Small+α すもぷら

昨日までの自分に小さな+αを足していくブログ

【洋画+邦画】この映画がグロすぎる!おすすめグロ映画ランキング

グロ 映画

食欲も失せるようなグロい映画……見たくない?

体重が増えてお困りのあなたにもおすすめ!

グロ映画で食欲を減らせば、すぐにスリムボディがあなたのものに!

ということで、ダイエットにも効果的なグロ映画を5つまとめてみました。

 

自称グロい映画好きというあなたでさえ、耐えがたいものを厳選しました。

今日の+αは、グロ映画ですよー。

 

5位 アンチクライスト

 

 一言あらすじ

息子を無くした夫婦が、森の中の山小屋で療養しようとするも、妻がひたすら狂気を進行させていく話。

見どころ

エデンの園やら、魔女狩りやら、宗教的な知識がないと深いところまでは理解できない映画です。

でも知識がなくても、グロさだけは伝わる。

後半で、妻が自ら〇〇を切り取ってしまうシーンがあるのですが、ここが一番のグロシーン。というか痛い。

カンヌ国際映画祭の上映では、数人が気絶したらしい。

 

批評では「女性嫌いの男が作った最悪の映画」とまで言われたそうです。

 

4位 ホステル

 

 

一言あらすじ

大学生バックパッカーが、女とヤレるという噂に誘われ、あるホステルにたどりつくも、そこが思わぬ地獄だったという話。

見どころ 

物語のあらすじがどうとかじゃなくて、単にグロいシーンを撮りたかったから撮ったという感じの映画。

ひたすらグロいし、胸糞悪い。

でも世の中には、並外れたドSの人がたくさんいます。

このホステルには、たまたまそんな人たちが集まっていたというだけのこと。

 

バックパッカーの人はくれぐれも気をつけて。実際に狂ったドSが集まったホステルなんてないと思うけど、現実的にはそれよりも性病の方がはるかに恐ろしいので……

 

あと、せっかく見るのなら無修正版の方がいいかも。

下手に修正が加えられてたら、映画の見どころが削がれてしまいますからね。

 

3位 ハンニバル

 

 一言あらすじ

グロの貴公子、レクター博士がやりたい放題好き放題する話。

見どころ

あの名作『羊たちの沈黙』の続編です。

たぶんレクター博士シリーズで、最もグロい。

レクター博士は料理が得意らしく、ある素材を使ってお料理するのですが、そのシーンが気持ち悪すぎて吐くこと間違いなし。

 

ヒントを出しておくと、昔「トリビア泉」というテレビ番組に金の脳ってあったじゃないですか。

中身がメロンパン入れになっているやつね 

あれをイメージしながら、映画を見てください。きっと、「あ、そういうことね」って思いますから。

 

 

2位 オーディション

 

一言あらすじ

キリキリキリ……恐いでしょう?

キリキリキリ……痛いでしょう?

(あらすじになってない)

見どころ

このランキング唯一の日本映画。

この映画もまた映画祭で多数の途中退席者を出し、強烈すぎるスプラッター描写に非難囂々だったらしい。

ラストに、一番グロいシーンがあるんですが、その撮影方法がうまい!

「あ、こんなショッキングな撮り方があるんだ」とびっくりしました、僕は。

 

海外でも人気があるようで、『ディパーテッド』というアカデミー賞受賞作品に、この映画のワンシーンが登場します。

この映画はグロさの象徴として認識されてるのかな

 

僕の疑問

なぜかわからないが、外国人女性よりも日本人女性の方が怖く感じる。特にこの映画はそう。

基本的に、日本人女性の方が黒髪のロングヘアーが似合う。

だからこそ、なんだかこう粘着質で陰湿な恐ろしさがよく似合うような気がする。

逆に、ヤクザとかの日本人男って、外国のマフィアに比べると少し怖さが劣る気がするんだが……。

 

1位 グリーン・インフェルノ

 

 一言あらすじ

企業の森林伐採から部族を救うために、学生グループが現地にのりこむ。しかし、その部族に捕まってしまい、グロパーティが始まってしまう……。

見どころ

なんといっても、未開の部族たちの話の通じなさが怖い。火星人みたい。

なぜか、この部族たちは肌を赤色っぽく塗っているので、それが余計に怖い。

バイオハザードの「クリムゾンヘッド」みたい

 

同じ人間のはずなのに、ここまで話が通じないともはや恐怖。

未開の部族の恐ろしさがたっぷり詰まったこのグロ映画。

見る前に胃をからっぽにして見ましょうね!

 

まとめ

どうでした? この文章にたどり着けたということは、あなたにもかなりのグロ耐性があるようですね。

警告しておきますが、本当に気分が悪くなるほどグロい映画ばかりなのでそこは注意してください。

絶対に一気に全部見ようなんて、考えちゃだめですよ!