Small+α すもぷら

昨日までの自分に小さな+αを足していくブログ

僕がデジタルメモ「ポメラ」DM30を使わなくなった5個の理由

f:id:pineapple-bomb:20190904073232j:plain

デジタルメモ「ポメラ」を知っていますか?

余計な機能を一切なくして、文章のみを集中して書きたいときに便利なものです。

 

昔のワープロに近いものです。

小さくて軽量なので、どこにでも持ち歩いて、どこでも文章を書けるのがメリット。

 

 

僕は3ヶ月前に購入したものを今まで使っていました。

最初は、とても軽くて電池の持ちも最高なので外に持ち歩いて使っていたのですが、

最近はあまり使わなくなりました。

なぜなら!

MacBookAirを買ったから。

 

www.sumo-pula.com

 

最初に結論ですが、MacBookAirがあればデジタルメモ「ポメラ」は必要ない。

ポメラのメリットは━━

  1. ネットサーフィンができないので、文章執筆のみに集中できる
  2. 電池の持ちがいい
  3. 電子ペーパーなので目が疲れにくい
  4. どこにでも持ち運べる軽量性

こんなところでしょうか。

 

 以下では、「ポメラ」のデメリットをあげていきますね。

 

デメリット1 軽いけど分厚いのでかさばる

ポメラは確かに軽いですが、分厚いです。 

バッグに入れると意外とかさばります。 

 

ポメラ かさばる 厚い
f:id:pineapple-bomb:20190903105224j:plain

左がポメラ。 右がMacBookAir。

 

ポメラに比べてMacBookAirは4分の1くらいの厚さ。

もちろん重量はMacBookAirの方が重くて、ポメラが450g。MacBookAirが1.25kg。

3倍くらい重量差がありますが、どっちにしても軽いです。

 

外に持ち運ぶならやはりデザインがかっこいいMacBookAirを、僕は選んでしまう。

 

デメリット2 起動時間がやや遅い

これは毎回使っているとかなりのストレスになります。

ポメラは、電源を押してから起動するまで約8秒くらいかかります。

MacBookAirならもっと早いので、やはりこの点がストレスフル。

何かメモをとりたい場合は即効性が大事なので、8秒待たされるのはつらいですね。

 

デメリット3 デザインが微妙

MacBookAirと比べるのはかわいそうですが、ポメラはデザインが微妙。

特にキーボードが観音開きになっているのが、ちょっとダサい(個人の感想です)。

 

ポメラ ださい

 

デメリット4 膝の上に置くとバランスが悪い

電車など机がないところで座っているとき、膝の上に置いて使おうとするとバランスが悪いです。

商品画像をみてもらうとわかりますが、キーボードの横幅に比べて画面の横幅が小さいので、重量バランスが悪いのです。

膝の上に置くと、不安定で打ちづらい。

このデメリットを解消したい場合は、DM200シリーズを使ったほうがいいかも。

DMのほうがバランスのいい形状なので、膝の上でも安定しそうですね。

 

 

デメリット5 キーボードの打鍵音がうるさめ

MacBookAirに比べると、ポメラのキーボードのストロークはやや深いせいか、打鍵音がけっこう響きます。

図書館では正直、音が気になって使いにくい。

僕のMacBookAirは、キーストロークが浅い上にキーボード保護シールを張っているので、打鍵音はかなり小さめ。

外で使うとなると、打鍵音が大きいのはかなり気になるデメリット。

まとめ

ポメラのデメリットはこんなところでしょうか。

最初のうちは、図書館で調べた本の内容をメモるために使ってたんですが、MacBookAirを買ってからは、ポメラの出番は少なくなりました。

というか僕はこのブログをやっているので、インターネットに接続してブログ更新することができないポメラは使い勝手が悪い。

どうしてもMacBookAirで書いて、そのままブログ更新という流れになります。

(ポメラで書いた文章をMacBookに送ることはできます)

 

正直、Macのノートパソコンを持っている人はポメラを買う必要ないですね。

ポメラをおすすめできるのは━━

  1. Macのノートパソコンを持っていない人
  2. インターネットの誘惑を受けずに完全に文章執筆に専念したい人
  3. 目に優しく使いたい人(ポメラの電子ペーパーは目に優しい)
  4. ブログをやっていない人

こんな人でしょうか。

 

ポメラの購入を検討している人は参考にしてください!