初めましての人はこちらから

サルトルの『嘔吐』|主人公はなぜ救済された?

サルトル 嘔吐
今回はかなり難しい小説を紹介します。
 
いやー、この本は読むのたいへんだった……。

1.サルトル『嘔吐』

サルトルが、1938年に書いた小説。

第二次大戦よりも前の小説なのに、今も読まれ続けているなんてすごい。

一言あらすじ

無職の30歳男が、フランスの港町で悩みながら生き、何度も吐き気に襲われる話。

無職の中年男が主人公

哲学的小説なので難しいと思われがちですが、物語は簡単。

 

30歳男が港町をうろついているだけの話ですから。

 

殺人事件が起こるわけでもありません。

 

この男がまた悲惨なんです。

 

ぜんぜん定職につこうとせず「もう少し自分探しをしているうちに、やりたいことが見つかるはずだ」と逃げ続けていたら、いつの間にか30歳になっていたという男。

2.何度も吐き気に襲われる

男は何度も吐き気に襲われます。この吐き気の正体は何なのか? 

これが重要な伏線になってきます。

 
 

引きこもりがちなこの男が、外に出ると何度も吐き気が起こります。

腹の底から盛り上がってくるような、グググっとした吐き気が。

その正体はラストで明かされます。

 
 

男が吐き気の正体に気づくシーンは、小説界だけでなく哲学界でも超有名なシーンです。 

その後、男は救済?されて、自分のすべきことを見つけます。

目的のない引きこもり生活がめでたく終わるところで、この小説は幕を閉じます。

3.ジャズ音楽は治療薬

小説の途中で、とあるジャズ音楽が登場します。

この音楽を聞いた男は、世界がまだ希望に満ちていることに気づき、無目的な引きこもり生活から救済されます。
 

 

そのジャズ音楽がこちら。

https://www.youtube.com/watch?v=ijmpTlN3HRI

 

なぜこのジャズ音楽のおかげで引きこもり男が救済されたのか?

 
 
ここがわけわからなくて難しいんですよね。
 
 
一応、僕の解釈としては、こうです。

音符が主人公を救った
人間は目的なく生まれてくる存在だが、音符は目的が先にあって生まれてくる。
 
音符の実存に感動した主人公は、救済されたのではないか。
まあ、このへんは実存主義的な話なので、むずかしいです。
 
 
あとは、哲学でサルトル研究している人にお任せします。

4.『嘔吐』が最近、若者の間で人気?

最近『嘔吐』が若者の間で人気が出ているそうです。

特に、最近はインターネットの負の影響を受けて、リアルの対人関係が苦手な若者が多いですよね(僕も含めて)。

そういう人たちによく読まれているそうです。

 サルトル 嘔吐

「あ、この30歳の男主人公は俺のことだ!」みたいに、共感する人が多いのかも。