運営者情報

Amazonの奴隷と化したデリバリープロバイダって何?|解説します

f:id:pineapple-bomb:20190814140230j:plain

Amazonをよく使う人なら一度は見たことがあるのでは?

注文した商品の配送状況を確認すると、

配送業者の欄が、「デリバリープロバイダ」になっているのを。

 

特に最近は、デリバリープロバイダによる配送が増えた気がします。
 
 

おそらく、激増するAmazonの注文量に耐えきれず、ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便の大手三社がキャパ越えしているせいで、
デリバリープロバイダの配送が増えているのではないでしょうか。
 
 

特にヤマト運輸は、Amazonの単価のあまりの安さに耐えかねて、徐々にAmazonから撤退しつつあります。
 

Amazonは宅配業務をほとんど下請けに放り投げていますので、宅配の現場はえらいことになってます。 

 
 

ここでは、デリバリープロバイダについて説明していきましょう。

 

デリバリープロバイダのことは、DPと呼びますね。

1.Amazonが契約している配送業者一覧

Amazonで注文した際に決まる配送業者は次のうちのどれかです。

  • ヤマト運輸
  • 佐川急便
  • 日本郵便
  • カトーレック
  • デリバリープロバイダ
  • ヤマトホームコンビニエンス
  • SGムービング
  • プラスカーゴサービス

※海外の配送業者もありますが、ここではカットします。

 

ほとんどの場合は、ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便の三つのうちのどれかだったのですが、最近はデリバリープロバイダが増えてます。

2.DPの配送業者一覧

実はデリバリープロバイダという会社が存在するわけではありません。

Amazonによると、デリバリープロバイダとは、

Amazon.co.jpと提携している地域限定の配送業者の総称です。TMGSBS即配サポート、札幌通運、丸和運輸機関、若葉ネットワーク、ギオンデリバリーサービス、ヒップスタイル、遠州トラック、ロジネットジャパン西日本のいずれかが配送します。

 

つまり、デリバリープロバイダという名前は、

「総称」であるということですね。

なので「デリバリープロバイダ」という名前の配送業者が、実際に街を走っているわけではありません。

 
 

Amazonの配送業者のところに、「デリバリープロバイダ」と表示された場合、

  • TMG
  • SBS即配サポート
  • 札幌通運
  • 丸和運輸機関
  • 若葉ネットワーク
  • ギオンデリバリーサービス
  • ヒップスタイル
  • 遠州トラック
  • ロジネットジャパン西日本

この9社のうちのどれかが配送してくれるというわけです。

 

DPとは「配送業者の群れ」であるとイメージするとわかりやすいです。

 
ところで、このDPの中の配送業者、見事に聞いたことのないものばかりですよね。
 
 

メモ
それぞれ別の会社ですが、共通の配送システムを使っているらしく、どの会社であろうと追跡調査ができるそうです。

個々の会社についてくわしく知りたい方は、こちらのサイトが詳しいです。▼

https://bazu-media.com/information/delivery/

3.トラブル例

悪い評判が多いDPですが、具体的にどんなトラブルがあるのでしょうか?

 

 驚いたのは、ほとんど拡散されていないこのツイートにAmazonの公式アカウントが丁寧に謝罪のコメントをつけていたことです。

まさかツイートを一つ一つチェックしているわけではないでしょうが、かなり丁寧な対応で好印象ですね。

 

 

他にも配達員の愛想が悪い、来ていないのに不在だったと嘘をつく、などネガティブレビューの嵐です。

DPが全て悪いわけではない

ただ一つ注意しておきたいのは、DPの配送業者が全て悪いわけではないということ。

 

ほとんどの人はDPの中のどの配送業者が配達してくれたかを気にしないので、

DPをひとまとめにして批判してしまっているのです。
 

さっきも書きましたが、DPの中にはいろんな会社が含まれているので、全ての会社の配達の質が悪いとは限りません。

 

 

わざわざ「デリバリープロバイダ」という名称に統一したのは、消費者が分かりやすくするためなのでしょうが、それが裏目に出てしまってますね。

4.DPの悪質さの原因

ヤマト運輸が徐々にAmazonから撤退しつつあるのは有名ですが、それはヤマト運輸ほどの大手企業だからできること。

 

