【2020年】買って後悔したもの10個

【2万円以下】安すぎて怖いクロームブックを開封レビュー|ASUS Chromebook C223NA


 
こんにちは、タロンです。
 
 
 
クロームブックといえば、

とにかく安く買えるけど、よくわからんパソコンだから怖い
━━というイメージだったのですが、最近はクロームブックを使う人が増えています。
 
 
こちらの調査によると、すでにMacOSよりも、ChromeOSを使っている人の方が多いのです。▼
 
 
スタバでMacBook広げてドヤっている人よりも、Chromebookの方が多いだなんて……!
 
MacBookは最新のものを買おうとすると、10万円はふつうにかかってきますが、Chromebookなら新品で最安2万円くらいという激安で買えてしまいます。
 
 
あまりにも安いので買うのが怖かったのですが、思い切って買ってみました。
 
 
今回買ったのは、「ASUS(エイスース) Chromebook C223NA」です。▼
 

 
アマゾンタイムセール中だったので、1万9800円というバカみたいに安い値段で買えてしまいました。
 
では、開封していきます。
 

1.開封レビュー

届いたのはこんな段ボール。▼
 

 
開けてみます。▼
 

 
パソコン本体はこんな感じ。▼
 

 
付属品はこれがすべてです。▼
 

 

・パソコン本体

 

・説明書、保証書

 

・電源ケーブル(type-C)

 
━━これがすべてですね。
 
 

初期設定は3分ほどで完了

クロームブックはGoogleのOSが入っているので、まずはGoogleのアカウントへのログインを求められます。▼
 

 

 
iPhoneやMacBookだと、Siriに声を認識してもらいますが、クロームブックの場合は、「グーグルアシスタント」に声を認識してもらいます。▼
 

 
他にも言語の設定などがありますが、ぜんぶ含めても3分ほどで初期設定は完了します。
 
 
ややこしい設定がないのは、ほんとありがたいですね。
 

クロームブックのデスクトップ画面。

 

2.使ってみて感じた感想3つ

Chromebook使って感じた感想を3つあげます。
 

①動作は思っていたよりずっと軽い

「2万円で買えるパソコンなんておもちゃみたいなものだから、動かなくても文句は言えないだろうな……」

━━と思っていたのですが、意外にも動作はけっこうサクサク動きます。
 
 
GoogleChromeを開いて、YouTubeやアマプラ、その他調べ物などをしてみましたが、特にストレスを感じることはありませんでした。
 
 
搭載されているCPU(パソコンの脳みそ)が、「Celeron N3350」という5年以上前の古いものだったので不安でしたが、ふつうにネットサーフィンするくらいなら問題ありませんね。
 

とはいえ、やはり最新のパソコンに比べると、動作にもっさり感があります。
 
「少しでも遅いとストレスになるからイヤだ!」という人にはおすすめはできないかな……。
 
僕はWordPressでブログをやっているのですが、ブログの更新くらいであれば、ほとんどストレスなくできますね。▼
 

 
ただし、動画編集とか画像編集になってくると、まあ性能的にムリでしょう。
ブロガー向けではありますが、YouTuber向けではありません。
 

②重量が軽い!

2万円という安価さもあり、余計な部品を一切入れていないせいか、

重量がむちゃくちゃ軽いです。
 
重量は驚異の999gであり、1kgを切っています。▼
 

軽すぎる。もはやiPadくらいの重さに思える。

 
MacBook Airでも重量は、1.3kgなので、それよりも300gも軽い。
 
 
ノートパソコンで1kgを切る軽さはめったにないので、
軽くて、カバンに入れても重くならない
━━という点は、かなりのメリットです。
 

③サブ機として最適

とはいえ、このChromebookをメイン機として使うのは、難しいです。
 
 
CPUも古いし、メモリも4GBしかないし(今の時代は最低8GBは必要)、やはり、このChromebookをメイン機として使うには、性能が不安すぎます。
 

「他に、性能十分なデスクトップやノートパソコンなどのメイン機をすでに持っているので、このChromebookはサブ機としてカフェとかに持っていく時とかに使う!」

━━というのであれば大丈夫。
非常に軽いので、フットワークも軽く、持ち運びもかんたんなので、サブ機としては大活躍でしょう。
 
 
ただ、たとえ学生であってもChromebookをメイン機として使うのは厳しそうです。
 
 
小学生か中学生くらいが、試しに買ってみるとかならいいですが、それ以外の人はChromebookはサブ機として使うのがよさそうです。
 

【まとめ】

安すぎて買うのが怖かったChromebookですが、

ライトな使い道にしか使わず、かつサブ機として使うなら十分すぎる性能でした。
 
性能は低いですが、ノートパソコンという作業環境が2万円で手に入ってしまうのは、どう考えても安すぎますね。
 
 

「すでにメインのデスクトップやノートパソコンは持っているけど、故障した時のためのサブ機が欲しい……」

━━という人であれば、Chromebook、超おすすめです。
 
 
軽いので、カフェなどの出先での作業にも向いていますからね。
 
 
今まではスタバでドヤるのはMacBookだと相場が決まっていましたが、これからはChromebookでドヤる時代になるかもしれません。
 

 
サブ機としてなら、間違いなく買っても損をすることはないコスパの良さなので、ぜひ使ってみてください!
 

 
 
以上! タロン(@shin_taron)でした。
 
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!
 
 
クロームブック買ったけどiPadの方が便利だと思ってしまった理由【比較レビュー】