Small+α すもぷら

Apple製品のレビューが中心です。

Small+α

iPhoneSEからiPhone11proに機種変更!違いを比較します

iPhoneSE 比較 iPhone11
iPhoneSEからiPhone11proに機種変更して、4ヶ月くらい経ちましたが、
あらためてiPhone11proの性能の進化っぷりに驚いています!

僕はiPhoneSEが好きで、3年以上使っていたのですが、やはりiPhone11proを使ってみるともうiPhoneSEには戻れませんね。

ここでは、iPhoneSEからiPhone11proに機種変更して感じたことを書いていきます。

この記事を読んでほしい人

iPhoneSEを今でも使っている人

中古のiPhoneSEを買おうか迷っている人

iPhoneSEからiPhone11proへ!

1.iPhoneSEからiPhone11proに機種変更して感じたメリット

まずは、iPhone11proに変えてよかったと思ったポイントからあげていきます。

①超広角カメラが便利すぎる

iPhone11シリーズには全て「超広角カメラモード」がついています。

画角が広いので、iPhoneSEのカメラとは比べ物にならないくらいの広範囲の風景を写すことができます。

画質も一気によくなっているので、iPhoneSEのカメラとはもはや別次元の存在と思った方がいいです。

②ナイトモードで夜景がきれいに撮れる

iPhoneSEのカメラは暗いところではまったく役立たずでしたが、
iPhone11proのナイトモードは、まるで昼間のような写真が撮れます。

この違いは本当に驚きました。


言っときますけど、これ同じ風景を撮ってますからね!

夜景もきれいに撮れるので、夜だろうが暗闇だろうが気にせずに写真を撮れるのはすごいです。

③ポートレート機能でプロ並みの写真が撮れる

iPhoneSEのカメラには「ポートレート機能」がついていませんでした。

ポートレート機能とは「撮りたい被写体だけにピントを合わせ、背景をぼかす」という機能です。


ポートレート機能があるだけで、プロの写真に近いものが撮れるのです。
たとえばこんな写真。⬇︎⬇︎⬇︎
iPhone11pro ポートレート
手前のカフェラテだけにピントが合っていて、背景がぼけていますよね。


カフェラテが世界の中心になっているので、「あ、撮影者は背景のおばさんではなく、カフェラテの存在をみんなに伝えたいんだな」と一目で分かります。

POINT

ポートレート機能を使えば、商品紹介もしやすいです。

真ん中に商品を置いて、それをポートレートで撮れば普通の写真よりも消費者の購買意欲をそそることができますからね!

アフィリエイトにも役立ちますね!

iPhoneSEのカメラも必要最低限の機能はありますが、やはり素人レベル感はあります。

しかし、iPhone11proのカメラはあらゆる点においてプロ仕様になっています。
カメラの性能の爆上がりは、今回のiPhone11シリーズでもっとも注目されたポイントです。

カメラの性能はマジですごいとしか言えません

④指紋認証➡︎FaceIDへ

iPhoneのSEの指紋認証はあまり精度がいいとはいえず、ちょっと手汗をかいていると反応してくれないことがたまにありました。

しかし、iPhone11シリーズは指紋認証ではなくFace IDに変更されています。

僕らの顔を認識してiPhoneのロック解除してくれるわけですが、変顔してたとしても光速で顔を認識してくれます。

体感的には指紋認証より早くなったような気がします。
ただし、マスクをした状態だと認識してくれないのは残念でした……。

⑤iosアップデートの心配が消えた

iOS13へのアップデートも安心してできます。

iPhoneSEの発売日は2016年なので、そろそろiosアップデートの対象外になるのではないかと心配でしたからね。

2019年はiOS13へのアップデートにSEも対応しましたが、その先はどうなるかわかりません。

⑥Apple PAYが使える!

実はiPhone SEでも「Apple Pay」は利用できます。

ただし、支払いに利用できる場所はApple Payに対応したアプリとWEBサイトだけに限られます。
しかも、電子マネーを利用した支払いにも対応していません。

iPhoneSEの「Apple Pay」はなんとも中途半端…

iPhone11シリーズであれば、店頭での支払いなどApple Payをフル活用できます。

最近はどんどんキャッシュレス決済が進んでいるので、Apple Payが使いにくいiPhoneSEはかなり残念です。

POINT

ちなみにiPhoneSEでもApple Watchを使えばApple Payをうまく利用できるのですが、そのためにApple Watchを買うくらいならiPhone11に機種変更したほうがよさそうです。

⑦画面が大きい

iPhoneSE 比較 iPhone11iPhoneSE 比較 iPhone11

この違いは一目瞭然ですね。
同じ画面を表示しているのに、入ってくる情報量がぜんぜん違います。

iPhone11シリーズは「ベゼルレス」デザインになっているので、画面のはしっこギリギリまで表示されます。

しかしiPhoneSEは、そもそも画面が小さく、しかも上下に画面が表示されない部分があるので、なおさら小さいのです。

iPhoneSEを使っていた頃は画面が小さくても対して不便を感じませんでしたが、iPhone11proの画面の大きさを知ってしまうともう戻れません。

あと、こうやって比べてみると画質もぜんぜん違いますね。

こんな画質の悪いiPhoneSEをずっと使っていたなんて…

⑧ホームボタンがなくなった

iPhoneSEに搭載されていた物理的なホームボタンがなくなり、iPhone11シリーズはジェスチャーで操作するようになりました。

iPhoneといえば「ホームボタン」があって当たり前だと思っていた僕。
ホームボタンが消えたことに最初はとまどいましたが、使ってみるとホームボタンなしのほうがよっぽど使いやすいですね!

