【2020年】買って後悔したもの10個

人生で初めてアイドルのライブに行ってきました【にっぽんワチャチャ】


 
こんにちは、タロンです。
 
 
 
「アイドル? そんなもんにお金使うなんて搾取されてるだけやろ」
 
 
──ちょっと前までの僕はそう思ってました。
 
 
でも、友達に誘われて初めてアイドルのライブに行ってみると、

たしかに、アイドルのライブはおもしろい
──と180度考えが変わりました。
 
 
今回は、アイドルのライブに人生で初めて行った時の話をします。
 
 
僕と同じく、アイドルのライブに行ったことがない人は参考にしてほしいです。
 
アイドルのライブは初心者が行くにはハードルが高いかもなので、詳しい友人に同行してもらうことをおすすめします。
 

1.僕が行ってきたライブ

僕が行ってきたライブはこれです。▼
 

公式サイトから引用

 
「にっぽんワチャチャ」というグループ名らしいです。
 

公式サイトから引用

 
この写真だけ見ると、ふつうにかわいいアイドルの雰囲気なんですが、公式YouTubeの動画を見ると、思った以上に「お笑い」と「下ネタ」にバロメーターを振っていたので、意外でした。
 
 
公式YouTubeのチャンネル登録者も、2021/09/06時点で1.6万人と、まだそれほど大人気とは言えないアイドルグループなので、まさに「身近な存在で会いに行けるし、何度か行けば自分のことも覚えてくれる」というまさに地下アイドル的な親しみやすさがあるのでしょうね。
 
まだ彼女たちは雲の「上」の存在ではなく、雲の「下」の存在なのです。
 

かかったお金

先にかかったお金の話をしておきましょう。
 
 

チケット代はいくつかの種類をえらべます。▼
 

 

O席 10,000円
S席 5,000円
A席 3,000円
B席 1,000円
 
O席なら最前列でライブを見ることができますが、さすがに10,000円は高い。
 
 
でも、B席だと最後列、あるいは立ち見になるので、たぶん前の観客たちにさえぎられてあまりアイドルの姿が見えないようです。
 
そこで、僕は5,000円でS席のチケットを買うことにしました。
 
チケットはネットで購入。決済はクレジットカードでOK。そうすると、チケット代わりのQRコードがダウンロードできるので、後はライブハウスに行ってそのQRコードをスマホに表示してスタッフの人に見せればライブハウスに入場できます。
 
 
ただし、別途ドリンク代が600円かかります。
(これは必須代金です)
 
 
さらに、ライブ後の交流会(その場で写真撮影してくれて、30秒〜1分くらいアイドルと一対一でおしゃべりできる)に参加する場合、別途1,000円〜3,000円ほどかかってきます。
 
 
交流会は参加しなくても大丈夫ですが、人によっては交流会が本番みたいなものなのですし、アイドルと近距離でお話しできるのは貴重なチャンスなので、参加しないのはもったいない。
 
 
なので、S席をえらんだ僕がかかった費用はこちらでした。▼

・S席のチケット代 5,000円

・ドリンク代 600円

・交流会参加費 2,000円

 
➡︎合計7,600円

 
前の方の席でライブを楽しんで、さらにアイドルと写真撮影、一対一で会話もできることを考えると、合計7,600円でこれほどのエンターテイメントを楽しめるのはそれほど高くないと感じました。
 
 
それに、最安のB席であれば、交流会に参加しても2,000〜5,000円くらいでおさまりますし、かなりお得ですね。
 
 
もちろん、アイドルグッズ(タオルやTシャツなど)も売っているので、それを買うとプラスでお金がかかります。
 

2.ライブ中は一体感があって「楽しい」の一言

僕はパリピではないので、集団が苦手なのですが、アイドルのライブに関しては、

「楽しい!」の連続でした。
 
ライブ中は観客みんなで「サイリウム」(ライブの時に振り回す光る棒)を思い思いに振り回しますし、音楽に合わせてジャンプしたりするので、それが一体感があっておもしろい。
 

 
といっても、基本的にその場から移動することはできないので、その場でサイリウムを振り回すかジャンプするだけです。
 
 
テンションが上がっても走り回ることはできないので、その点は注意。
 

アイドル3人のトーク力がかなり高くてびびった。

 
ただし、ライブ中は立ちっぱなし(曲の合間は座れるけど)になることが多く、けっこう疲れますのでそのつもりで。
 
 
ちなみにライブ開始前はこんな感じの雰囲気。▼
 

 
みんな黙ってスマホをいじってますが、ライブが始まるとみんな急に人格が切り替わってサイリウムを振り回し始めるのがシュールでおもしろかった。
 
 
僕のような非パリピ、陰キャでも楽しめるのですから、きっと誰でも楽しめるはず。
 
 
やはり、人は社会的な動物なので集団と同調して同じ動きをするのが快感だと思う生き物なんじゃないですかね。
 
政治的なデモでみんな一斉にシュプレヒコールを叫ぶのも、ライブと同じタイプの快感なんでしょうね。
 
ちなみに、これはアイドルのクリアファイルをもらってご満悦の僕の姿です。▼
 

 

