初めましての人への自己紹介

【なぜ?】外国人労働者がすぐに帰国してしまう3つの理由

外国人労働者 技能実習生 帰国 なぜ
 

こんにちは、タロン(@shin_taron)です。
 
 
この前、仕事で外国人労働者と接する機会がありました。
 
 
日本語がかなりうまくしゃべれる人がいたので、彼に「日本での暮らしは大変じゃないか?」と軽い世間話のつもりで聞きました。
 
 
すると、予想外に話は深刻になりました。
 
彼の話をまとめると、外国人労働者にとって日本での労働がつらい理由は、以下の3つでした。
 
 
もし、外国人労働者に興味がおありの方は、いや、外国人に興味のない方でもぜひ、外国人労働者を疲弊させている3つの理由をぜひ知ってほしいです。
 

1.外国人労働者がすぐに帰国してしまう理由3つ

①日本語はつぶしがきかないから


 
まず、日本語がローカル言語だということですね。
 
 
日本語を話す人は1億2000万人ほどいますが、

日本語は、日本列島の中だけでしか通じません。
英語は世界に広がっていますし、中国語も世界各地に中国人街があるので、けっこう通じます。
 
しかし、日本語は……外国ではほぼ使えません。
 
言ってしまうと、
日本語は「つぶしのきかない言語」なのです。
 
外国人労働者からすると、日本という狭い島国でしか通じない言語を、人生の貴重な時間を使って勉強するわけです。
 

「本当に日本語の勉強に時間を使っていいのだろうか?」

 

「日本語を身につけても、日本以外では市場価値があまりない……」

 
こんなふうに、外国人労働者は不安に思うわけです。
 
 
残念ながら、この先、日本人口が増えるとは思えませんし、一億人という日本語のマーケットも縮小していくでしょう。
 
 
衰退していく国で働くのは、そりゃ不安だよなあ……。
 
 
しかも、日本では多くの人が英語をしゃべらないので、英語が通じません。
 
世界ではできて当たり前の英語の勉強もできないのは、外国人労働者にとってかなり残念なのです。
 

②日本の礼儀作法もつぶしがきかないから

これも一つ目の理由と同じようなものです。
 
日本の礼儀作法は、基本的に日本でしか通用しません。

日本の礼儀作法も「つぶしがきかないマナー」なのです。

 
相手の気持ちを「忖度」したり、言葉を交わさずとも相手の気持ちを汲み取る雰囲気は、日本独特です。
(「あっ、察し…」って言葉がまさにそれ)

メモ
こういう「空気を読む」雰囲気、つまり文脈理解が重視される文化を「ハイコンテクストな文化」と呼びます。
 
つまり、「あまり言葉を使わずに、相手の気持ちを無言で読み取る」のが、日本文化の特徴なんですね。
 
 
これ、日本語が未熟な外国人労働者には、かなりつらいことですよ。
 
 
日本の独特な雰囲気をまだ共有できていない彼らは、なかなか日本になじめないようですね……。
 
 
世界でも、日本のような文化的雰囲気は独特で、例がないと思います。
 
 
なので、日本の礼儀作法を身につけても、外国では通じない。
 
 
日本独特のビジネスマナーを身につけても、世界で活躍できるような市場価値は身につかないわけです。

 
 
それなら、「他の国に行って働きたい」と思う外国人労働者も多いでしょうね……。
 

③日本人は外国人に心理的な壁を作るから


 
究極の理由はこれでしょう。
 
日本人は、結局のところ、

外国人に慣れていません。
 
歴史的に島国で、鎖国政策を長年つづけていたこともあるのでしょうが、外国人となると気構えてしまう人が多いはず。
 
 
僕も、外国人に声をかけられたりすると、一瞬だけ「ギョッ」としてしまいます。
 
 
そのへんの、「一瞬だけ垣間見える、心理的な壁」が、彼ら外国人労働者を徐々に孤独にさせているのかもしれません。
 
 
日本人が外国人に対して作る壁は、ベルリンの壁よりも高く、万里の長城よりも長いのです。
 
 
その壁にはばまれて、帰国してしまう外国人労働者がたくさんいるのですね。

2.外国人労働者が日本に来るのは、自由意志だけど……

もちろん、外国人労働者が日本に来るのは彼らの自由意志です。
 
 
決して、強制的に徴用されているわけではありません。
 
 
とはいえ、故国では食っていけず、やむを得ず日本に働きに来ている人もいます。
 
 
そんな彼らにとって、日本が壁を作ったままでいるのは、やはりどうかと思います。
 
 
もう少し、外国人労働者の待遇が改善されることを祈っています。
 
最後に、外国人労働者が帰国してしまう3つの理由をまとめます。

外国人労働者が帰国してしまう理由3つ

①日本語はつぶしがきかないから

 

②日本の礼儀作法もつぶしがきかないから

 

③日本人は外国人に心理的な壁を作るから

 
まだまだ日本は閉鎖的な国と言えますね……。
 
 
僕ら若い世代が、少しずつこの現状を変えていきたいものです。
 

外国人労働者 技能実習生 帰国 なぜ

日本に来たのにがっかりしてUターンはしてほしくないなあ。

おすすめの書籍

今回、仕事で外国人労働者に接したことから、いくつか書籍を読みました。
 
『ルポ 技能実習生』が衝撃的でした。
 
技能実習を「現代の奴隷制度」と呼ぶ人もいるくらいですからね……。

 
 
以上! タロン(@shin_taron)でした。
 
最後まで読んでいただきありがとうございました!