つづるん

つづるブログ

Small+α

寒すぎるとMacBookが充電されない! 原因と対処法

Mac 寒さ 充電できない

MacBookだけでなく、パソコンは熱に弱いというイメージがありがちですが、

 

実はパソコン君は寒さにも弱いのです。

 

適正な温度でないと、正常に動作してくれないことがあります。

 

 

 

1.Macbookが充電できない!原因は寒さかも

真冬になると、よく起こるのが、

・「MacBookが充電できない!」

・「MacBookの電源がつかない!」

・「MacBookの動作が遅すぎる!」

 

──などのトラブル。

 

僕にもこのトラブルが起こったことがあります。

充電ケーブルをつないでいるにもかかわらず、MacBookが充電されないのです。

f:id:pineapple-bomb:20200103111802j:plain

 

 

MacBookには適正温度がある

実はMacBookには、適正温度があるのです。

 

アップル公式によると、
「Mac ノートブックは周辺温度が 10° ~ 35℃ の場所でお使いください。」

──とのことです。

 

 

真冬になれば、気温が10° 以下になることなんてザラにありますよね。

 

実は、冬という季節は人間だけでなく、

MacBook君にとってもつらい季節なのです……。

 

 

新説?MacBookは夏より冬に弱い?

MacBook 暑さよりも寒さに弱い

先ほどのアップル公式回答をもう一度みてください。

 

「Mac ノートブックは周辺温度が 10° ~ 35℃ の場所でお使いください。」

 

ちょっと待ってほしい。

冬であれば、室内の温度が10°以下になるのは当たり前ですよね。

さすがに24時間暖房つけっぱなしの人も少ないでしょうし、

少なくとも夜中は10°以下になるのが普通。

 

それに対して、室温が35°以上になることってそれほど多いでしょうか?

 

 

直射日光にさえ当たらなければ、35°以上になることって少ないと思うのです。

 

MacBookの適正温度が 「10° ~ 35℃」であるとすると、

冬は当たり前のように適正温度を下回りますが、

真夏であっても適正温度を上回ることはそれほど多くないように思います。

 

つまり──

MacBookは暑さよりもむしろ、寒さに弱い。

適正温度に気をつけるべきは夏よりも冬なのではないか?

 

──ということになります。

PCはとにかく熱に気をつけないといけないという先入観があったせいで、寒さについてはお留守になってたね

 

寒い季節こそ、MacBookをいたわってあげないといけないようです。

 

 

2.寒さで充電できない場合の対処法

対処法は誰でも思いつく簡単なことです。

 

気温をじっくりと上げてやればいいのです。

(ふつうにエアコンを使って気温を上げてやればいい)

 

気温が上がれば、充電できるようになるはずです。

冷え切ったMacBookを温めてあげましょう!

 

 

時間がないときはコタツに入れてもいい?

といっても、エアコンを使っていると時間がかかります。

温まるまでに時間がかかりますし、温まった後で充電が開始されるわけですから。

 

「もうすぐ出かけなきゃいけないのに!」

──という場合はどうしたらいいのでしょうか?

 

どうしても急いでいる場合は「コタツの中に入れる」という方法もあります。

 

こうすれば急激にMacBookが温まるので、すぐに充電できるようになるかも。

 

ただし!

急激な温度差にさらされると、MacBookに結露が発生するおそれがあります。

PCにとって結露は大敵です。

 

なので、コタツだけでなく、ストーブのそばにMacBookを置いたりして、

急激に温める方法もオススメできません。

 

 

どうしても時間がない場合は、

モバイルバッテリーを持って行った方がよさそうですね。

 

 

 

まとめ

「MacBookは暑さよりもむしろ、寒さに弱い。

適正温度に気をつけるべきは夏よりも冬」

 

 

これに驚いた人も多いかもしれません。

 

まあ対処法は簡単なので、MacBookに「充電できません」と表示されても焦る必要はありません。

 

冬のMacBook使用には、いっそう気をつけた方がよさそうですね……。