【2020年】買って後悔したもの10個

Amazonクラシックカードはお得なのか検証する|不正利用が怖い?


 
こんにちは、タロンです。
 
 
 
僕はAmazonをすでに7年以上使っているのですが、あの天下のAmazonにクレジットカードがあることに最近気づきました。
 

Amazonのクレジットカードとか、かなり便利そう!
 
ちなみに、Amazonクレジットカードには、「クラシック」と「ゴールド」の2種類がありますが、今回は実質年会費無料の「クラシック」カードについて書きます。
 
 
では、最初に結論です。
 
結論

・もっとお得なカードは他にもあるけど、Amazonをよく使う人なら作っても損はない。

 

・あのAmazonが作っているカードにしては、それほどお得とは言えず、中途半端。

 

・Amazon以外で使用しても特にメリットがない。

 
━━これが結論です。
 
 
さらに、Amazonクレジットカードのメリット・デメリットも先に書いておきます。
 

メリット

・初年度は年会費無料。1年に1回以上の利用があれば、翌年の年会費は無料になるため、実質年会費は無料。

 

・Amazonでの買い物なら、1.5%(プライム会員なら2.0%)の高還元率。

 
 
デメリット

・Amazon以外の買い物だと、還元率は1%なので、特別お得ではない。

 

・貯まったポイントの使い道が少ない

 

・不正利用に関する低評価レビューが気になる

 
・見た目がちょいダサい?

 
では、詳しく見ていきましょう。
 

1.申し込みはかんたん

申し込みはかんたんなので、5分くらいで終わります。
 
 
入力する情報は、基本的な個人情報・住所・電話番号・職業など、他のクレジットカードを申請するときと同じです。
 
 
Amazonのクレジットカードだからといって、特別な情報を入力する必要はありません。
 

(▲クリックで申し込みページへ)
 
僕の場合、夜10時ごろに申し込み、翌日の朝10時に審査完了のメールが届きました。
 
 
時間にしてわずか12時間でクレジットカードの審査が通ったことになります。
 
 
審査完了のメールはこちら。▼
 

この度は、弊社クレジットカ-ドをお申し込み頂き、誠にありがとうございます。

大変お待たせ致しましたが、
お申込みカードの入会審査が完了しましたので、ご連絡致します。

カードは本日より1週間前後でお届けいたします。
尚、追跡番号を後日メールでお知らせいたしますので、しばらくお待ちください。

 
審査の難易度はそれほど高くなく、しかもかなり早いですね。
 

審査に通るとすぐに7000ポイントのAmazonポイントがもらえる!

Amazonのクレジットカードのすごいところは、

審査に通りさえすれば、すぐに「7000」ポイントがもらえるところです。
 
クレジットカードは1週間後くらいに自宅に届きますが、Amazonポイントは審査完了後すぐにもらえます。
 
読者さんへ注意
ただし、審査に落ちるとAmazonポイントはもらえません。当然ですけどね。
 
クレジットカードを発行するだけで7000ポイントもらえるのは、かなり「おいしい」ので、Amazonをあまり使わない人でも作ってみてもいいかもしれません。
 
 
ちなみに、7000ポイントもらえるのは今だけ?だと思います。普段は2000ポイントしかもらえないみたいなので、今のうちに申し込んでおいたほうがいいかも。
 

 

5日後にクレジットカードが届いた!

先ほどのメールには「1週間前後でお届けいたします」と書いてありましたが、実際には審査完了日から土日を挟んで5日後に届きました。
 

土日を挟まない場合、もっと早く届くんじゃないでしょうか。
 
カードの発行元は三井住友カードなので、三井住友カードから簡易書留で封筒が届きます。▼
 

 
僕は7年以上Amazonを使っているヘビーユーザーなので、Amazonポイントがたまるこのカードはだいぶうれしいです。
 
 
早速、どんどんAmazonでの支払いに使っていきますよ〜。

2.Amazonのクレジットカードはお得なのか?

