 
こんにちは、タロンです。
 
 
 
最近、外回りの営業の仕事をやっているのですが、営業に持っていくバッグは何がいいかずっと迷っていました。
 
 
今まではずっとトートバッグを使ってきたのですが、トートバッグってやっぱ片方の肩に背負うので、重量のバランスが悪く片方の肩だけが痛くなるんですよね……。▼
 

 

でも、周囲のビジネスパーソンたちをよく見ると、トートバッグではなく、リュックを背負って通勤している人もけっこういますよね。
 
 
そこで、僕もビジネスリュックを買ってみました。
 
 
今回は初のビジネスリュックデビューをしてみて感じたメリット・デメリットについて紹介します。
 
 
結論からいうと、

結論
もうトートバッグはやめた。ビジネスリュックずっと使いたい!
 
──これが結論です。
 
 
では、紹介していきます。
 

 

1.買ったビジネスリュックはこれ

僕が買ったビジネスリュックはこれです。▼
 

 
なんといっても、めちゃくちゃ安い。
2000〜3000円くらいで買えてしまうので、ちょっと怪しいくらいのレベルの安さ。
 
 
僕はとりあえず3ヶ月くらい使ってますが、強度・耐久性には問題ありません。▼
 

安い割には頑丈な素材です。

 

他のビジネスリュックに比べるとやや小ぶりなサイズなので、そこは注意。
 
 
とはいえ、僕は13インチのノートパソコンと、折り畳み傘、iPad、水筒、書類一式などを入れてますが、それくらいなら十分の容量です。
 
 
デカすぎるビジネスリュックは、もれなく値段が高くなりますし、僕はミニマルなこのサイズのビジネスリュックが気に入っています。
 
 
では、以下にビジネスリュックのメリット・デメリットを紹介します。
 

2.ビジネスリュックのメリット

①肩が疲れない

なによりこれが一番のメリットです。
 
 
トートバッグを使っていた時は、片方の肩だけに重量がかかってしまうので、そのアンバランスさが苦手でした。
 
 
しかし、リュックサックは両肩に背負うものなので、重量が両肩に均等に分散され、肩が痛くなりにくいのです。
 

肩が痛くなりにくいのは、リュックの最大のメリット。

 
営業だと、出勤時間を含めると一日に5時間以上背負っている日もあります。
 
 
トートバッグだと肩が痛くなってきついんですよね。トートバッグ使っている人は、荷物が軽いか、肩が強いかのどちらかなんでしょうか?
 
 
リュックでも荷物が重いとだんだん肩が痛くなってきますが、トートバッグよりはましです。
 

②荷物がたくさん入る(ノートパソコンが入れやすい)

どんなサイズを買うかによりますが、基本的にリュックの方が容量が大きいので、たくさん荷物が入ります。▼
 

 
あと、ノートパソコンが入れやすいのもいいですね。
 
 
特に女性の場合だと、日傘とかコスメとか日焼け止めとかいろいろ入れているとどうしても荷物が多くなりがちなので、やっぱリュックサックがおすすめ。
 

③両手があく

トートバッグだと片方の手がほぼふさがってしまいますが、リュックなら両方の手があきます。
 
 
トートバッグ+雨の日で傘をさしているとそれだけで両手がふさがってしまいますからね。
 
 
両方の手があくリュックは、とにかくフットワーク軽く動き回れます。
 

3.ビジネスリュックのデメリット

①リュックはビジネス的にダサい?

ベタ褒めしてきたリュックですが、年齢が上にいくにしたがって、

リュックはビジネス的に失礼ではないか?

──という意見が出てくるようです。
 
 
「リュック=オタクっぽい」みたいな風潮はまだあるのかも。
 
 
まあ、たしかに「それっぽい」リュックだとオタクっぽく見えますが、ちゃんとビジネス向けのリュックを買っておけばちゃんとしたビジネスパーソンに見えると思うんですけどね……。
 
 
この先、どんどんビジネスリュックはふつうになっていくと思いますが、まだリュックに違和感を感じる人もいるということです。
 
 
なので、大事な営業先を訪問する場合は、念のためにリュックではなくトートバッグにしておいた方がいいかもしれませんね。
 
 
まあ、僕はいまのところ、alwaysリュックで乗り切っていますけど……。
 
 
「スーツにリュック」は営業先に失礼なのか? という問題については、この記事も参考になります。
 

②荷物が出しづらい

荷物が出しづらい、というのもリュックのデメリットです。
 
 
トートバッグを左肩にかけている状態なら、右手でゴソゴソやるだけで荷物を取り出せます。
 
 
でも、リュックサックだと、一度リュックサックを地面やテーブルに下ろしてから荷物をゴソゴソしないといけないので、少し時間がかかります。
 
 
特に名刺を渡すときに、いちいちリュックをゴソゴソやるのはカッコ悪いです。
 
 
対策としては、名刺やペンなどよく使うものは、リュックではなくポケットとかに入れておく方がいいですね。僕はそうしてます。
 

③夏場は背中が蒸れる

リュックサックは、背中とぴったりとくっつくので、夏場の暑いときだと蒸れます。
背中にすごい汗をかきます。
 
 
ただでさえ汗だくになるのに、リュックサック背負っていると、背中の汗の量が尋常じゃないです。
 
 
対策としては、時々リュックを片方掛けにして、背中の蒸れを逃がすしかないです。▼
 

 
ただし、ずっと片方掛けにしていると、なんか態度の悪いだらしないビジネスパーソンに見えてしまうので、要注意です。
 

【まとめ】ビジネスでもリュック背負って何が悪い

ビジネスリュックのメリット・デメリットを紹介してきましたが、結論はこうです。▼
 

結論
もうトートバッグはやめた。ビジネスリュックずっと使いたい!
 
たしかに、「ビジネスリュックだとなんとなくダサく見えてしまう」というデメリットはありますが、それは中高年の意見でしょうし、この先どんどんスーツにリュック姿はふつうになっていくと思います。
 
 
純粋に機能だけで考えれば、トートバッグよりもリュックが優れていることは間違いありません。
 
 
その証拠に、どの国の軍隊もトートバッグではなくリュックを背負っていますからね。
やはり、リュックの方が機能的なのです。
 
 
リュックはあなたの好きなものをえらんで問題ないと思いますが、僕が使っているこのリュックはとにかく安いのでおすすめです。▼
 

 
一度、もっと高級なビジネスリュックを「プライムワードローブ」で試してみたことがあるのですが、別に値段が高いからといって機能性がいいわけでもないので、僕は使いませんでした。▼
 

 
ちなみに、「プライムワードローブ」を使うと、無料でバッグなどを試着できるのでおすすめです。▼
めんどくさがりにはAmazonプライムワードローブが便利すぎる!|ぜんぶ返品しても無料です。  
 
以上! タロン(@shin_taron)でした。
 
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。