運営者情報

【英語で読む】『ノルウェイの森』名言13選

ノルウェイの森 村上春樹 名言 英語

今回は村上春樹の『ノルウェイの森』の名言を13個集めました。

村上春樹作品でいちばん有名な作品ですが、まあ難しいですね、内容は。
 
 
翻訳もかなり読みやすく、日本語に忠実に訳されている感じです。

底本はこちら⬇︎⬇︎⬇︎。翻訳者はJay Rubinです。

 

1
飛行機が着地を完了すると禁煙のサインが消え、天井のスピーカーから小さな音でBGMが流れはじめた。それはどこかのオーケストラが甘く演奏するビートルズの「ノルウェイの森」だった
 
 
Once the plane was on the ground, soft music began to flow from the ceiling speakers: a sweet orchestral cover version of the Beatles’ “Norwegian Wood”.
 
 
2
もちろん直子は知っていたのだ。僕の中で彼女に関する記憶がいつか薄らいでいくであろうことを。
だからこそ彼女は僕に向かって訴えかけねばならなかったのだ。
 
「私のことをいつまでも忘れないで。私が存在していたことを覚えていて」と。
 

そう考えると僕はたまらなく哀しい。なぜなら直子は僕のことを愛してさえいなかったからだ
 
 
She knew that my memories of her would fade. Which is precisely why she begged me never to forget her, to remember that she had existed.
 
The thought fills me with an almost unbearable sorrow.
Because Naoko never loved me.

 
3
死は生の対極としてではなく、その一部として存在している。
 
Death exists, not as the opposite but as a part of life.
 
4
彼女の求めているのは僕の腕ではなく誰かの腕なのだ。彼女の求めているのは僕の温もりではなく誰かの温もりなのだ。
 
僕が僕自身であることで、僕はなんだか後ろめたいような気持ちになった。
 
 
My arm was not the one she needed, but the arm of someone else.
My warmth was not what she needed, but the warmth of someone else.
 
I felt almost guilty being me.
 
5
「現代文学を信用しないというわけじゃないよ。
 
ただ俺は時の洗礼を受けてないものを読んで貴重な時間を無駄に費やしたくないんだ。人生は短い」
 
 
” It’s not that I don’t believe in contemporary literature,
 
but I don’t want to waste valuable time reading any book that has not had the baptism of time. Life is too short.”

 
6
孤独が好きな人間なんていない。失望するのが嫌なだけだ。
 

Nobody likes being alone. I just hate to be disappointed.

 
7
「紳士であることって、どういうことなんですか?もし定義があるなら教えてもらえませんか?」
 
「自分がやりたいことをやるのではなく、やるべきことをやるのが紳士だ」
 
 
” What does it mean to be a gentleman? How do you define it?”
 
” A gentleman is someone who does not what he wants to do but what he should do.”
 
8
「ねえ、私たち反革命なのかしら? 革命が成就したら、私たち電柱に並んで吊されるのかしら?」
 
 
” Hey, are we counter-revolutionaries? Are we going to be strung upon telephone poles if the revolution succeeds?”
 
9
「こんな風に雨が降ってるとまるで世界には私たち3人しかいないって気がするわね。
 
ずっと雨が降ったら、私たち3人ずっとこうしてられるのに」
 
” When it’s raining like this, it feels as if we’re the only ones in the world.
 
I wish it would just keep raining so the three of us could stay together.”
 
10
「すごく可愛いよ、ミドリ」
「すごくってどれくらい?」
「山が崩れて海が干上がるくらい可愛い」
 
” You’re really cute, Midori.”
” What do you mean really cute?”
” So cute the mountains crumble and the oceans dry up.”
 
11
「君が大好きだよ、ミドリ」
「どれくらい好き?」
「春の熊くらい好きだよ」
 
” I really like you, Midori. A lot.”
” How much is a lot?”
” Like a spring bear.”
 
12
「自分に同情するな。自分に同情するのは下劣な人間のやることだ」
 
「覚えておきましょう」と僕は言った。そして我々は握手をして別れた。彼は新しい世界へ、僕は自分のぬかるみへと戻っていった。
 
 
“ Don’t feel sorry for yourself. Only arseholes do that.”
 
“ I’ll keep it in mind.” I said. We shook hands and went our separate ways, he to his new world, and I back to my swamp.
 
13
僕は今どこにいるのだ? 僕は受話器を持ったまま顔を上げ、電話ボックスのまわりをぐるりと見回してみた。僕は今どこにいるのだ? でもそこがどこなのか僕にはわからなかった。見当もつかなかった。
 
いったいここはどこなんだ? 僕の目にうつるのはいずこへともなく歩きすぎていく無数の人々の姿だけだった。
 
僕はどこでもない場所の真ん中から緑を呼びつづけていた。
 
 
Where was I now?
Gripping the receiver, I raised my head and turned to see what lay beyond the phone box. where was I now? I had no idea. No idea at all.
 
Where was this place? All that flashed into my eyes were the countless shapes of people walking by to nowhere.
 
Again and again I called out for Midori from the dead centre of this place that was no place.
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です