つづるん

つづるブログ

Small+α

Macのスクショの容量を軽くする方法

iMac 画像 png jpeg

 

iMacは便利ですが、1つ不満点があります。

iMacでスクリーンショットを撮ると、デフォルト設定だと必ず「png」形式で画像が保存されてしまうということ。

 

iMac 画像 png 変更

 

これのどこが問題かというと──

 

png形式の画像ファイルは容量が大きすぎるので、pcの容量を圧迫してしまうんです!

 

ブログなどにpng形式の画像をのせると、ページが重くなる原因にもなります。

 

ブログが重いだいたいの原因は、png形式の画像です…

 

web上にのせるには、より容量が少ないjpg形式の画像ファイルの方が適切です。

 

たかがスクリーンショットにそこまでの高画質を求める人は少ないと思うので、

思い切ってiMacの設定を変更してしまいましょう!

 

 

iMacの設定を変えれば、iMacでスクリーンショットを撮ったときに、

自動的にjpg形式で保存されるようになりますよ!

 

では、手順を紹介していきます。

 

 

 

1.iMacで画像のファイル形式を変更する手順

①「ターミナル」アプリを開く

まず、デスクトップの右上にある虫眼鏡マークをクリックしましょう。

 

そこに「ターミナル」と打ちこみます。

すると、「ターミナル」アプリが出てくるのでクリックして、開きましょう。

 

すると、⬇︎⬇︎⬇︎のようにターミナルアプリが開くはずです。

iMac 画像形式 変換

赤で隠しているところには、あなたのパソコンに設定してある名前が表示されます。 

個人情報なので一応隠させてもらいますね!

 

 

②コピペしてコードを打ちこむ

 

まずは$という文字の後ろに、コード①をコピペしてください。

コード①

defaults write com.apple.screencapture type jpg

 

 

コピペしたら、エンターキーを押します。

改行されたら、コード②をコピペします。

コード②

killall SystemUIServer

 

完成図は⬇︎⬇︎⬇︎のような感じです。

iMac 画像形式 変換



これが完成したら、OKです。

 

ターミナルアプリは閉じてかまいません。

 

 

2.画像形式がpngからjpgに出力されるようになった!

では、本当に画像形式が変わったのか確認しましょう。

 

なんでもいいので、スクリーンショットを撮って、その画像のファイル形式を確認してみましょう。

 

画像のファイル形式を確認するには、画像をクリックして「情報を見る」をクリックします。

iMac 画像形式 変換

 

 

すると、⬇︎⬇︎⬇︎のような画面が出てきます。

iMac 画像形式 変換

 

 

pngではなく、jpgになってますね!

 

これで、これからスクリーンショットを撮ったときには、いつでもjpg形式で画像が出力されることになります。便利になりましたね!

 

 

さっきの画像には、「jpeg」と書かれていたので、疑問に思う人がいるかもですが、

「jpg」と「jpeg」はどっちも同じファイル形式なので、気にする必要はありません!

 

 

iMacの画像ファイル形式変更の方法は以上です。

カンタンでしたね!

 

まとめ

確かにpng形式の画像のほうが、高画質ではあるんですが、

やっぱりただのスクリーンショットに、そこまでの高画質はいらないですよね、ふつう。

 

 ちなみに、この記事で使ったスクリーンショットも当然すべてjpg形式の画像ですが、

「低画質で見にくい!」

──ということはなかったと思います。(見にくかったら直すのでコメントもらえたら嬉しいです)

 

 

これが仮に全て、png形式の画像だったとすると、

めちゃくちゃ重くなります。

 

とにかく、基本的にはpng形式の画像は重いので、容量を圧迫してしまう!

ということは覚えておいた方がいいです。

png jpeg 重い

 

 

やはりスクリーンショットはjpg形式がいちばんですね!