MENU

AppleCare+って必要ないよね?iPhone11pro買ったけどアップルケア+はいらないと思う理由

URLをコピーする
URLをコピーしました!

AppleCare 入る 高い 値段
 
新しくiPhoneを買うと、「AppleCare+に加入するかどうか」を悩む人が多いと思います。
 
僕は新しくiPhone11proを買ったのですが、

AppleCare+には入らないことにしました。

その理由を、簡単にお伝えします。
 
結論を先に知りたい人は、こちらです。
結論

・AppleCare+の保証内容はお得とは言えないが、iPhoneをよく落とす人は壊す可能性が高いので加入しておいたほうがいい。
 
・iPhoneを壊さない自信がある人は、無理に入る必要はない。

 

読者さんへ
もうすぐiPhone12が発売ですが、iPhone12でもAppleCareのコスパは基本的に変わっていないので、この記事が参考になりますよ。

 

タップできるもくじ

①AppleCare+は保証内容がしょぼいわりに、加入料金が高すぎる

まずは、通常の1年保証とAppleCare+を比較してみましょう。

  1年保証 AppleCare+
値段 0円 2万2800円
保証期間 1年 2年
電話サポート 90日 2年
壊した時の修理金額
(iPhone11proの場合)
3万400円(画面割れ)
5万9800円(その他)
7400円(バッテリー交換)
3400円(画面割れ)
1万1800円(その他)
0円(バッテリー交換)

1年保証はiPhoneを買った人全員についている保証です。
AppleCare+に入ってない場合は、必ずこっちの1年保証に入っているはずです。

ちなみに、AppleCare+はイヤホンやライトニングケーブルなどの付属品も対象になるので、保証範囲はけっこう広め。

iPhone11proの画面が割れた場合の修理料金

──たとえば、iPhone11proの画面が割れてしまったとしましょう。

画面が割れた場合だと、AppleCare+に加入していない場合の修理料金は3万400円。
AppleCare+に加入している場合の修理料金は3400円。

なんと、3万円近くの差額になるので、「かなりお得やん!」と思うかもしれません。

だが、AppleCare+の加入料金は高い

AppleCare+ 高い 料金
⬆︎⬆︎⬆︎がAppleCare+の加入料金です。(iPhone11proの場合)

iPhoneを購入するときに必ずこの画面が出てくるので、見覚えのある人もいるのでは?

2019年に新登場した「盗難・紛失プラン」は、とりあえずここでは無視します。

 
うーん。やっぱり、AppleCare+の加入料金が2万2800円というのは高すぎるんですよね。

 
 
さっきの画面が割れた例で言うと、確かに3万円分修理料金がお得になるんですが、AppleCare+の加入料金に2万円以上使っているので、結局たいしてお得にはなりません。

 
 
 
それにしても、AppleCare+の加入料金はなんでこんなに高いのか?

iPhone11proの本体価格は最低でも12万円はする、とっても高価な端末です。
 
電化製品などの延長保証では、料金の5%前後ということが多いです。

そう考えると、AppleCare+の加入料金は、6000円前後が適正価格になるはずなのです。

なのに、実際の料金は2万2800円。

延長保証料金が、本体価格の20%以上の高さになっているわけです。

これはやはり高いと言わざるをえない…。

もしAppleCare+が6000円くらいの加入料金なら、ぜったいに入った方がお得なんですけどね。

②iPhone11シリーズは頑丈なので、壊しにくい

iPhone11シリーズは間違いなく、歴代iPhoneの中でもトップクラスの耐久性があります。

 
iPhone11 Proの防水防塵レベルはついに「IP68」になりました。
最大水深4メートルで最大30分間に耐えられるほどの防水レベルです。

 
しかも防塵性能アップにより、「チリやゴミ」などが iPhone11に混入して壊れる可能性もかなり低くなりました。

 
 
それにプラスして、画面保護シール、手帳型ケースなどをつけていれば、iPhoneを壊す可能性はかなり低くなります。

あと、iPhone11シリーズには、ホームボタンもイヤホンジャックもないので、この辺が壊れる可能性もゼロです。

昔のiPhoneのホームボタンはすぐに壊れたよね…

 
 
しかも、iPhone11proは、他のiPhoneに比べて比較的小さめのサイズなので、手に馴染むコンパクトなサイズで落としにくいです。
 

iPhone11は、過去最高に頑丈です。

③バッテリー交換サービスが役立たず

「AppleCare+に入ると、バッテリーを無料で交換できます!」

━━と公式は言っていますが、規約をよく読むと、
Apple Care+のバッテリー交換は、摩耗率が20%を超えていないと無償にならないのです。

保証期間である2年以内に、iPhone11proのバッテリーがそこまで劣化する可能性は少ないです。
 

なので、このバッテリー交換サービスは、あまり良いサービスとは言えません。

メモ
たとえ2万2800円払ってAppleCare+に入ったところで、保証期間は2年までなんですよね。

コスパが悪く感じます。

まとめ|僕はAppleCare+には加入しません

僕がAppleCare+に加入しない主な理由は、こんな感じです。

やはり加入料金が高すぎるのが残念……。

たとえ、AppleCare+に入っていたとしても、修理料金がそこまで安くなるわけでもないし、 結局その保証も2年間だけ。

それなら、なるべくiPhoneを壊さないように大事に使っていこうと思います。

まあ、AppleCare+に限らずなんの保険でもそうですが、

保険はとどのつまり「ギャンブル」なので、賭け事みたいなもんです。

iPhoneを壊してしまうかどうかは、未来にしかわからないので、心配な人は加入しておいた方がいいと思います。

メモ
特に過去にiPhoneを落としたりして壊したことがある人は、AppleCare+に入っておいた方がいいでしょう。


僕は過去にiPhoneを壊したことがないので、どうしてもAppleCare+には入る気がしません……。
 
 
とりあえず、iPhoneを壊さない最低限の心がけとして、

・iPhoneにケースをつけ、画面保護シート、カメラ保護シートなんかもつけて、iPhoneを保護する

 
・iPhoneを落とさないように気をつける(できたら苦労ないけど)

──これらの点に注意したいですね。

あと、壊れた時にデータを失わないために、iCloudで定期的にバックアップをとることをおすすめします。
 
 

最後に言っておきたいんですが、お金に余裕のある人なら、AppleCare+に入っておいたほうがいいです。

僕は「ケチ+お金がない」ので、いちいち細かいところまで調べて、AppleCare+に入らないと決めましたが、
お金があるなら、公式が提供するこういう保険は入っておいた方がなにかと安心だと思います。

 
 

結論

・AppleCare+の保証内容はお得とは言えないが、iPhoneをよく落とす人は壊す可能性が高いので加入しておいたほうがいい。
 
・iPhoneを壊さない自信がある人は、無理に入る必要はない。

 
読んでくださってありがとうございました!
 
 
 
読者さんへ
★iPhone12がもうすぐ発売ですが、とりあえずはセットでクリアケースを買っておくといいと思います。
 
おしゃれなケースは後からどんどん発売されると思うので、とりあえずは無難なクリアケースを買っておくのがおすすめです。▼

 

読者さんに読んでほしい!

 

シェアはご自由に
URLをコピーする
URLをコピーしました!
タップできるもくじ
閉じる