つづるん

つづるブログ

Small+α

マジックキーボードにテンキーは必要ない!

マジックキーボード テンキー どっち おすすめ

iMacをお持ちの方は、Apple純正のマジックキーボードを使っている方が多いと思います。

そこで問題になってくるのが、

・テンキーつきのマジックキーボード

・テンキーレスのマジックキーボード

  ➡︎どっちがいいの!?

 

という問題。

この記事では、両方を使った僕が結論を出します。

 

 
 

  

この記事の結論

基本的にマジックキーボードにテンキーは不要!

テンキーつきのメリットとデメリット

メリット

① 数字を多く打ち込む人には使いやすい

テンキーつきのマジックキーボードは、数字キーが電卓式に配置されているので、打ちやすいです。

 

事務職の人で、エクセルなどを多用する人は、通常よりも数字を打ち込む機会が多いですよね。

そういう人にはテンキーつきがおすすめです。

 

もちろん、これはマジックキーボード以外のキーボードでも同じことですけどね(笑)。

 

② 矢印キーが大きいので使いやすい

これもエクセルで矢印キーを多用する人にとっては使いやすいです。

 

マジックキーボード テンキー どっち おすすめ

青で囲んだのが、がテンキーレスの矢印キーですが、小さくて押しにくい。

特に上下の矢印キーは、見ないで押すと打ち間違えることが多くてストレスになります。

 

ずっと使っているとそのうち慣れますが、やはり矢印キーの押しにくさはつらいです。

 

 

それに対して、緑で囲んだテンキーつきの方は、全ての矢印キーが大きいので、打ちやすい。見ないで打っても打ち間違えることが少ないです。

デメリット

①トラックパッドが使いにくくなる(最大のデメリット)

iMacをお使いの人は、マジックキーボードの右横にトラックパッドを置いている人が多いはず。

 

マジックキーボード テンキー おすすめ

⬆︎⬆︎⬆︎の画像をみてください。

 

テンキーレスのマジックキーボードだと、トラックパッドの距離が近くて使いやすいのです!

 

 

これに対してテンキーつきのマジックキーボードだと、トラックパッドまでの距離が遠くなってしまうのがイタイ。

 

これが個人的には最大のデメリット。

 

マジックキーボードとトラックパッドの間は、頻繁に右手を往復させることになるので、この距離が遠いと時間のロスにもなりますし、何よりも手がすぐに疲れてしまう……。

②横幅が広すぎて机に置きにくい

やはりテンキーつきのマジックキーボードは、横幅が大きすぎます。

思ったよりも机の上のスペースを圧迫してしまうのがネック。

 

当然ですが、持ち運びもしにくくなりますので、外出先では使いにくいですね。

  

なぜテンキーレスがおすすめなのか?

僕はエクセルを使わないので、テンキーが欲しいなと思う状況がほぼありません。

 

テンキーレスのキーボードは矢印キーが小さくて使いづらいのは確かですが、我慢できないほどではありません。

 

 

どうしても我慢できないのは、デメリット①でもあげたマジックキーボードとトラックパッドの距離が遠くなる問題。

このデメリットだけはどうしても慣れることができなかった……

 

 

キーボードとトラックパッドの間は何百回も往復するものですから、その距離が遠いとすぐに右手が疲れてしまう。

 

試しにトラックパッドの位置を、キーボードの上や下に移動させたりしてみましたが、しっくりこず。

 

 

数字をそこまで頻繁に打ち込まない僕には、テンキーレスのマジックキーボードが向いているようです

 

仕事などでエクセルをあまり使わない人は、テンキーレスのマジックキーボードがおすすめですね!

 

マジックキーボードのレビューはこちら⬇︎⬇︎⬇︎

 

www.sumo-pula.com