運営者情報

メカニカルキーボード keychron K2(青軸)レビュー これは最高の打鍵感!

keychron K2kキーボード

今までマジックキーボード を使っていたのですが、新しい冒険をしてみたくなったので、新しいキーボードを買いました。

マジックキーボードはキーストロークが浅く、ペチペチした独特の打鍵感です。

これはこれで気に入っているのですが、「もう少ししっかりした打鍵感のキーボードがほしいな」と思っていたところ、

keychronのメカニカルキーボードを発見しました!
 
 
見た目に一目惚れしたので、すぐに購入!

さっそく開封レビューしていきます!

1.約1週間で届いた

注文したのが2月8日。自宅に届いたのが2月14日でした。

海外からの発送にしては早い方ですね。ちなみに発送場所は香港になっていました。

2.値段と送料は?

f:id:pineapple-bomb:20200215092048j:plain
日本のAmazonでは売っていないので、海外のkeychron公式サイトから購入しました。

値段は、

・キーボード本体が69ドル。
(10%割引クーポンを使ったので6ドル90セント割引)

・送料が20ドル。

=合計82ドル10セント。(日本円で8500円くらい)

クレジットカードから引き落とされるので、別にドルで払う必要はないですよ。日本で作ったクレジットカードが使えますから。

クーポンコードは記事の最後にのせておきますね!

3.開封レビュー

では開封していきましょう。

keychron K2 キーボード

他の人のレビューを見ていると、外箱がボコボコになっている人が多かったのですが、僕はキレイでした。ラッキー。

海外発送の商品は雑に扱われるらしくて、箱がボコボコになっていることが多いらしいですね。

keychron K2キーボード

開けるとこんな感じ。

包装はけっこう厳重です。

keychron K2kキーボード

おお!やはり渋い見た目のキーボードですね!

iMacともけっこう似合っています。

keychron K2kキーボード

escキーがオレンジ色になっているのがわかりやすい特徴です。

このおかげでkeychronキーボードであることが一目でわかりますね!

4.付属品は?

付属品は以下の通りです。

USB typeCケーブル

f:id:pineapple-bomb:20200215093503j:plain
全世界的に共通になってきているUSB typeCケーブルが付属しています。

パソコンとの有線接続はこのUSB typeCケーブルで行います。

Mac以外のパソコンにも使えるのは嬉しいですね。

キーキャップ

keychron K2kキーボード
実はこのキーボード、自分でキーを取り換えることができます。

最初はMac用のキー配列になっているのですが、自分でWindows用のキー配列に変えることも可能。

キープラー

keychron K2kキーボード
さっきのキーキャップを付け替えるときに使用する小道具です。

素人でも簡単につけかえることができるみたいなので、またやってみます。

5.Bluetooth接続は簡単

では、MacにBluetooth接続でつないでみましょう。

keychron K2kキーボード
FNキーと1キーを3秒間同時押しします。

すると、Macの画面に「keychron k2 キーボード」と表示されるので、それをクリックする。
それだけでBluetooth接続は完了です。

「keychron k2 キーボード」は、Apple純正のキーボードではないので、Bluetooth接続に遅延があるかもしれないと思っていたのですが、今のところ遅延はありません。快適にタイピングできています。

メモ
ちなみに説明書は全て英語になっているので、日本人にはやや不親切かも。

6.強力なタイピングが可能な打鍵感

さっそく打ってみましたが、もうね、

打鍵感がぜんぜん違います。
マジックキーボードは強くタイピングするにはあまり向いていないキーボードなのですが、このkeychronK2キーボードは全力でタイピングできます。

僕のようにタイピングする力が強い人にとっては、快適ですね。

長文を打つのが楽しくなってくるような、打ちごたえのある打鍵感なので、気に入りました。

ただし、青軸なのでめっちゃうるさい

これは覚悟していたつもりだったんですが、青軸のうるささが予想以上です。
 
 
一応、前回メカニカルキーボードのテスターを購入して、青軸がいちばんいいという結論に達したのですが……。

いざ本物の青軸のキーボードを打ってみると、うるさすぎて騒音公害レベルです。

外出先では使えませんね。

まあ、そもそも重いキーボードなので、持ち歩こうとは思いませんが…。

7.アームレストがないと長時間のタイピングは厳しいかも

ただ、このkeychronK2キーボード、かなりキーボードが分厚いです。

分厚いとなにが困るかっていうと、

手首が疲れやすいのです。
keychron K2kキーボード
手首がぐっと折れ曲がるような感じになっちゃうので、これが非常に疲れます。長時間のタイピングだとあっという間に腱鞘炎起こしそう。

