運営者情報

VRセックスで性病がなくなる?

f:id:pineapple-bomb:20200119151032j:plain
今回は、未来を変える立役者の一つになるに違いない「VR」についてです。

2016年はVR元年と言われましたが、それから4年たった今も、まだ爆発的に普及するには至っていません。

しかし、水面下ではVRの技術進化は確実にすすんでいるようです。

「技術革新の波はまずアダルト産業に向かう」と聞いたことがあります。

VRがあればあんなことやこんなことができる、と「ムフフ」なことを考えるのは、やはり性欲のさかんな男たち。

VRはアダルト産業をどう変えるのか?
本の内容を踏まえて少し考えました。

1.非モテ男子がバーチャルセックスにはまるマンガ

『ルサンチマン』というマンガがあります。

古いマンガですが、VRの未来をすごいクオリティで描いています。

ストーリーをざっくり言うと──

主人公の男は現実世界では壊滅的な非モテ男子。

そんな非モテ男子が、友人からのすすめで、バーチャルセックスにのめりこんでいくというストーリー。

このマンガのバーチャルセックスでは、いろんなテクノロジーが使われています。

たとえば──
HMD(ヘッドマウントディスプレイ)はもちろん、オナホールの役割をする「チンコケース」や、口に装着することで舌や唇の感覚を再現する「マウスケース」……。

当時は夢物語だった、これらのテクノロジーも現在では、実際に開発されているものが多いらしい。

2017年の「ジャパンアダルトエキスポ」では、VR動画と連動したオナホが発表されていたそうです。

びっくりするくらいのスピードで、VRが進化していることがわかりますね……。
f:id:pineapple-bomb:20200119151026j:plain

2.女性にとっては?

女性からするとただ「気持ち悪い」と思える状況ですよね。

でも、たとえば遠距離恋愛中のカップルはどうでしょうか?

VRを使えば、お互いの動きが連動することで、遠く離れた恋人がすぐ目の前にいるような気持ちでセックスできるようになるのです。

「そんなのは本当の恋愛じゃない」という意見ももっともですけどね……。

3.性病の危険がなくなる?

著者は「近いうちにバーチャル・風俗が誕生する」と言っています。

リアルの肉体同士の接触はなく、バーチャル上にだけ存在する風俗。

リアルの女性の裸を3Dスキャンしたり、性的なプレイをしているシーンのモーションデータを記録する。

それをもとに、バーチャル上でアバターがプレイを再現する。

そうすれば、もはや肉体同士の接触はいらなくなる。

そうなれば当然、性病に感染する可能性もなくなります。

世界保健機関(WHO)は、世界で毎日約100万人が新たに性感染症に感染していると発表しています。

バーチャルセックスが当たり前になれば、これらの性感染症の数は激減するかもしれません。

まあ、もっとも発展途上国にまでVRが普及するのはすぐには無理だし、そういった性感染症の多くは発展途上国で起きていると思うので、VRが先進国で普及しても性感染症の数はそんなに減らないかもしれませんが。

それに、本当に世の中の人全員がバーチャルセックスにのめりこむかどうかも分かりません。

特に年齢が上の人ほど、バーチャルセックスには嫌悪感を感じるのではないでしょうか?

僕は若い世代に属しますが、VRを体験したことがないので、なんとも言えません。

なんとなく、バーチャルセックスにはまるというのは「負け」のような気がしないでもありません……。

みなさんはどう思われますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です