運営者情報

youtube著作権対策 フェアユースの画像は使ってもいいの?

フェアユース 使ってもいい どうか
僕はyoutubeにあげる動画で画像を使いたいときに、よくwikipedeiaを参照する。

wikipediaにのっている画像で、「パブリックドメイン」と書かれている画像は自由に使えるので、自分のyoutubeチャンネルやブログに使っても問題ない(一応、クレジット表記はしておいた方がいいと思うけど)。


たとえば、オバマ大統領のにっこり笑顔のこの写真は、右下にパブリックドメインと表記されているので、自由に使っていいらしい。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%90%E3%83%9E

でも、たまに「パブリックドメイン」ではなく、「フェアユース(Fair use)」と書かれていることがある。

「フェアユース」の画像は使ってもいいのか? 
そもそもフェアユースってなに? 

ちょっと考えてみよう。

フェアユースとは著作権に関するゆるーい決まり

フェアユースは、アメリカ著作権法に定められている。

「公正な利用」であれば、著作権者の許諾がなくても著作物を利用できる制度のこと。

もちろん、「公正な利用」がどの範囲なのかを決めるルールもあるのだけど、僕には難しいのでよくわからない。

フェアユースは、日本の著作権法よりも「ゆるーい」決まりになっているので、著作権侵害にうるさい日本とは違っている。

一言でいうと、フェアユースとは「常識の範囲内なら自由に使ってもいいよー」という友達同士のゆるい約束みたいなもんです。

日本はまだフェアユースを導入していない。

残念ながら、日本はまだフェアユースを導入していない。

日本は著作権について細かい決まりがあるので、「0からブロガーやyoutuberになりたい!」「自分が撮ったもの以外の写真や動画をたくさん使いたい!」という人たちにとっては、悩みのタネになっている。

「この写真使いたいけど、著作権どうなってるのかな?」
ほとんどの情報発信者は、この問題を一度は考える。

実際に、著作権侵害でチャンネルが凍結されたyoutuberもけっこういる(電撃ランキングとか)。

フェアユースをまだ導入していない日本では、フェアユースと記載された画像や動画を使うべきではないのだろうか?

よーわからん……

けっきょく、自分で撮影した画像や動画以外は、できるだけ使わないほうが安全かもしれないですね。

うーん、著作権ってホント、難しいものですな……。

個人的には、さっさとフェアユースを日本でも導入して、アメリカと足並みをそろえてほしいです。

 
 
 

そもそもフェアユースって何? という人には⬇︎⬇︎⬇︎のサイトがおすすめ。
www.bengo4.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です