結論から言って、Amazonのクレジットカードは、

あの天下のAmazonが作っているカードの割には、そこまでお得ではない印象です。
 
では、以下に僕が感じたAmazonクレジットカードのデメリットを紹介します。
 

①Amazon以外の買い物だと、還元率は高くない

Amazonのクレジットカードの還元率は、Amazonの買い物だと1.5%(プライム会員なら2.0%)、Amazon以外の買い物だと1%です。
 
 
Amazonをよく利用する人なら還元率が高くてお得ですが、Amazon以外の買い物だと還元率は1%なので、特別高い還元率ではありません。
 

還元率としては、微妙かも……
 
還元率1%を越えるクレジットカードは他にもあるので、Amazonクレジットカードが特別お得というわけではありませんね。
 

②貯まったポイントの使い道が少ない

しかも他のクレジットカードの場合だと、貯まったポイントを商品券やお食事券、マイルなどに交換することができます。
 
 
しかし、Amazonのクレジットカードの場合だと、Amazonポイントにしか交換できません。
 

貯まったポイントをAmazonポイントにしか交換できないのは、選択肢が少なくて残念に思う人もいるかも。
 
━━といっても、僕の場合、ほとんどAmazonでしかポイントを使わないので、問答無用でAmazonポイントに交換してくれるのはむしろ嬉しいんですけどね。
 

③不正利用に関するレビューの評価が悪い

これはぜひあなたにも見てほしいのですが、Amazonのクレジットカードは意外にも評価が悪いです。▼
 

 
主に「不正利用」に関するネガティヴなレビューが多いようです。
 
 
「不正利用があったのに、カードをすぐに停止してくれない」・「コールセンターが役立たず」などの低評価レビューがけっこうあります。
 

こういう低評価レビューもちゃんと隠さずに載せているのは、Amazonすごいけどね。
 
僕はまだ不正利用には遭遇していません。
 
 
不安な人は、「vpass(ブイパス)」というサービスを利用すべきです。
 
 
vpassに登録しておくと、ご利用明細がオンラインで確認できるようになるので、こまめにチェックしておけば不正利用されてもすぐに対処することができます。▼
 

vpassの登録はこちらから

 
どのクレジットカードでも不正利用のリスクはあるはずですが、Amazonは世界中でサービスを提供しているグローバル企業なので、海外の悪人にクレジットカードを不正利用されるリスクが高いんでしょうか?
 
 
いずれにせよ、クレジットカードの利用明細はこまめにチェックしておくべし!ですね。
 

④見た目がちょいダサい?

僕はそんなに気にならないのですが、「Amazonのクレジットカードは見た目がダサい」と言う声がちらほらあります。
 
 
まあ、Amazonでおなじみのダンボールみたいなデザインですし、カッコよくないのはたしかですね。▼
 

 
僕はなんか昔ベストセラーになった『ホームレス中学生』を思い出しました。▼
 

 
まあ、僕はAmazonでの買い物に限定して使っているので、外出先で使うことはありません。
クレジットカードはずっと家にしまっているから、ダサくても関係ないんですけどね。
 

【まとめ】もっとお得なカードはあるが、Amazonをよく使うなら作っても損はない

Amazonのクレジットカードのレビューの結論はこちら。▼
 

結論

・もっとお得なカードは他にもあるけど、Amazonをよく使う人なら作っても損はない。

 

・あのAmazonが作っているカードにしては、それほどお得とは言えず、中途半端。

 

・Amazon以外で使用しても特にメリットがない。

 
━━これが結論です。
 
 
 
では、Amazonクレジットカードのメリットとデメリットももう一度まとめておきます。▼
 
メリット

・初年度は年会費無料。1年に1回以上の利用があれば、翌年の年会費は無料になるため、実質年会費は無料。

 

・Amazonでの買い物なら、1.5%(プライム会員なら2.0%)の高還元率。

 
 
デメリット

・Amazon以外の買い物だと、還元率は1%なので、特別お得ではない。

 

・貯まったポイントの使い道が少ない

 

・不正利用に関する低評価レビューが気になる

 
・見た目がちょいダサい?

 

僕はAmazonを使いまくっているので便利でお得に感じますが、それ以外の人にとってはそれほどメリットがあるわけではないカードです。
 
 
「Amazonを使い倒す人専用のクレジットカード」って感じですね。
 
 
Amazonをよく使う人なら、作っても損はないカードだと思いますので、作りたい人は参考にしてください!
 
 
以上! タロン(@shin_taron)でした。
 
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!
 
 
 

(▲クリックすると申し込み画面へ)
 

 

 

 
 

★Amazonクレジットカードについては、こちらも参考になります。
この記事では触れませんでしたが、Amazonゴールドカードについても詳しく書かれています。▼

Amazonクレジットカードを申し込みしない方がいい3つの理由!

 
 
★Amazonクレジットカードよりもお得なカードである「オリコカード」が紹介されています。▼
https://manekai.ameba.jp/creditcard/orico/amazon/