つづるん

つづるブログ

Small+α

【本音レビュー】MacBook Air(2019)のバタフライキーボードは打ちやすい

MacBook Air バタフライキーボード  打ちにくい 故障

新しいMacBook Air(2020)が、2020年3月18日に発表されました。

MacBook Air(2020)にはいろんな進化がありますが、おそらくいちばん注目されているのは、

「バタフライキーボード 」が廃止された

──ということでしょう。

2019年11月13日に発表されたMacBook Pro16インチでも、バタフライキーボードが廃止されましたから、

MacBookシリーズは、「完全にバタフライキーボード が廃止された」ということになりますね。

今後、バタフライキーボード が復活する可能性も少なそうです

バタフライキーボードは、やっぱり評判が悪かったですからね……。

実は、俺、去年にMacBook Air(2019)を購入しているんですよ。


MacBook Air(2019)にはバタフライキーボード が搭載されていますが、買ったときはバタフライキーボードの悪い評判を知らなかったのです。

でも、半年くらい使ってみると……。

世間が言うほど、バタフライキーボードって悪くないやん。

と思ったので、以下にその理由を書きますね。

1.バタフライキーボードが悪いと言われるポイントに反論します

バタフライキーボードの悪い評判は、ググればいくらでも出てくるので、詳しく知りたい人はググりましょう。

一般的に、バタフライキーボード が悪いと言われるのは次のポイントです。

バタフライキーボードの悪い点

①タイピングしにくい


②疲れやすい

③壊れやすい



──このへんが、よく口コミなどでも悪く書かれています。

では、一つ一つ反論していきましょうか。

①タイピングは慣れればむしろ快適です

バタフライキーボードは、キーストロークが浅いんですよ。

⬇︎⬇︎⬇︎は俺のMacBook Air(2019)。

f:id:pineapple-bomb:20200321105906j:plain
MacBook Air(2019)のキーボード


f:id:pineapple-bomb:20200321105856j:plain
真横から見ると、かなりキーがうすいのがわかりますね。


アップルさんが、

MacBook Air本体を軽くして持ち運びしやすくするために、キーも限界まで薄くしてあげるよ!