これは買う前には予想していなかったデメリットでした……。

  
ですが、すでに持っていたアームレストを使うと一気に快適になりました。
keychron K2kキーボード

keychronK2キーボードには、アームレストは必須ですね。

見てわかるようにマジックキーボードとkeychronK2キーボードは、分厚さが全く違います。
keychron K2kキーボード マジックキーボード
マジックキーボードはアームレストがなくても快適にタイピングできたんですけどね……。

【まとめ】長文を打つのが楽しくなりました

僕にとっては革命的なキーボードですね、これは。

別にネットでゲームをするわけではないので、わざわざメカニカルキーボードを買うかどうか迷ったんですが、買って正解でした。

まさか、こんな快適な打鍵感のキーボードがあったとは……。

しばらく使い込んでみて、また細かいレビューでも書きます!

公式サイトと10%割引クーポンはこちら

公式サイト(英語)▼。購入はこちらから。

https://www.keychron.com/

実際に購入したい人はこちら▼で注文手順を解説しています。

www.sumo-pula.com

クーポンコード▼

https://go.referralcandy.com/share/65ZX7WR

(クーポンコードは、現在期限切れになっているようです。また復活するかもしれないので、URLは残しておきますね。)

【追記】手放すことにしました

このメカニカルキーボード keychron K2、すでに2ヶ月くらい使いましたが、

結局、手放すことに決めました……。

理由は以下の2点です。

①LINE会議で使えない

コロナウイルスのせいで、俺の会社でもテレワークが始まりました。

たまにLINE会議やったりもするんですが、

オンライン通話中にこのメカニカルキーボードを使っていると、 うるさすぎて相手に迷惑 なんですよね。
(通話しながら、キーボードを叩いて作業したりしますから)

一人で使う分にはメカニカルキーボードがいくらうるさくても、自分さえ我慢できればいいんですが、

LINE会議でこの打鍵音はうるさすぎます。

いちばん打鍵音のうるさい青軸をえらんだのも失敗でした。

それに、いつ会社の人間からライン電話がかかってくるかわからないので、

このメカニカルキーボードをメインとして使用することはできなくなりました。
 
 
詳細はこの記事でも書いています。▼

www.sumo-pula.com

 

打鍵音がうるさすぎるので、テレワークや在宅勤務では使わないほうがいいですね。

 

今はマジックキーボードを使っています。これはだいぶ打鍵音が静かで、しかも打ちやすいので。

 

②タイプミスが多い

これは青軸特有の性質なのかもしれませんが、このメカニカルキーボードを使っていると、

かなりタイプミスが多くなります。

キーを最後まで押し込まなくても、半分くらい押したところで文字が入力されるんですよ。

ネットゲームをよくやる人であれば、この方が反応が早いのでいいんでしょうが、

俺はゲームをあまりやりません。

なので、文章の執筆をメインにしている自分にとっては、このキーボードの性質は使いにくいです。

マジックキーボードなら、キーを最後まで押し込まないと反応しないので、タイプミスは少なくすみます。

【追記】メカニカルキーボードはゲームをよくやる人が買うべきもの?

メカニカルキーボードの打鍵音の気持ち良さは好きです。

音が大きいとその分「打っている」感が出ますし、「カタカタッ、ターーンっ」みたいな爽快感もあります。

ただ、、

文章を書くだけなら、メカニカルキーボードは特に必要なかったですね。

ネットゲームをよくやる人は、メカニカルキーボードを使いこなせれば、相当強いんでしょうけどね。

この先、まだまだテレワークが続きそうなので、このメカニカルキーボードは手放すことにしました。

打鍵感は好きだが、ネットゲームをやらない俺にはやっぱり不要だったな…。

 

www.sumo-pula.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です