3.一対一でしゃべれる交流会

ライブが終わった後は、推しのアイドルと一対一で会話や写真撮影ができる交流会があります。
 
 
交流会はこんな感じ。自分の推しのアイドルの列に並びます。▼
 

この写真はだいぶ終盤に撮ったのですが、これ以前はもっと人が並んでました。

 
ちなみに、意外にも男性だけでなく女性のファンもちらほらいました。
 

個人的には、ここがめちゃくちゃ緊張しました。
 
 
ステージの上で踊っていたアイドルと生で会話するのですから、初めての人はかなり緊張するはず……。
 
 
ですが、しゃべれるのはたった30秒ほどですし、沈黙にならないように向こうが全力でしゃべりかけてきてくれるので、話し下手な人でも大丈夫。
 

さすがに5分くらいだときついですが、30秒なら余裕で乗り切れます。
 
僕は絶対に沈黙したくなかったので、こんな感じでこっちからしゃべりました。▼
 

にっぽんワチャチャさんのYouTubeチャンネルの動画見ました!
ハッカ入れまくったお風呂に入る動画がいちばんおもしろかったですよ〜。
これからも応援してます!

 
ハッカ入れまくったお風呂に入るというクレージーな動画はこれ。▼
 

──てな感じでしゃべったら、向こうも「わーい、やったー」みたいな反応だったので、これで問題なさそう。
 
 
たぶんだいたいのアイドルグループはYouTube動画あげているので、「YouTube見ました!」と言っておけばだいたい会話が盛り上がるのでこれがいちばん無難な方法かと思います。
 
 
ちなみに、ツーショット撮影もしてもらえました。▼
 

 
近くで見ると、あまりにも可愛すぎました。こりゃまあアイドルを応援したくなる気持ちもわかる。わかりまくる。
 
 
ちなみに撮影は富士フィルムの「写ルンです」というカメラを使って撮影してくれるので、その場ですぐに現像して写真を渡してくれます。
 
 
正直、そんなに画質はよくないのでその点は残念ですが、原則自分のスマホを使っての撮影はしてもらえないっぽいので仕方ないですね。
 

読者さんへ注意
ちなみに握手はできません。お触りなんてしようものなら即座に「出禁」の刑を言い渡されると思うので、ご注意を。

 

【まとめ】アイドルは応援したくなる

アイドルのライブなんて人生で初めて行きましたが、

めちゃくちゃ楽しかった。
 
以前までは、「アイドルのライブに行くとか、お金を搾取されてるだけだろ」と否定的だった僕ですが、別にお金の使い方なんて自由だし、おもしろいならお金を落とせばいいのです。
 
 
アイドルがビジネス的に「うまいなあ」と思うのは、
応援したくなる
──と僕たちに思わせるところです。
 
 
アイドルってみんな健気ですし、不器用ながらもがんばっている感じがあるので、どうしても応援したくなってしまうんですよ。
 
 
応援したくなった人たちがどんどんお金を落とすことで、アイドルビジネスは成立しているようです。
 
 
もちろんお金を何に使うのかは自由ですが、アイドルはあくまでビジネスであり、ビジネスの上に乗せられているということは僕たち観客も自覚しておいた方がいいと思います。
 
 
──ってことで、またにっぽんワチャチャのライブがあったら即行こうかな(乗せられている)。
 
 
 
以上! タロン(@shin_taron)でした。   最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!
 


 


 

参考文献

最後に、アイドル関連の本を紹介しておきます。
 

どんな本?
推しのアイドルが炎上する、という小説。
 
アイドルにハマる心理が描写されていてすごい。著者はまだ若い人ですが、こんな文章が書けるのはすごいと思いました。
 

どんな本?
「50代からの」というタイトルではありますが、別に若者でもアイドル入門に役立つ本です。
 
ライブでの座席の選びかた・チケットの手に入れ方などなど役に立つことだらけ。
 
【地蔵】=アイドルが歌っている中、ただじっと立っている観客のこと
【推しジャン】=推しメンにアピールするために客席でジャンプを繰り返すこと
【DD】=誰でも大好きの略。いろんなアイドルを応援するファンのこと
 
──などなど、いろんなアイドル用語も知れるので、おすすめ。