──と思って、ここまでキーを薄くしたんでしょうね。

ふつうのキーボードに比べると、キーを押した感覚があまりありません。

他のキーボードに慣れている人は、バタフライキーボードに慣れる前に「バタフライキーボード は打ちにくい!」というレビューを書いているのではないかと思います。

「使いにくい!」というネガティブなレビューは、ポジティブなレビューよりも拡散されやすいですからね。

慣れるとむしろ長時間のタイピングが可能

バタフライキーボードを打つときには、力はいりません。

キーを「押す」のではなく、キーを「なでる」ように打つのが大事なのです。




口で説明するのは難しいですが、指の力を抜いて、押すのではなく表面をやさしくなでるようにすると打ちやすいですよ。

慣れるのには時間がかかる

ただ、正直言ってバタフライキーボード 独特の打ち方に慣れるのには時間がかかるかも。

俺もバタフライキーボードを使うまでは、ふつうのキーボードを使っていて、けっこう力を入れてバシバシ打っていたので、



力を抜いてリラックスするという打ち方には、なかなか慣れませんでした。

1ヶ月くらい使っていたら、そこそこ慣れてきましたが。



力を抜いた打ち方にさえ慣れれば、流れるようにタイピングできるので、打ちやすくなるはずです。

他のキーボードが「剛の構え」とするなら、バタフライキーボードは「柔の構え」です。

余計な力を抜いて、リラックスしてタイピングしましょう



②慣れれば疲れにくいよ

疲れにくさに関しても、

慣れれば疲れにくい。

──ということです。

さっきも説明したように、余計な力を抜いてリラックスして打てば、長時間疲れずにタイピングすることも可能です。

バタフライキーボードは、強くタイピングするとすぐに疲れます。

キーストロークが浅いので、キーを強く押しても、衝撃をあまり吸収してくれない感じです。

体感してみたい人は、机の上をキーボードだと思って指で強くタイピングしてみてください。

すぐに疲れると思います

でも机の表面を押すのではなく、優しく女性の肌をなでるような感じでタイピングすると……。


むしろ疲れにくくなります。

f:id:pineapple-bomb:20200321113215j:plain
バタフライキーボードの打ち心地は、机の表面と似ている気がする。


【追記】

ただ、実際やってみるとわかりますが、長時間のタイピングをリラックスして打つって、けっこう難しいかも。

俺がバタフライキーボードを使っていると、最初のうちは力を抜いてリラックスして打てるんですが、数時間たつとどうしてもタイピングが強くなっちゃいます。

集中力が切れてくると、力を抜いてタイピングするのは難しい気がします。

とくに、締め切り時間まであとわずかしかないとか、ちょっとイライラしているときとかに、「力を抜いてタイピングしろよ!」と言われてもそれはむずかしいっすよ。

でも、力を入れてタイピングすると、すぐに指が疲れてくるので、余計にイライラするという負のサイクルが……。



俺みたいに何時間もリラックスしてタイピングすることが苦手な人もいると思うので、この点は注意がいりますね。


俺はバタフライキーボードを使うときは、意識して力を入れないように自分に言い聞かせてます。笑



MacBook Air(2019)のキーボード。US配列なので、見た目スッキリでかっこいいでしょ?

③壊れやすいけど、無料修理サポートがあるよ

バタフライキーボード は壊れやすい


──これはよく言われます。

バタフライキーボードがMacBookに初めて搭載されたのは、2015年くらいだったと思いますが、その頃の初期のバタフライキーボードは故障がかなり多かったみたいですね。

隙間からホコリが入り込んで、キーが効かなくなったり、同じ文字が勝手に連続で入力されたり……。

ただ、バタフライキーボードもそれから毎年改良されています。



俺の使っているMacBook Air(2019)のバタフライキーボードは、だいぶ改良されていて、打ちやすさも上がっていますし、壊れにくくなっているようです。

俺のMacBook Airはもう10ヶ月以上使っていますが、バタフライキーボードが壊れる気配はありません。
(ただ、それほどヘビーに毎日使っているわけではないのですが……)



仮に壊れたとしても、アップルが無料で修理してくれるサービスがあります。 ⬇︎⬇︎⬇︎

MacBook、MacBook Air、MacBook Pro キーボード修理プログラム - Apple サポート



f:id:pineapple-bomb:20200321120415j:plain
俺のMacBook Air(2019)も無料修理の対象になっています。

やはり壊れる可能性はあるんでしょうね

公式によると──

文字が勝手に反復入力される

文字が表示されない

押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、または、キーを押した時の反応が一定しない



──バタフライキーボード がこのような状態になった場合には、無料で修理してくれるらしい。

逆に言うと、バタフライキーボードはこういう故障が起こりやすいということなんでしょうね。

無料修理サービスが4年間もついているのはお得だよ

ちなみに、このバタフライキーボード の無料修理サービスは、

本プログラムは、対象となる MacBook、MacBook Air、MacBook Pro に対し、その最初の小売販売日から 4 年間適用されます。

──ということで、購入した日から4年間有効だそうです。

めっちゃサービス期間長くない?

そうなんですよ。

バタフライキーボードはたしかに故障するリスクがふつうよりも高めですが、

無料修理サービスが4年間もついていることを考えると、安心できるんじゃないでしょうか?

MacBook Air(2019)片手でも持てる軽さはまさに「Air」

【まとめ】買い換える必要はないと思う

いま、MacBook Airを使っている人はもしかしたら、

「うわ、新しいMacBook Airのキーボード打ちやすそう! 買い換えようかなー」

──と思っているかもしれません。

でも、個人的には買い換えるほどではないかな、と思います。

「バタフライキーボードにどうしても慣れない!」というなら仕方ないですが、

俺のようにバタフライキーボードを気に入って使っている人もいるんだということは、知っておいてほしいかな。

ただ、正直言って、今からMacBook Airを初めて買うという人には、バタフライキーボード搭載の古いMacBook Airを特別おすすめすることはしないですね。

結局、バタフライキーボードが万人におすすめできるキーボードではないことは間違いないですからね!



俺の言いたいことをまとめると、

今、バタフライキーボード 搭載のMacBook Airを使っている人は、そのまま使い続けてもいいと思う。


ただ、今から初めてMacBook Airを買う人には、バタフライキーボードが廃止された最新版のMacBook Airをおすすめします。

──ということです。

それから、最後にもうひとつ。

バタフライキーボードは、そんなに悪くないぞ!



新発売のMacBook Airは、⬇︎⬇︎⬇︎のリンクからどうぞ。

Amazon CAPTCHA



俺の使っているMacBook Air(2019)は⬇︎⬇︎⬇︎からどうぞ。