【2020年】買って後悔したもの10個

2020年10月発売のおすすめビジネス書3冊

 
こんにちは、タロン(@shin_taron)です。
 
 
今回も前回の記事に引き続き、2020年10月発売のおすすめのビジネス書を紹介します。
 
 
いまだコロナウイルス関連の本は根強い人気がありますね。
 

1.2020年10月発売のおすすめビジネス書3選

①緊急提言 パンデミック

 
『サピエンス全史』で有名なユヴァル・ノア・ハラリによる、パンデミックの緊急提言です。
 
 
多くの人がコロナウイルスの大流行をグローバル化のせいにし、脱グローバル化に傾いています。
壁を築き、移動を制限し、貿易を減らせとというような、まるで鎖国政策をとろうとしている動きさえあります。
 
 
しかし、交通機関がほとんど発達していなかった中世の時代にもペストなどで大勢が死んでいるわけですからね。
 
 
コロナ感染が世界に拡大した理由は交通機関の発達だけではなさそうです。
 
 
著者は、

感染症を封じ込めるのに短期の隔離は不可欠だが、長期の孤立主義政策は経済の崩壊につながるだけで、真の感染症対策にはならない。感染症の大流行への本当の対抗手段は、分離ではなく協力なのだ。

──と言っており、鎖国するのではなく、世界で協力し合うことを説いています。
 


 

②デジタルテクノロジーと国際政治の力学

 
アフターコロナ時代、デジタルテクノロジーは一気に注目されました。
 
 
なぜなら、政府が国民の行動を監視することが当たり前になったからですね。
 
 
僕たちは、政府に「今日どこに行ったか」というプライバシー情報を提供しています。
(新型コロナウイルス接触確認アプリ COCOAなどがそうですね)
 

国民のプライバシーと安全のどっちをとるか、という問題があるわけです。
 
本書では、アフターコロナ以降、注目されているデジタルテクノロジーについて論点を整理できます。
 
 
特にFacebookは「リブラ」という仮想通貨を発行しています。
 
 
本来、貨幣の発行は国家がやっていましたが、それすらも企業がやってしまうようになったのです。
 
 
GAFAなどの巨大IT企業は、国家を超える存在になるんでしょうか……。
 

③NO RULES 世界一「自由」な会社、NETFLIX

 
最近、劇的に伸びているNetflixの企業戦略について知りたくて読みました。
 
 
Netflixは今でこそ、巨大な動画配信サービスをやっていますが、最初はDVD郵送レンタルという地味なサービスから始まったそうです。
 

今でもGEOなどは、DVD郵送レンタルサービスをやっていますが、正直、時代遅れな感はありますね……。
 
本書は、Netflixがベンチャー企業として今に至るまでの経営戦略が書かれています。
 
 
Netflixで僕が好きなスローガンは、

私たちはチームであって、家族ではない。

──というものです。
 
 
日本では、なぜか「社員は家族だ」という考えの企業が多いですが、僕は昔から社員を家族と見なすことに疑問でした。
 
 
「社員が家族」って終身雇用が存在していた時代の古い名残りですよね。
 
 
40年近く同じ会社に勤めるなら家族と言っていいかもしれませんが、多くの社員がもっと早く辞める今の時代、家族なんて言えませんよね。
 
 
社員を家族ではなく、チームと呼ぶNetflixに、僕はかなり共感します。
 

2.いちばん気に入った一冊は?

いちばん気に入ったのは、『デジタルテクノロジーと国際政治の力学』でした。
 

 
国際政治に興味のある人はドンピシャでしょう。
 
 
個人的には、国際政治とデジタルテクノロジーを両方扱った本が珍しかったので、楽しめました。
 

 
 
以上! タロン(@shin_taron)でした。
 
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!
 

記事一覧はこちらから