【2020年】買って後悔したもの10個

M1 Mac mini開封レビュー&モニターにつなげてみる【初心者向け】


 
こんにちは、タロンです。
 
 
 
AppleがIntelではなく、独自のM1チップを搭載するようになったのは、最近の大きなニュースでしたよね。
 
 
そこで、M1チップの入ったMac miniを購入してみましたのでレビューします。
 
 
僕は、Mac miniを買うのも、モニターにつなぐのも初めての経験だったので、僕と同じような初心者向けに書きます。
 
 
結論から言って、すごくかんたんにモニターに接続できたので、大満足です。
 
 
では、まずは、開封レビューからいってみましょう。
 

1.開封レビュー

今回は整備済み製品として安く購入したので、箱のデザインが正規のものとは少し異なります。▼
 

 
開封するとこんな感じ。▼
 

 
なんか「お弁当箱」みたいですね。
 
 
付属品はこれが全てです。▼

 

付属品
・Mac mini本体
・電源ケーブル
・取扱説明書類
 
モニターに映像を出力するために必要となる、HDMIケーブルやVGAケーブルは付属していませんので、モニターに映像を出力したい場合は自分で買わないといけませんので注意。
 
せめてHDMIケーブルくらいは、付属しておいてほしかった……。あまり親切じゃないですね。
 
 
Mac mini本体の裏面はこんな感じ。▼
 

 
うっすらとですが、「Mac mini」という文字が刻印されています。
 
 
 
Mac mini本体の後ろ側には、黒いテープが貼られています。▼
 

 
これをはがすと、電源ボタンやUSB-typeA、HDMIなどの接続端子が使えるようになります。▼
 

 
 

 
 
接続ポート数は多めなので、わりと便利そうです。
 
HDMI端子が1つ、thunderbolt端子(USB-typeC)が2つついているので、モニター計3台に映像を出力することもできそうです。
 
 
MacBookシリーズは接続ポート数が少なすぎて別売りのハブが必須でしたが、Mac miniは接続ポート数が多いので、ハブがなくても充分使えそうです。
 
 
ちなみにMac mini本体にはスピーカーが内蔵されているので音が出ますが、音質にはあまり期待しない方がいいですね。

 

2.モニターに接続してみる

では、Mac miniをモニターに接続してみましょう。
 
 
Mac miniには当然、モニターは付属していないので、モニターは自分で買う必要があります。
 
 
僕は、安かったのでこちらのモニターを買ってみました。▼
 

 
27インチの大画面のわりには、価格も安いのでおすすめです。
 

モニターに接続する手順

では、Mac miniをモニターに接続する手順についてです。

STEP.1
Mac miniを電源につなぐ
まずは、Mac miniをコンセントにつなぎましょう。
 
 
付属していた電源ケーブルをMac miniの後ろにさして、もう一方をコンセントにつなぎます。▼
 

 

STEP.2
モニターにHDMIケーブルをつなぐ
次に、モニターに映像を出力するために、HDMIケーブルをつなぎます。
 
 
読者さんへ注意
HDMIケーブルは付属していないので、自分で買う必要があります。
 
僕は、こちらのHDMIケーブルを買いました。▼
 

 
HDMIケーブルは、Amazonで適当に安いものを買えば使えると思います。
 
 
では、このHDMIケーブルを、まずはMac miniのUSB-typeCの端子につなぎます。▼
 

 
そして、出力先のモニターのHDMI端子にもつなぎます。▼
 

 
これで、Mac miniの映像をモニターに映す準備は整いました。

STEP.3
Mac miniとモニターの電源を入れて初期設定
最後に、Mac miniとモニターの電源を入れれば、OKです。
 
 
こんな感じに、モニターに映像が映ります。▼
 

 
キーボードとマウスの接続が必要になりますが、これはあなたの好きなものを使ってOKです。
Bluetooth接続でキーボードとマウスをつなぐこともできます。
 
 
後は、国や言語の設定、アカウントの設定など画面の指示に従ってやっていけば大丈夫です。
お疲れ様でした。
 

3.音質がへぼすぎた…

実は僕、Mac miniには、スピーカーはついてないと思っていたのですが、

Mac miniにもスピーカーはついています。
 
Mac miniの後ろに、スピーカー(ファンにもなっているらしく、ここから風も出てきます)があるので、音がちゃんと出ます。▼
 

 
なので、動画や映画を見ることもできます。できますが……。
 
 
音質がめっちゃヘボいので、期待しないほうがいいです。
 
 
音の迫力はゼロだし、音もこもって聞こえるので、音質にそれほどこだわりがない僕でさえ、「これはムリ」と思ってしまうような低クオリティの音質です。
 
 
なので、外付けのスピーカーを買ってみました。▼
 

 

 
1000円くらいで売っている安いスピーカーですが、なかなか大迫力の音質が出るので、かなり人気なスピーカーです。
 
 
このスピーカーに付属しているケーブルがこちら。▼
 

 
イヤホンをMac miniの本体のイヤホンジャックに、もう一方をMac miniのUSB-typeAにさせばOKです。
 
 
要するに、両方ともMac miniの後ろにさせばいいのでわかりやすい。▼
 

 
 

 
モニターの両サイドにこのスピーカーを置くと、十分「聞いていられる」くらいの迫力ある音質になります。
 
 
さすがに、高価格のスピーカーにはかなわないので、音質にこだわる人はもっと良いスピーカーをえらぶべきですが、それほど音質にこだわりのない僕のような人なら、これでも十分ですね。
 
 
 
ちなみに、このスピーカーは有線でつなぐ専用のスピーカーなので、Bluetooth接続はできません。
 
 
Bluetooth接続できるスピーカーが欲しい人には、こちらがおすすめです。▼
 

 
充電が必要になりますが、Bluetooth接続だと有線でつなぐ必要がないので、見た目がすっきりしていいですよ。▼
 

 

4.iMacを買うよりもMac miniを買ったほうが安い

Appleには、iMacという大型のデスクトップパソコンがありますが、やはり値段が高い……。▼
 

 
iMacは安くても13万円、高いものだと30万円は軽く超えてきます。
 
 
 
それに対して、脅威の性能をほこるM1チップを搭載したMac miniなら、新品でも8万円ほど。
 

モニターを別途買う必要があるとしても、Mac miniなら予算10万円以内でおさめることもできます。
 
Macは昔からとにかく値段が高いのがネックでしたが、Mac miniならM1チップという最高の性能を搭載したモデルでも10万円以内におさめることができるのは、かなりコスパ良しなのでは。
 
 
 
Mac miniを買う前は、「なんか見た目が弁当箱みたいでダサいから嫌だ……」と思っていたのですが、実際に使ってみると、やはりApple製品なだけあって、見た目はおしゃれですね。▼
 

 
なるべく安く、しかも性能が高いパソコン環境を整えたい人は、
Mac mini+モニターを買う
 
━━という選択肢はかなり「アリ」だと思いますよ。
 
 
 
以上! タロン(@shin_taron)でした。
 
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!