Small+α すもぷら

昨日までの自分に小さな+αを足していくブログ

ihone11のカラー選びに迷っている人必見!全カラーの特徴まとめ

iphone11 カラー おすすめ

iphone11が発売になりました!

新カラーの登場や、タピオカのようなカメラレンズが賛否両論を巻き起こすなど、

今年もiphoneの話題は沸騰中です!

この記事では、どんなカラーにしようか迷っている方のために、

各カラーの口コミと特徴をまとめました!

iphoneは最低2年は使うものですからね。

カラー選びはミスらないようにしたいものです。

 

 

まずiphone11のカラーバリエーションですが──

 

iphone11 カラー おすすめ

 

ノーマルのiphone11は、6つのカラー。

 

 

iphone11 カラー おすすめ

iphone11proとpro maxはそれぞれ4つのカラーです。

 

1.iphone11の全カラーまとめ

ホワイト

 最も清潔感があり、かつビジネスシーンにも合わせやすいのがホワイト。

 高級感もあるし、老若男女誰でも合わせやすいのがいいですね。

一番失敗しない色なので、カラーにこだわりがない人には、迷わずホワイトがおすすめ。

 

ブラック

ホワイトと同じく失敗しない色であるブラック。

選ぶ人は男性に多いですね。

ただ、やはり地味な色なのでせっかく新しいiphoneを買うなら、他の色で冒険してみたいところですね。

ビジネスシーンで使うことの多い人は、ホワイトとブラックがおすすめ。

 

グリーン(初登場!)

 

今回初登場のグリーン。

グリーンといってもライトグリーンなので、写真によってはホワイトっぽく見えます。

もっと濃い緑でもよかったような気がしますが、

ライトグリーンにしたことによって、高齢者が初めて持つスマホなどにおすすめのカラーになっています。

イエロー

イエローはあんまり人気がないかな……?って感じです。

服装に合わせにくい気がするし、何より子供っぽい感じがするので、キャピキャピした学生さん向けかも。

男でイエローが似合う人は少ないと思う。

パープル(初登場!)

 

グリーンと同じく初登場のパープル。

ビジネスシーンで使う人で、ホワイトとブラック以外にしたい人にはパープルがおすすめ。

仕事で使っても許されるくらいの大人っぽい雰囲気があって落ち着いています。

いいとこの主婦によく似合いそう。

レッド

 一番主張の激しい色です。

レッドが似合う人はイケメンか美女かどっちか。

欧米系の外国人はレッド使っている人が多いイメージがあります。

個人的には、レッドは人間の集中力を阻害する色なので好きじゃない……。

 

僕が買うとしたら

男である僕が買うとしたら、ホワイトかグリーンかパープルで悩みますね。

ブラックは地味すぎるし、

イエローは子供っぽすぎるし、

レッドは主張が激しすぎてすぐに飽きそう。

最終的に選ぶなら、グリーンですかね。

新登場のカラーなので、他のihoneと差別化できるし、飽きがこなさそう。

 

2.iphone11 proとpromaxの全カラーまとめ

 

ihone11 カラー おすすめ

スペースグレイ

渋い感じのグレーなので、飽きがこなさそう。

人気カラーのミッドナイトグリーンと非常に似ているので、あえて人気のミッドナイトグリーンを避けてスペースグレイを買うのも賢いやりかたです。 

 

シルバー

 iphoneで1番の定番カラーといえば、やはりシルバー。

カラーよりも性能重視という人や、

人気のカラー選んで入手時期が遅れるのはいやだという人は、シルバーにしておきましょう。

ミッドナイトグリーン(初登場!)

かなり暗めのグリーン。

光の当たり具合によっては、スペースグレイと見分けがつきません笑。

新登場だけあって、一番人気のカラーです。

渋い雰囲気なので、女性にはどうかな? あんまり可愛くないので微妙かも。  

ゴールド

シルバーと同じくゴールドはもはやiphoneの定番カラー。

高級感と重厚な光沢があるのはいいのですが、意外と汚れが目立ちやすいのが難点。

そこまでピカピカではなく、抑えめのゴールドなのでそんなに目立ちません。

 

僕が買うとしたら

iphone11proとpromaxは完全に男性向けの色が4色中2色もあります(スペースグレイとミッドナイトグリーン)。

この2色は可愛さを捨てて、かっこよさに全振りしているので女性が使うには微妙。

僕なら、やはりミッドナイトグリーンを選びますね。

この男臭い感じの渋さがたまりません!

 

後日、実際にミッドナイトグリーンのiPhonepro11を買いました。

詳細は⬇︎⬇︎⬇︎