Small+α すもぷら

昨日までの自分に小さな+αを足していくブログ

マジックキーボードはテンキーレスがおすすめで間違いない

マジックキーボード テンキー どっち おすすめ

iMacをお持ちの方は、Apple純正のマジックキーボードを使っている方が多いと思います。

そこで問題になってくるのが、

テンキーつき?

それとも

テンキーレス?

 

という問題。

この記事では、両方を使った僕が結論を出します。

 

 

 

この記事の要約

おすすめはテンキーレス!

テンキーつきのメリデメ

メリット

① 数字を多く打ち込む人には使いやすい

事務職などの人で、エクセルなどを多用する人は、通常よりも数字を打ち込む機会が多いと思うのでテンキーつきがおすすめ。

もちろん、これはマジックキーボード以外でも同じこと

 

② 矢印キーが大きいので使いやすい

これもエクセルで矢印キーを多用する人には使いやすい。

 

マジックキーボード テンキー どっち おすすめ

⬆︎がテンキーレスの矢印キーですが、小さいです。

特に上下の矢印キーは、見ないで押すと打ち間違えることが多い。

 

対して、テンキーつきの方は全ての矢印キーが大きいので、打ちやすい。見ないで打っても打ち間違えません。

デメリット

①トラックパッドが使いにくくなる⬅︎最大のデメリット

iMacをお使いの人は、マジックキーボードの右横にトラックパッドを置いている人が多いはず。

テンキーつきの場合だと、トラックパッドが遠くなってしまうのがイタイ。

これが個人的には最大のデメリット。

テンキーつきになった分伸びたキーボードを右手で往復しないといけないので、長く使っていると右手が疲れます。

②横幅が広すぎて机が狭くなる

やはりテンキーつきは横幅が大きすぎます。

思ったよりも机の上のスペースを圧迫します。

 

 

僕はなぜテンキーレスをおすすめするのか?

僕はエクセルを使わないので、テンキーが欲しいなと思う状況があまりありません。

テンキーレスのキーボードは矢印キーが小さくて使いづらいのは確かですが、我慢できないほどではありません。

どうしても我慢できないのは、デメリット①でもあげたトラックパッドが遠くなる問題。

キーボードとトラックパッドの間は何百回も往復するものですから、その距離が遠いとすぐに右手が疲れてしまう。

これだけはどうしても我慢できません。

 

試しにトラックパッドの位置を、キーボードの上や下に移動させたりしてみましたが、しっくりこず。

数字をそこまで頻繁に打ち込まない僕には、テンキーレスが向いているようです

「大は小を兼ねる」と言いますが、テンキー付きのマジックキーボードには当てはまりません。