初めましての人への自己紹介

【コロナウイルス】リモート入社式を選ばなかった企業はヤバイ

入社式 コロナ リモート

4月1日といえば……。
そう、新社会人の入社式です。

実は今日、俺も会社の入社式があったんですが、直前でオンライン入社式に変更になりました。

ただ、周囲の状況を見ると、オンラインではなくリアルで入社式を開催した会社もたくさんあります。

この状況で、オンラインではなくリアル入社式をやる会社は、危機管理意識がなさすぎてやばいのでは?

──そう思うのも無理はないかも。

しかし、今の状況で転職するのは命取りになるかもしれません……。

だって、今はコロナのせいで転職市場も冷え込んでますし、スムーズに転職できる保証はないです。

個人的には、たとえ「都内で人集めて入社式やってるような危機意識のない会社」であっても、すぐに辞めるのはヤバそう……。

よほどの理由がない限りは、今は会社を辞めないほうがいい

──というのが、俺の結論です。

1.リモート入社式か、リアル入社式か

では、各企業の入社式の様子を見ていきましょう。

今年の入社式は大きく2つに分かれていて、

・オンラインでやる「リモート入社式」

・実際に集まってやる「リアル入社式」

──この2つがあります。

それぞれの様子を見ていきましょう。

リモート入社式をえらんだ企業

アプリは何を使っているんでしょうか? zoomですかね?

スーツじゃない人もけっこういますが、新入社員でしょうか?


こちらも完全にリモート入社式。

新入社員は自宅から参加しているみたいですね。


新入社員一人一人を画面に映しています。

新入社員のみなさんがぜんぜんスーツじゃないですね。

けっこうラフなIT系の会社なんでしょうか?


こちらは、スライドで先輩社員の自己紹介をしているみたいです。

コロナウイルスの混乱の中でも、こういうスライドをさくっと作ってしまえるのはすごいですよね


こちらも完全リモートでの入社式。

全員にマイクがつながっているとしたら、話す順番を守らないとカオスなことになりそうですよね。


こちらはzoomアプリでの入社式。

正直これだけ画面にたくさんの人の顔が表示されていると、なんか不安になりません?

自己紹介とか大変そうです。

リアル入社式をえらんだ企業

つづいて、リアル入社式を開催した企業です。

こちらは、新入社員全員ではなく、代表者のみが出席しての入社式だったようです。

だいぶ密着している上に、みんなマスクしてないけど大丈夫か……?


こちらの会社では、

「時間差をつけて出社した約170人の新入社員たちが、山下良則社長から2メートルほど離れた位置に1人ずつ立ち、激励の言葉を受けた」そうです。

リアル入社式ではありますが、コロナウイルス感染リスクを減らすように努力しているようですね。

人の少ない入社式会場は、なんか寂しい雰囲気ですね……。



こちらは、全員マスク着用の上、人と人との距離を適切にとったうえで、リアル入社式を開催したようです。

さらに、入社式の時間自体も例年の半分ほどだそうで、このへんもしっかりとコロナウイルス対策をしているようです。


では、国家公務員はどうでしょうか?

こちらは防衛省の入省式ですが、河野防衛大臣はビデオで訓示したそうです。

防衛大臣はビデオでリモートで訓示するのに、新しく入省する公務員は実際に集めるんですね。

正直言って、謎です。

ビデオで訓示するなら、家のパソコンからでも聞けるはずなのに。

なぜ、コロナウイルス感染のリスクを冒してまでわざわざ人を集めたんでしょうか?

これで感染したら、防衛省が責任取るんでしょうかね……。

2.俺はリモート入社式でよかったなと思う

いろんな意見があるでしょうが、俺はリモート入社式でよかったなと思っています。

たしかに入社式は大事ですが、感染のリスクを冒してまでやりたいとは思いません。

俺の場合は中小企業なので、新卒の数も数十人程度。

しかも、10月の内定式の時点で、だいたい顔合わせも済んでいましたから、わりと簡単にリモート入社式ができたわけです。

もちろん、リモート入社式が「なんかさびしい」というのは分かりますが、

今はそんなことよりも、移動のコストと感染のコストを下げることが大事なはずです。

やはり、東京や大阪などの都会で大勢の人を集めてリアル入社式をやっている会社は、危ないですね。

Twitterでざっと見た感じ、そこまで大規模のリアル入社式をやっているところは見当たりませんでしたが、たぶんどっかの企業はやっているでしょう。

でも!

最初にも言いましたが、だからといって「あ、この会社ぜんぜん危機意識ないやばい会社だ。辞めよう」

──これはおすすめしません。

今は、転職がむずかしいと思いますし、少なくともコロナウイルスが落ち着くまでは今の会社にいたほうがいいと俺は思います。

「非常時に企業がどんな行動をとるのか」を身近で観察できる最高のチャンスでもありますからね!