【2020年】買って後悔したもの10個

ゴーストオブツシマがおもしろい3つの理由【オープンワールドの最高傑作】

ゴーストオブツシマ おもしろ つまらない
 

こんにちは、タロン(@shin_taron)です。

 
 
最近、ps4で話題作になっている「Ghost of Tsushima(ゴースト・オブ・ツシマ)」をプレイしました。
 
 
実は僕、オープンワールドゲームが大好きで、今まで「スカイリム」・「フォールアウト」・「アサシンクリード」・「グランドセフトオート」などをプレイしてきました。
 

海外のオープンワールドゲームは、自由度がMAXで自分の遊び方ができるので好きすぎるのです!
 
僕の今までプレイしたオープンワールドゲームの最高傑作は、「スカイリム」でしたが、
「ゴースト・オブ・ツシマ」が新たな最高傑作になりました。
 
オープンワールドの素晴らしさに気づかされ、およそ1週間ほど家に引きこもってクリアまでプレイしまくりました。
 
 
今回は、「スカイリム」と比較しながら、「ゴースト・オブ・ツシマ」のおもしろいポイントを3つ紹介します。

 

 

ゴーストオブツシマ3つのおもしろポイント

①日本文化へのリスペクト

まず、このゲームは、「Sucker Punch Productions」というアメリカのゲーム会社が制作したものです。
 
 
アメリカが日本を舞台にした映画やゲームを作ると、ありえないヘンテコ日本人がよく生まれます。
 

しかし、この「ゴーストオブツシマ」では、日本文化へのリスペクトを感じます。
 
「ゴーストオブツシマ」は元寇が舞台ですが、歴史の史実がよく考えられています。
 
 
「他の国の歴史を扱うのだから、慎重に史実を調べて出来る限り正確に描こう」という姿勢が伝わってくるんですよね。
 
 
特に僕が感心したのが、「黒澤モード」です。
 
 
黒澤というのは、もちろん日本一有名な映画監督である黒澤明のこと。
 
 
この「黒澤モード」をえらぶと、画面が白黒になって、カメラワークが変わります。
 
 
ちょっとしたおまけ機能なんですが、
こういう細部にこそ日本文化へのリスペクトが宿っている気がします。
 
 
もしかすると、この白黒のカメラワークは、黒澤明の名作『七人の侍』を参考にしたのかもしれませんね。


 

②オープンワールドの世界観を壊さない画面のシンプルさ

オープンワールドはとにかく、リアルで自由な世界観が命。
 
 
なのに、スカイリムだと、画面上にランドマークを表示するバーがでっかく表示されるのです。▼
 

 
キャラクターの方向を変えるとこのバーもコロコロ表示が変わるので、正直ジャマなんですよね。
 
 
それに対して、ゴーストオブツシマは、ランドマークが表示されていません。▼
 

 
目的地を設定すると、風が吹いてその方向を教えてくれるという仕組みになっています。
 
 
細かいことなんですが、僕はここが気に入りました。
 
 
画面に最小限の表示しかないので、オープンワールドの世界にのめりこみやすいのです。
 
 
バーとか表示されると、その分画面が狭くなって、リアリティーがなくなってしまいますからね。
 

というか、ゴーストオブツシマの銀杏並木の風景、きれいすぎるよね……。

③ほどよい難易度の戦闘

ゴーストオブツシマは、戦闘がまあまあムズカシく、奥が深いです。
 

ゲームに慣れているつもりの僕でも、けっこう殺されます。
 
スカイリムでも戦闘自体はムズカシイのですが、「ヒット・アンド・アウェイ」の単調な戦闘システムなので、正直飽きる。
 
スカイリムはおもしろいけど、戦闘だけはもっとおもしろくすべきでした……。
 

「スカイリム」は、攻撃を避ける➡︎そのスキに攻撃を当てる➡︎以下無限ループなので、単調で飽きやすい。

 
それに対して、ゴーストオブツシマは、けっこう戦闘システムの奥が深い。
 
 
僕がいちばん好きなのは、カウンターですね。
 
 
敵が攻撃してくる瞬間に、うまくボタンを押すと、相手を一撃で葬り去ることができます。▼
 

カウンターで、相手の攻撃をはじく。

 

そのスキに、一撃を叩きこむ!

 
スカイリムにはカウンター攻撃のようなものがないので、これが新鮮でおもしろすぎた。
 
 
やはり、戦闘がちょうどいい難易度でバランス良しです。
 
 
ちなみに、ゴーストオブツシマの戦闘では、クナイや爆竹、弓矢などのアイテムを使えるのですが、特に「てつはう」の威力がすごい。
 
 
「てつはう」とは、元寇の時に、元軍が使った爆弾みたいなものです。
 

すごい音を立てて爆発するので、ビビって小便をもらして行動不能になった日本兵もいたのだとか。

 
ゲーム内でてつはうを使うと、轟音をたてて爆発し、敵の集団を吹き飛ばすことができるので、ぜひ使ってみてください。
 
なんか、歴史の授業で習ったアイテムがゲームに出てくるのって、胸熱だよね。

【まとめ】オープンワールドの最高傑作

オープンワールドをたくさんやってきた僕に言わせてもらいたい。
 

ゴーストオブツシマは、オープンワールドの最高傑作だと。
 
オープンワールドゲームは、「戦闘のおもしろさ」・「移動の快適さ」・「やり込み度」が大事になるが、いずれにも僕は満点を与えたい。
 
 
最近は、ゲームから離れていたが、久しぶりにゲームのおもしろさに覚醒させてもらった。
 
 
ゲームはまだまだ進化していくのだなあ……としみじみ思う。ゲームよ、永遠なれ。
 
 
ありがとう、ツシマ。ありがとう、元寇(?)。