運営者情報

伝えたいことは3つにしぼれ!スティーブ・ジョブズのプレゼン術に学ぶ

f:id:pineapple-bomb:20200218095919j:plain

スティーブ・ジョブズのプレゼン技術を集めた本です。

iPhoneで世界に魔法をかけたジョブズの、驚異のプレゼン技術。
いくつか、その技術を紹介しましょう。

1.伝えたいことは3つにしぼる

人間はものごとを数秒程度しか覚えていられません。

短期記憶ってやつですね

脳みそは、めんどくさがり屋なので、あなたが伝えたいことのすべてを伝えたとしても、覚えて帰ってもらうことはできません。

そこで、ジョブズは伝えたいことを3つに絞っていたそうです。

人間は3つという数字が覚えやすいらしいのです。

言われてみれば、三銃士・3匹の子豚・「自由、平等、博愛」(フランス国旗にこめられた意味)などがあるように、3つというのはインパクトがあって覚えやすい。

伝えたいことを3つに絞ると、人は覚えやすいらしいです!

f:id:pineapple-bomb:20200218092708j:plain

伝えたいことは、3つ以下にしぼりましょう。

2.日常に置きかえる

iPhoneの売り上げ台数が400万台だったとき、あなたは聴衆にそのことをどう伝えますか?

「今までに売れたiPhoneは400万台です!」とそのまま伝えるでしょうか?

ジョブズはiPhoneの売れ行きを、こんなふうに伝えました。

「今までに売れたiPhoneは400万台。400万を200日で割ると1日平均2万台のiPhoneが売れたことになる」

単に400万台と言われても、ほとんどの一般人にはイメージできません。 非日常的すぎるからですね。

そこで、「1日あたり何台売れたのか」と言いかえて、誰にでもわかりやすくしています。

難しいことも、日常的なことに置き換えると伝わりやすいですね!

他にもジョブズは、新製品iPodシャッフルの発表の場で──

「iPodシャッフルはガムより小さくて軽いんだ」

──とアピールしました。

iPodシャッフルという未知の商品を、誰にでもイメージできるガムと比較することによって、よりわかりやすくしていますね。

ジョブズ、すごい!

3.シンプル・イズ・ベスト

2008年にMacBook Airが新発売になったとき、ジョブズはただの茶封筒からMacBook Airを取り出しました。

MacBook Airの薄さを強調したかったんですね!

そのときにジョブズがプロジェクターに映したスライドは、とてもシンプルでした。

f:id:pineapple-bomb:20200218094341j:plain
https://www.youtube.com/watch?v=NGM4PXbUnBcより

なんと、茶封筒が一枚映っているだけ。

文字も数字もなにもなし。

ここぞというときには、シンプルなほうが聴衆の心を動かすのでしょうね。

つい不安になって、たくさんの情報を1枚のスライドにつめこんでしまう僕は、ぜひとも見習わないといけません!

【まとめ】アインシュタインの言葉

アインシュタインは、「簡単な説明ができないのは、十分に理解できていないからだ」と言いました。

本当に理解していれば、スライドがシンプルでも問題ないはずです。 

あとは、自分の言葉で説明すればいいのですからね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です