運営者情報

keychronK2キーボードに合うリストレストをレビュー メカニカルキーボードは手首が疲れる?!

keychronK2キーボード メカニカルキーボード デメリット おすすめ 手首

先日、keychronK2キーボードを買いました!

打ち心地は今のところ最高! 

メカニカルキーボードってこんなに打ちやすいのか!

と、ビックリしております。

ただ……。

一つ気になる点があります。

それは、メカニカルキーボードは手首が疲れるという点。

これは買う前には予想していなかったデメリットでした……

1.メカニカルキーボードはなぜ手首が疲れるの?

この写真を見ると、一目瞭然です。
メカニカルキーボード デメリット 手首 疲れる
メカニカルキーボードは分厚いキーボードなので、キーを打とうとすると手首が不自然に折れ曲がってしまいます。

これが意外ときつくて、長時間タイピングしているとすぐに手首が痛くなってきます。

ちなみに、今まで使っていたマジックキーボードは、キーボード自体が薄いので、リストレストがなくても快適なタイピングができていました。
マジックキーボード  快適 タイピング 手首 疲れない

ちなみに、マジックキーボードとkeychronK2キーボードの分厚さを比較してみると……。
keychronK2キーボード 分厚さ マジックキーボード  メカニカルキーボード

せっかく最高の打ち心地なのに、手首がすぐに疲れてしまうのは困る……。
──ということで、リストレストを購入しました。

POINT

ちなみに、このデメリットはkeychronK2キーボードに限らず、ほとんどのメカニカルキーボードで共通だと思います。

メカニカルキーボードを買うときは、リストレストが別途必要になると思っておいたほうがいいかも。

2.リストレストを設置すると一気に快適になった!

購入したリストレストはこちら。

1000円程度のリーズナブルなリストレストです。
f:id:pineapple-bomb:20200217092754j:plain

メカニカルキーボード おすすめ リストレスト
これがねえ、絶妙な柔らかさなんです。

実は、リストレストは柔らかすぎると逆効果で、むしろ手首が痛くなったりするんですよね。

それがこのリストレストは、ちょうどいい柔らかさでもあり、ちょうどいい硬さでもあるんです。

こんにゃくに近い硬さです!

これをキーボードの手前に設置すると……めちゃくちゃ快適になりました。
メカニカルキーボード おすすめ リストレスト

手首が不自然に曲がることもなく、自然な状態でタイピングができます!

いやー、リストレストがあるかないかで、ここまで快適さが変わってくるもんなんですね……。

メカニカルキーボードのデメリットを補ってくれるリストレストを購入した以上、このkeychronK2キーボードは無敵です!

ボルテージ上げてキーボード使いこんでいくぞー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です