つづるん

つづるブログ

Small+α

【使い道がない】せっかく買ったMacBook Airを使わなくなった理由

MacBook Air 使い道

半年くらい前にMacBook Airを購入したんですが、今では使う機会が少なくなってしまいました。



せっかく十数万円で買ったMacBook Airを、なぜ使わなくなったのか?

その理由をあげていきましょう。

①MacBook Airの性能が低いから

しばらくは、MacBook Airをメイン機にして使っていたのですが、実はMacBook Airには弱点があって……。

MacBook Proなんかに比べると、性能がかなり低いんですよね

もちろん、ネットサーフィンや動画のストリーミング再生程度ならまったく問題ありません。

ただ、動画編集はけっこう重くなるので、快適な動画編集ができません。

仕方ないので、デスクトップパソコンであるiMacを購入してしまいました。

iMacは性能がずっと上なので、動画編集はサクサクできます。

最初からiMac買った方がよかったかも

MacBook Airでも動画編集はできないこともない

MacBook Airは性能が低いですが、動画編集が不可能というわけではありません。

少しカクついたりすることはありますが、完全に止まったりするわけではありません。

人によってはストレスを感じないかも



しかし、僕としては動画編集はサクサクやりたいので、少しでも動作が重いとストレスを感じてしまいます……。

あと、MacBook Airは画面が13インチくらいなので小さいです。なので、動画編集もやりにくいと思います。

iMacの27インチなら、細かい動画編集も快適そのものなので、MacBook Airには戻れません。

②外出先でも意外と使わない

MacBook Airはとにかく重量が軽く、持ち運びに適しています。

外出先にも持っていきやすいことはたしかです。
僕もよくブリーフケースに入れて、外出先に持っていくんですが……。



これが、意外と使う出番がないんですよ。

MacBook Airを開くにはある程度スペースがないといけないので、広い机のあるカフェとかでしか使えません。

電車で膝の上に置いて使おうとしたんですが、結構不安定だし、あと悪い意味で目立つんですよね。
iPadなら電車だろうがどこだろうが、使っていてもあんまり違和感ないですが、ノートパソコンを開くっていうのは意外と場所を選びます。

どこでも使えるiPadってやっぱりすごいわ!



自宅にいるときは、当然デスクトップ型のiMacを使うので、
自宅でも外出先でも、MacBook Airを使う機会がない……。

iPadのほうがなにかと優れているかも

こう考えると、どこでも使いやすいiPadのほうが優れているかも。

iPadなら手に持って使うことができますし、外付けキーボードを使えば擬似ノートパソコンみたいにして使うことも可能ですし。



MacBookよりもiPadのほうが売れている理由もわかりますね……。



iMacが何らかの原因で故障した場合、緊急避難的にMacBook Airを使うことになると思うので、MacBook Airは売らない方がいいかなとは思っています。

あと、停電時や災害時にはバッテリーを積んでいないiMacはすぐに使えなくなってしまいます。

停電時には一瞬で電源が落ちてしまうのが、デスクトップPCの宿命的なデメリット



停電時には、バッテリーを積んでいるMacBookが役に立つはずです。

ま、iPadもバッテリーを積んでいるので、MacBookでないといけない理由はやはりあんまりないんですけどね。