Small+α すもぷら

昨日までの自分に小さな+αを足していくブログ

マジックキーボードを2ヶ月使ったレビュー あれさえなければ完璧なのに

マジックキーボード

アップル純正のマジックキーボードを使い始めて、2ヶ月ほど経ちました。

iMacを注文するときにアップル公式店から同時に購入したものです。

iMac購入の記事は⬇︎⬇︎⬇︎ 

 

結論から言うと、マジックキーボードにはほとんど不満なしです。

1万円もする高いキーボードですが、良い買い物でした!

 

この記事では、マジックキーボードの良いところ悪いところをピックアップしていきますね。

 

 

 

 

メリット

①ワイヤレスだが全く遅延がない

 このマジックキーボードはBluetooth接続ですが、全く遅延がありません。

キーを打つと同時に画面に文字が入力されるので、ほとんど有線で接続しているのと同じ速さです。

 

安物のワイヤレスキーボードだと、キーを打ってから画面に文字が入力されるまでに時差があって、それがストレスになるというレビューをよく見かけます。

でも、さすがApple純正のマジックキーボード。

ほとんど時差がありません。

 

僕も今まで使っていて、ワイヤレス接続が悪くなった経験はないですね。

②重量が軽く、持ち運びに便利

重量はなんと230gです!

他のキーボードと比較しても、おそらくトップクラスに軽いです。

 

230gというのは、一般的な文庫本より少し重く、リンゴよりも少し軽いくらいの重量です。

この例えで伝わるかな……?

 

しかも非常に薄いので、持ち運びには最適です。

 

マジックキーボード

 

カバンに入れて外出して、外でiPhoneやiPadに接続して外付けのキーボードとして使うことも可能です。

 

③電池式ではなく充電式なのがグッド

昔のマジックキーボードは電池式だったらしいのですが、この最新のマジックキーボードは充電式です。

 

電池式だと、乾電池が切れたときに替えの乾電池がなかった場合、わざわざ買いに行かないといけない可能性があります。

しかも乾電池を買うのはコスパが悪い。

電池式は環境にも財布にも悪いということです。

 

Apple公式によると「充電は約2時間で完了し、約1か月ほど持つ」

らしいですが、僕の感覚では毎日普通に使っていても1ヶ月半くらい持ちます。

 

しかも、電池が切れたとしてもライトニングケーブルを挿せば、充電しながら使えるので問題なしです。

 

マジックキーボード

充電したままでも使えます。

 

このへんが充電式の最大のメリットです!

④汚れにくい

マジックキーボードを買うにあたって僕が心配していたことがあります。

それは──

キーボードが白いので汚れが目立つのではないか?ということ。

 

僕はマジックキーボードにはなにもキーボードカバーをつけないで、裸のままで使っています(キーボードカバーが好きではない)。

ですが、購入してから2ヶ月ほぼ毎日使っていますが、今のところマジックキーボードは新品のように綺麗なままです。

 

僕が前に使ってたキーボードは安物すぎたせいか、使っているとすぐにキーボードの表面が脂光りしてきて汚くなったのですが、さすがマジックキーボードはそんなことはありません。

 

マジックキーボード 汚れ

よく使うスペースキーでさえ綺麗です。

前に使ってた安物キーボードはすぐに脂でテカテカになった。写真では伝わりづらいですが

といっても、この先何年も使い続けると、そのうち汚れてくるだろうし、脂光りするようにもなると思います。

その時はクリーニングして、なるべく綺麗に保ちたいですね。

汚れが気になる場合は、黒色のマジックキーボードも販売されているのでそっちの方がいいかも!

 

 

ベタほめしてきましたが、もちろん不満点もあります。

以下はデメリットについて書きます。

デメリット

①矢印キーが押しにくい

普段使いでいちばん気になるのはこれです。

右と左の矢印キーは別にいいんですが、上下の矢印キーが小さくて押しにくい!

 

マジックキーボード 矢印

矢印キーって文章を打ってるときにカーソルを動かすために頻繁に使うんですが、それが押しにくいのは痛い……。

ほとんどブラインドタッチで打てる僕でさえ、上下の矢印キーはいまだに押し間違えます。

 

周囲のレビューを見ていると、この上下の矢印キーにストレスがたまったせいで、別のキーボードに買い換えたなんて人もいたり……。

 

どうしてもこの矢印キーが嫌だと言う人は、テンキー付きのマジックキーボードがおすすめかもしれません。

テンキー付きだと矢印キーが大きくなっているので打ちやすいですよ!

 

 

②キーストロークが浅い

これをデメリットと見なすかどうかは人によります。

ストロークというのは、キーを押すとどれくらい深く沈むかということです。

 

マジックキーボードはキーストロークが浅いので、俗に言う「ペチペチ」とした打鍵感になります。

こればかりは言葉で説明しにくいので、実際に打ってみてほしい

 

僕はこの打鍵感が嫌いではないのですが、人によっては嫌う人も。

バタフライキーボードよりはストロークが深い

バタフライキーボードを知っているでしょうか?

バタフライキーボードとは、MacBookに搭載されているキーボードのことです(最近、消滅しつつある)。

 

実はこのバタフライキーボード、めちゃくちゃストロークが浅いんです。

そのせいで、タイピングしているとすぐに手が疲れるというレビューが多数。

力を入れてタイピングする人は、キーストロークが浅いと手が疲れるのです。

 

ネット上でもネガティブなレビューが目立つバタフライキーボード。

僕が持っているMacBookもバタフライキーボード搭載なのですが、正直あまり気に入ってません。

 

マジックキーボードもかなりキーストロークが浅い方なのですが、このバタフライキーボードほどではありません。

なので個人的には、マジックキーボードのキーストロークはちょうどいい具合なんですよね。

 

どんなキーボードを買うか迷っている人は、必ずバタフライキーボードとマジックキーボードを打ち比べてみた方がいいですよ!

 

 

まとめ

他にも不満な点を探してみたんですが、今のところ特に思いつきません。

やはり、最大の不満点は矢印キーの打ちにくさ、これに尽きます。

 

それ以外の点では、ほとんど満足しております。

1万円に見合う使いやすさではないでしょうか。

新しいキーボードをお探しの人は参考にしてください!