初めましての人への自己紹介

セックスシーンが濃厚な映画 おすすめランキング

セックス 映画 おすすめ

映画のセックスシーンって、やっぱり美しいですよね。

 

役者さん同士が本当にヤっているのかなー、なんて思ったり。

  

セックスシーンが濃厚な映画って、いっぱいあるんですが、だいたいは駄作ですね。

 

エロだけで売り出した映画は、すぐに消えて、忘れられます。

 

ここでは、エロいセックスシーンがあり、しかも名作でもある映画を紹介しましょう

 

 

5位 ノック・ノック

 一言あらすじ

キアヌの家に、ずぶ濡れの美女二人が一夜の宿を求めて訪ねてくる。

 

追い返すわけにもいかず、家に招き入れてしまったキアヌは悪夢のような一夜を過ごすことに……。

見どころ 

一般的には駄作と言われていますが、ラストシーンがSNSの恐怖(あっという間に拡散してしまう恐怖)を端的に描いていたので、個人的には傑作かなと。

 

まあ、わざわざキアヌ・リーブスを使うのは、どう考えてももったいなかったと思いますが。

 

やはり、美女であろうとなかろうと、女性に正面からお願いされると、男性としては断りにくいものです。

 

そこにつけこんだハニートラップを描いた映画ですね。

 

男を破滅させる魔性の女のことを、フランスでは「ファム・ファタール」(Femme fatale)というそうですが、

 

この映画に出てくる女性2人組は、まさに「ファム・ファタール」ですね

 

セックス 映画 ランキング

 (予告編より)

 

4位 アンダー・ワールド

 一言あらすじ

中世を舞台にしたヴァンパイア系の物語。

かなりクセがあってグロいシーンも多いけど、ハマる人はハマる暗い世界観。

見どころ

狼男と吸血鬼の美女とのセックスシーンが、すごい濃厚。

 

狼と吸血鬼のセックスってなにそれ、異種姦?と思うかもしれませんが、セックスするときは、人間の姿に戻ります。

 

この映画の中世的な雰囲気は、ゲームで言うと「スカイリム」や「ダークソウル」に近いので、あの暗い世界観が好きな人は、セックスシーン 以外も楽しめるはず。

 

3位 アノマリサ

 

 

一言あらすじ

裕福な暮らしを送る中年の男。不自由ない暮らしだが、どこか倦怠感がとりついている。そんなとき「特殊な声」を持つ女性に出会う。 

見どころ

大人向けのストップモーションアニメ。

 

ディズニーっぽい雰囲気ですが、ストーリーは大人向けで落ち着いたトーンです。

 

主人公の中年男が、若い女性の「インカ帝国の初代皇帝」を舐めるシーンがあるのですが、そこが見どころ。

 

「インカ帝国 初代皇帝」でググると意味がわかります。

 

2位 失楽園

 

 一言あらすじ

不倫に走る中年男女をねっとりと描いた物語。

見どころ

日本中の主婦が夢中になった日本映画。

 

不倫を肯定するかのような内容でしたが、多くの30代以上の女性がこの映画を高く評価したらしい。

 

特にラストは衝撃的で、これこそが本当の愛なのかなあと思わされます。

 

愛する人とつながったままで死んでみたくない?

 

1位 ラブ・アンド・ドラッグ 

 

一言あらすじ

医薬品会社につとめる営業マンの男と、パーキンソン病を患う女性との恋愛。

見どころ

いわゆる難病恋愛モノ映画。

 

パーキンソン病の女性を演じるアン・ハサウェイの演技がすごいです。

 

アメリカの医療問題の根底をゆさぶる問題を描いているので、社会派の映画としても見れます。

 

パーキンソン病を知るきっかけにもなる映画。

 

うーん、なんでしょうね。

病気を持っていて、自分の人生がハンディキャップを背負っていることを自覚していると、恋愛観って変わりますよね。

 

好きになればなるほど、相手の荷物を重くしてしまうことに気づきますから。

 

セックスシーンも濃厚ですが、それだけでなく、パーキンソン病を患った女性の恋愛観にも注目したいところです。

 

まとめ

「なんでわざわざ映画でセックスシーンを見るのか?」

そう思う人もいるかもしれません。

 

単に、性欲を処理したいという動物的欲求ならば、AVを見てればいいんです。

 

 

なぜ、映画のセックスシーンが、AV以上の快感をもたらすのかというと、

映画には上質なストーリーがあるからです。

 

とことん感情移入したうえで、愛する人と結ばれるところに人はカタルシスを感じるのです。

 

まさに映画のセックスシーン というのは、人間を人間たらしめている、人間のみに許される高度な映像芸術と言えるでしょう。

 

 

 

──とまあ、こんなことはどうでもいいので、よろしければどれかおひとつでも見ていただけると、幸いです。^ – ^

 

 

★この記事を気に入ったあなたはぜひ⬇︎⬇︎⬇︎の記事もどうぞ……★