DPに所属する配送業者たちは零細業者ばかり。
 

価格交渉力も弱いですし、なんとかAmazonに食らいつくしかないわけです。

 
 

Amazon側からしても、安い価格で配送を請け負ってくれるDPは貴重な戦力(というか、カモ。というか奴隷)なのです。

DPがアマゾンの奴隷だというのは、こういうことなんですね。
 

安い価格で莫大な荷物の配送を押しつけられているわけですから。

 

そして末端の現場配達員たちは、会社の上層部からピンハネされた安い給料で、夏も冬も一日中街を駆けずり回っているのです。

疲労がたまってサービスの質が落ちるのも、まあ仕方ないかもしれません。

5.DPによる配送は増えていく

これから先、DPによる配送は増えていくと思います。
 

ヤマト運輸という大手が撤退しつつあるのだから、そのしわ寄せはDPに向かいますから、当然ですね。

 
 
DPが配送してくれる機会は、もっと増えてくると思います。

DPを避けるには?

DPを避ける方法を、いくつか紹介します。

安心はコンビニ受け取り

今のところ、一番確実なのは、

「コンビニ受け取り」にすることです。

アマゾンで注文するときにコンビニ受け取りに設定できますので、それを使いましょう。

 

コンビニ受け取りならDPではなく、ヤマト運輸が扱ってくれるそうなので、安心ですね。

お届け日時指定便は△

お届け日時指定便にすると、DPを回避できるという意見もありましたが、これは100%ではありません。
 

お届け日時指定便でもDPで届いたと言う報告がけっこうあったので。

6.僕もDPを使ってみた

僕も先日、Macbookにとりつけるためのハブをアマゾンで購入したのですが、
配送業者の欄がデリバリープロバイダになってました。

 

嫌な予感がしましたが、お届け予定日にきちんと配達されたので、結果的には悪くなかったです。

 

ただし!

精密機器の配達なのに、梱包が雑でした。

僕が購入したのは、Macにとりつけるハブなので、精密機器です。

もっと厳重に梱包してもいいと思うんですが、実際に届いたのはこれ。

 

f:id:pineapple-bomb:20190814132234j:plain

ペラペラの薄い封筒の中に、これまた薄いプチプチが入っているだけ。

その他の梱包剤はありませんでした。

 

まあ、書籍の配送であればこれでいいですよ。捨てるゴミも少なくてすみますしね。

 

ただ、精密機器の配送でこれはちょっと……。ねえ。
 
もう少し、丁寧に梱包してもらいたかったですね。

7.トラブルは速やかにAmazonに連絡

DPに限らず、配送でなにかトラブルがあれば、Amazonのカスタマーサービスに連絡しましょう。

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/contact-us?ie=UTF8&ref_=cssoc_TW_CU_RE

 

DPに直接連絡するのもいいですが、人手不足のせいでコールセンターが機能不全になっているらしく、なかなか繋がらないことが多いそうです。

DPではなく、Amazonに直接連絡する方がいいですね。

8.配送業者を選べるオプションはつくか?

ネット上には、「Amazonで注文したとき、自由に配送業者を選べたらいいのに」という声が上がっていますが、おそらく無理でしょう。

 

今の時点で配送業界はいっぱいいっぱいですからね。

 

もしかしたら、追加料金を払えば好きな配送業者を指定できる、という限定的なオプションはつくかもしれませんけどね。
 
これから先も、DPによる配送は避けにくいと思います。

まとめ

DPには改善点が山ほどありますが、しばらくはAmazonがDPと契約を切ることはないでしょう。

むしろ、どんどんDPの配送が増えてきそう……

 

現実的な対策としては、

Amazonで厳重に配送してくれないと困る精密機器を注文する場合は、DPを避けるためにコンビニ受け取りにすべきかも。

書籍や小物や衣服など、特に割れ物でないのなら、DPでもそんなに問題がないのではないでしょうか。

 

以上、デリバリープロバイダの説明でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です