【書評】2020年8月発売のおすすめビジネス書3冊

ビジネス書 おすすめ
URLをコピーする
URLをコピーしました!

安倍首相が辞任するらしい。
 
 
調べてみると、2012年〜2020年まで首相をやってたらしいから、俺が高2の頃から大学を卒業して就職するまでずっと安倍首相と共に?過ごしてきたことになる。
 
 
大学受験に成功した時も、就職で失敗した時も、常にテレビやニュースサイトで安倍総理の顔が出ていたから、親の顔より見ているかもしれない。
 
 

ここまで長いともはや「総理大臣=安倍総理」なので、誰か別の人が総理大臣になるのが信じられない気持ち。
 
 
安倍総理の首相通算在職日数は2887日と、歴代最長らしい。
何はともあれお疲れ様でした。
 

タップできるもくじ

2020年8月発売のおすすめビジネス書3選

①JOJO『世界の女が僕を待っている』

書店で買うの恥ずかったから、アマゾンでポチった。
 
 
世界各国の性産業の実態が書かれていておもしろい。
 

言うなれば、『地球の歩き方』シリーズのエロバージョン。

 
おもしろかったのは、
読みどころ

・世界最高の風俗である、ドイツの「FKK」

 

・未承認国家「沿ドニエストル」の、旅行者には知られていない隠れた風俗

 

・アメリカの乱行祭り「バーニングマン」


──この3つはかなりおもしろかった。
 
 
扱っている国は以下の通り。▼

 
ヨーロッパが多めで、アフリカ、南米もちらほら紹介されてる。
 
 
ちなみに、中東の女性たちとは結局セックスできなかったらしい。
中東はイスラム教の戒律が厳しく、手を繋ぐことすらままならないとのこと。
 
 
セックス文化を知識として知るのはおもしろいので、風俗に興味なくてもおすすめ。
 
 
メモ
著者のJOJOさんのYouTubeチャンネルはこちら

 


 

②杉本貴司『ネット興亡記』

 
ネット時代の覇者たちの栄光や没落を追ったノンフィクション本。
 
 
おもしろかったのは、以下の章。

読みどころ

・サイバーエージェントの藤田晋➡︎第1章「いつか全員黙らせたくて」

 

・iモードの大失敗➡︎第3章「iモード戦記」

 

・Amazonの支配➡︎第6章「アマゾン日本上陸」

 

・ホリエモン逮捕とライブドアの真相➡︎第8章「ライブドア、迫る破滅の足音」

 

・東日本大震災で生まれたLINE➡︎第10章「逆襲のLINE」

 

・メルカリ創業者の凡人哲学➡︎第11章「メルカリ創業者の長い旅」


 
━━分厚いので、この章だけつまみ読みしてもOK。
 
勝つか負けるかの一騎討ちは、「三国志」的なハラハラ感があって、読むのが楽しい。

 
いちばん教訓になるのは、やはり「iモード」の大失敗だと思う。
 
「iモード」は、グーグルと提携するチャンスがあったそうですが、そのチャンスをみすみす逃した。
 
 
グーグルと提携できていたら、今でも生き残っていたかもしれないのに……。
 
「iモード」は、2019年9月にほとんどの人に忘れられたまま、完全にサービスを終了した。

 
ネット世界での生き死にを分けるのは、一瞬の判断ミスだな、と痛感。
 
メモ
ちなみに、『ネット興亡記』はドラマ化もされているので、興味ある方はそちらもぜひ。

 


 

③佐俣アンリ『僕は君の「熱」に投資しよう』

 
ベンチャーキャピタリストの佐俣アンリの熱血モチベーション本
 
 
ただし、完全に自己啓発本なので、著者に興味のある人以外は読まなくてもよいかと。
この本は別に読む必要なかったけど、他の本を読む時間がないので、これで許してほしい。
 

 

記事一覧はこちらから

 

気に入ったらシェア
URLをコピーする
URLをコピーしました!
タップできるもくじ
閉じる