Small+α すもぷら

Apple製品のレビューが中心です。

Small+α

メカニカルキーボードの軸選び!青・赤・茶・黒どれを選ぶべき?

今まで半年くらい、iMac付属のマジックキーボード を使っていたんですが…… 

www.sumo-pula.com



ちょっと飽きてきたというか、違うキーボードも探検したくなってきたので、別のキーボード探しをはじめました。

そこで目をつけたのが、「メカニカルキーボード」。

ふつうのキーボードよりもカスタマイズ性が高く、よりプロ向けのキーボードです。

メカニカルキーボードには、「青軸」「赤軸」「茶軸」「黒軸」の4種類があります(他にもあるけどメジャーなのはこの4つ)。



レビューを読んでいても、どの色のキーボードを選べばいいかわからなかったので、こんなものを購入してみました。



「青軸」「赤軸」「茶軸」「黒軸」の4種類のキーを試し打ちすることができる商品です。 青軸 テスト
青軸 テスト

1.「青軸」「赤軸」「茶軸」「黒軸」それぞれの一般的な特徴

まずはそれぞれの軸の一般的な特徴をあげていきます。

青軸

青軸は、打鍵感がもっとも強いです。

「カチャカチャ」というよりは「ガチャガチャ」みたいな打ち心地です。

タイピングする力が強い人には最適です。
しかし、タイピング音がうるさいので、周囲に家族がいるときには注意が必要。

PCゲームの配信をするときにも、マイクにタイピング音が入りやすいですし、さすがに外出先ではうるさすぎて使えません。

赤軸

さっきの青軸とは反対に、打鍵音が静かです。


軽い力で打つことができるので、長時間のタイピングができます。

ただし、もともとタイピングの力が強い人は物足りなく感じるかも。

茶軸

青軸と赤軸の中間の特徴をそなえているのが、茶軸です。

買って失敗しにくいのが茶軸なので、初めて買う人は茶軸を購入するのがいいかも。

黒軸

打ち心地は赤軸に似ています。けっこう軽く打てます。

プロの人によると、「底打ちせずとも戻りが速いのでスピードタイピングができる」らしいですが、素人にはわからないレベルの差。

2.僕の感想

では、それぞれのキーを触ってみた僕の感想です。

青軸

個人的にこれがいちばん気に入りました。

僕はけっこう強くタイピングをする癖があるのですが、そんな僕にとって青軸の「ガチャガチャ」という打ち心地は気持ちいいです。

自分の部屋の中で使うだけですし、周囲の人を気にする必要もないので、タイピング音がうるさくてもべつにかまいませんしね。

いちばん作業がはかどりそう!

赤軸

超軽い打ち心地です。

力を抜いて打てるので、指は疲れにくそうですね。

ただ、やっぱり打ち心地がものたりないかな……と思います。省エネでタイピングしたい人はいいんですが、僕は全力でタイピングしたい人なので、赤軸だと「キーを打っている感じが少ない」のでものたりません。

タイピングの力が弱い人にはおすすめです!

茶軸

茶軸は、青軸と赤軸の中間ということですが……

正直、「赤軸とほぼ同じ打ち心地」に感じました。

たしかに赤軸よりも微妙に手応えがあるといか、底打ちして戻ってくる力が強いように思います。

でも、パッと打ってみた感じは赤軸と同じですね。

個人的には中途半端な気がしたので、あまり気に入りませんでした。

茶軸は中途半端ですね

黒軸

黒軸も違いがよくわかりませんでした。

赤軸よりは、打つのに力がいりますが、青軸に比べると軽い。

黒軸もなんか中途半端な打ち心地ですね。

黒軸はあまり人気がないそうです…

青軸がいちばんよかった!

正直、言わせてもらうと──
「青軸以外はぜんぶ似たような打ち心地」でした。

青軸は今までの安物のキーボードにはない打ち心地だったので、僕が買うとしたら青軸のメカニカルキーボードを買いたいですね!

ただし、今回の感想はあくまでキーテスターを人差し指で打っただけの感想です。
実際どの軸が自分に合うかどうかは、キーボードを買ってみないとわかりませんね。

気になる人は試し打ちできる家電量販店があるはずなので、探してみてください!

実際にメカニカルキーボード買いました!

www.sumo-pula.com