初めましての人への自己紹介

朝まで生テレビにおける田原総一郎の司会はひどいのか?


 
こんにちは、タロンです。

 
 
最近、「朝まで生テレビ」をよく見ています。
 

 
「朝まで生テレビ」(通称:朝生)は、各界から著名な論客を集めて、議論を交わす討論番組です。
 
 
政治的な話題が多いので、けっこう議論は荒れます。
 
 
まあ、そもそもあんなに大人数で議論しても、議論が深まるわけもなく、ただみんなが言いたいことを言っているだけの討論番組ですけどね……。
 
基本的に2人(多くても4人くらい)でないと、議論は深まりません。
 
 
基本的に、朝まで生テレビは、
視聴率狙いのエンタメ報道番組と考えたほうがいいです。
 
まあ、議論が深まらなくても、見てる分にはすごくおもしろいので僕は好きです。
 
 
 
さて、今回の本題は、朝まで生テレビで何十年も司会を務めている田原総一郎さん(以下敬称略)です。
 

1.田原総一郎の司会の評判はよくない

まず、率直に言って、田原総一郎の司会は評判が悪いです。
 
 
人の話をさえぎって自分の昔話を始めたり、話題をズレさせたりと、まあ僕が見ていてもあまりいい司会者とは思えませんでした。
 
 
しかし
 
 
僕が思うに、田原総一郎は朝まで生テレビに絶対必要だと思うのです。
 

2.田原総一郎はどストレートな質問をする

気づいたのですが、田原総一郎はすごくどストレートな質問をよくするのです。
 
 
たとえば、2017年3月21日放送分(AI革命時代の“幸せな生き方”)では、田原総一郎はパネリストの落合陽一にこんな質問をしています。
 

 

田原「それ(落合陽一が頭につけているグラス)つけてると、人が英語でしゃべっても落合さんには日本語で聞こえるわけ?」
落合「時間差はありますけどね」
田原「じゃあ中国語でもインドネシア語でもなんでも日本語になる?」
落合「はい」
田原「そうすると、英語や中国語を勉強する必要はまったくない?!
落合「いや、それはどうだろう……」

 
わかりますかね。田原総一郎は、赤文字で示したような、かなりどストレートな質問をしています。
 
 
で、こういう質問の何がすごいかというと……。
 
 
頭の良い人が集まると、意外とどストレートな質問って出ないんですよ。
 
 
なぜなら、どストレートな質問はバカに見えるからです。
 
 
頭の良い人の場合は、たいていプライドが高いので、どストレートな質問って意外としないものです。
 
 
田原総一郎は、ガンガンそういう質問をします。すると、意外なことにその質問をきっかけに議論が白熱したりするんですよ。
 
 
誰もしようとしない、どストレートでバカっぽく見えちゃうような質問もガンガンしていく田原総一郎スタイルは議論に貢献していると思うのです。

 
 
ネットでは、田原総一郎は悪い評判が多いですが、彼だからこそ議論が活発化しているところもあるはずです。
 
 
というか、もう86歳なのに、今も朝まで生テレビの司会役をできるほどの熱量と体力はすごいですよ、ほんとに。
 

【まとめ】朝まで生テレビ、ぜひ見てみてください

ネットで田原総一郎の悪い評判が多かったので、それに反発して書きました。
 
 
まだ朝まで生テレビをみたことのない人は、ぜひ見てみてください!
 
 
あなたは、彼の司会をうまいと思うでしょうか?
 
 
 
以上! タロン(@shin_taron)でした。
 
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!