ホームボタンは物理的なキーなので、使っているうちに反応が悪くなることがよくあります。

PCのキーボードでよく使うキーが壊れやすいのといっしょですね

しかも、ホームボタンは押すときにぐっと力を入れないといけないので、地味に指が疲れます。

ホームボタンはこれからも復活させなくていいですね。

⑨バッテリー容量が最強

iPhoneSEとiPhone11proのバッテリー容量は、大人と赤ちゃんほどの差があります。

iPhone11 3,110mAh
iPhoneSE 1,624mAh

僕のiPhoneSEは3年使っていますが、外出先でフルに使おうとすると半日しかもちません。

3年使ってて半日持つならまだいいほうですけどね…



それに比べて、iPhone11proは外出先でフルに使っても余裕で1日持ちます。
使い方によっては2日持ちます。

モバイルバッテリーを持ち歩く必要がないので、外出時の持ち物も減りますし、いいことずくめです。

⑩防水機能がついた

iPhoneSEにはなかった防水機能がつきました。

まあ、iPhoneを水没させた経験は僕には一度もないのですが、ないよりはあったほうがいい機能ですよね。

ちなみに、iPhone11proの防水性能は「最大水深4メートルで最大30分間」耐えられるそうです。

防水機能は地味ですが、トイレに落としても壊れる心配がないのはいいですね

2.iPhoneSEの方がよかったポイント

といっても、iPhoneSEの方が優れている点もけっこうあります。

①サイズが大きすぎる

iPhone11proは片手操作がギリギリできるほどの大きさです。

僕はかなり手が大きいですが、それでも片手操作はギリギリできるという感じです。

iPhone11シリーズは基本的に両手操作になります

両手操作の方が好きな人もいますが、僕はやはり片手操作がいいです。

両手操作だと当然両手がふさがってしまうので、なにかと不便ですからね。

iPhoneSEは片手操作が余裕でできる大きさなので、この点はiPhoneSEが良かったです……。
ちなみにiPhoneSEからiPhone11に機種変更しようとしている人は、iPhone11proがおすすめです。

iPhone11シリーズの中では、iPhone11proが最も小さいサイズだからです。

iPhoneSEの小ささに慣れている人にはおすすめです!

www.sumo-pula.com

②ポケットに入れにくいし落としやすい

これもサイズが大きいと起こる当然のことです。

僕はiPhoneSEを外出先で落とした経験がほとんどないのですが、
iPhone11proは3ヶ月で3回も落としてしまいました……。

www.sumo-pula.com

やはり大きいサイズのスマホに慣れていないせいでしょうね。

ポケットにも入れにくいので、正直iPhoneSEのほうがはるかに持ち運びしやすかったです。




マスコミはiPhoneSEがお好き?

ここで少し余談を。
マスコミ関係の職についている僕の友人から聞いた話ですが──
記者はiPhoneSEを使っている人が多いそうです。
なぜなら、「とにかく持ち運びしやすくポケットからすぐに取り出して録音や撮影ができるから。動作もそれほど遅くないから」
──らしいです。
取材先をかけまわるマスコミの人がそう言ってるんですから、iPhoneSEが携帯しやすいのは間違ないですね。



③イヤホンジャックがない

iPhone11シリーズにはイヤホンジャックがありません。

なので、優先のイヤホンをつけることができません。

iPhoneSEまでのiPhoneには当たり前のようにイヤホンジャックがついていたので、これはびっくり。


といっても僕は、音楽を聞くときはBluetooth接続のワイヤレスイヤホンを使うので、イヤホンジャックがなくても特に問題なし。

「どうしても有線のイヤホンを使いたい!」という人は、ライトニングへの変換プラグがおすすめ。

純正でも1,000円ほどで購入できますよ!

④重量が重い

iPhone11シリーズはもちろん動作は早いのですが、重量が重いです。メタボです。

iPhoneSEが116gなのに対して、iPhone11は約200g。

やはりiPhone11をずっと片手で持っていると、「ちょっと重いな……」と感じることもしばしば。
しかもケースをつけるとさらに重くなります。

たしかに高性能ですが、iPhone11の重さは残念なポイントです。

www.sumo-pula.com

⑤ノッチがめざわり

「ノッチ」とは画面の上にある切り欠きの部分で、ネットではM字や凹型などと呼ばれており、あまり評判がよくないらしいです。
iPhone11 ノッチ

ノッチはiPhoneSEにはなかったので、最初は僕もとまどいました。

最初は「なんか画面の上にノッチがあって気になる。ここにも画面を表示してくれればいいのに」
──と思ってましたが、今はもう慣れました。

なんのためにノッチがあるのか知りませんが、これは別にいらなかっただろうと思います。

まとめ

トータルとして、iPhone11proに機種変更して本当によかったと思うのですが、 iPhoneSEのコンパクトさだけは非常によかったので、その点はSEの方が圧倒的に優れています。

今でもiPhone11proをメイン機、iPhoneSEをサブ機として使っているので、iPhoneSEはサブ機としてはまだまだ活用できます。

といっても、さすがにそろそろiPhoneSEをメイン機にするのはきついかもというのが本音です。

いつiosのアップデートができなくなるかわかりませんし…

www.sumo-pula.com

www.sumo-pula.com