運営者情報

おすすめの全集を紹介!全集を読む上での注意点なども

前回の記事に引き続き、ここでは、おすすめの全集や注意点を紹介しますね。

まず、全集を読む前の注意点から。

そのあとで、おすすめの全集を紹介します。

1.全集を読む前の注意点

単に「全集」と言っても、注意すべき点が2つあります。

①全集とはいえ収録されていないものもある

全集=その作家のすべての作品が収録されている

──と何度も言いましたが、全集の編集方針によっては、そうでないこともあります。

たとえば━━

「大江健三郎全小説」は、なんか全集っぽい感じの本ですが、

「全集」ではなく「全小説」と書いてあるように、小説のみを集めたシリーズです。

小説以外のエッセイなどは、読めません。

一口に全集と言っても、その全集を編集する人はそれぞれちがいます。

編集方針によっては、「全集」と言いつつも、一部収録されていないものもあったりしますので、注意。

POINT

その全集の内容を知りたい場合
「〇〇全集 目録」などでググると、目次が出てきますのでそれを参考にしましょう。

②作家の生前に刊行された全集は注意

全集は基本的に、大物の作家が亡くなった後に刊行されるものですが……。

中には、作家がまだ生きているうちに刊行されるものもあります。

例えば━━

筒井康隆全集は、筒井康隆がまだバリバリ生きている時に刊行されています。

なので、筒井康隆の作品を途中までしか収録できていません。

全集と書かれていても、その後作家が新作をバンバン書き始めると、もはや全集ではなくなってしまうので注意。

2.おすすめ全集の選び方

全集をえらぶ際の注意点は2つだけです!

POINT

少ない巻数の全集

自分が心から好きな作家の全集

──これだけです。

安部公房の全集は、全30巻と大ボリュームなので、へたに手を出さない方がいい。(僕も途中で挫折しました)

やはり、最初に読むべきは巻数の少ない全集がいい。

梶井基次郎全集なんかは、文庫本でたった1巻だけです!

梶井基次郎は若くして死んでるから、作品数が少ないのです。

たった一巻だけなら読めそうでしょ?

他にも、中島敦全集なんかも全3巻なので、かなり読みやすそうですね。

もちろん、たった3巻でも興味のない作家だと読むのがつらいと思うので、

なんとか「巻数が少ない+好きな作家」という黄金の条件を満たしている作家を、がんばって探しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です