Small+α すもぷら

昨日までの自分に小さな+αを足していくブログ

【洋画】カップルで見るとケンカになるおすすめ映画ランキング

f:id:pineapple-bomb:20190817141747j:plain

「カップルで見るとケンカになる映画」見たい?見たくない?

王道の恋愛映画は、美しいシーンだけを切り取って描いています。

でも、実際の恋愛って汚いことだらけですよね。

相手の足が臭いとか、トイレの後が臭いとか、ムダ毛が濃いとか(リアルですまん)。

 

そこで今回は、男女の恋愛をリアルに描いた映画ばかりを厳選しました。

以下で紹介する映画に、単純なハッピーエンドは一つもありません。

カップルで見ると、意見の食い違いからケンカになるかも。

 

それでもあえて見てほしい。

これらの映画を見た相手の感想から、まだ知らない相手の隠れた一面を引き出すことができるかもしれないのだから……。

 

5位 世界一キライなあなたに

 

(英題:Me Before You

 一言あらすじ

主人公の女性がある日失業してしまい、なんとか介護の仕事にありつくことに。担当することになったのは、事故で車椅子生活を余儀なくされた、ある大富豪の青年。

青年はかたくなに心を閉ざしていたが、徐々に打ち解けていく。

そして、青年は「決断」をする……。

 

ケンカポイント

車椅子生活を強いられている大富豪の青年は、元実業家で大金持ち。車椅子生活なんて彼のプライドが許さないし、ましてや若い女性に介護されるなんてゼッタイ嫌だ、という頑固さ。

女性がいろいろ介護してあげても、青年はお礼も言わない。

主人公の女性だって、最初は反発します。「なにこいつ、プライドなんか食えないんだから捨てちゃえばいいのに」と。

男のプライドなんて犬も食わないくだらないものですが、男はみんなプライドを持ってます。

ここが、男女で意見が食い違う一つ目のケンカポイントです。

 

カップル ケンカ

青年のヒゲ剃りに挑戦中 予告編より


そして二つ目のケンカポイントは、青年が最後に下した決断です。

この決断に対しては、映画を見た世界中の人たちから猛烈な批判があったとか。

 

お金さえあればいいと思ってんの!? 

女より男のプライドを優先することもあるんだよ

映画を見たカップルは、こんなケンカするかも。

 

ちなみに英題のMe Before You」も、青年の決断を示すヒントになってます。「君よりも俺が大事」みたいな意味です。

 

4位 ゴーン・ガール

 

 

一言あらすじ

長年連れ添った妻が突如、失踪。夫は妻が昼間に何をしているか、どんな性格なのかをはじめ、妻のことを何も知らなかったことに気づく。しかし妻は思わぬ形で、夫の元へ帰ってくることになる……。

ケンカポイント

イヤミス映画(イヤミステリー)の代表作です。

カップルももちろんですが、熟年の夫婦が見たらかなり気まずいことになります。

 

とにかく、失踪した妻を演じるロザムンド・パイクという女優さんがマジで怖すぎます。この映画の演技が注目されたおかげで、今や彼女は大スターです。

 

結婚するには、お互いのことをどれくらい知っていないといけないの?

結婚にはどれくらいの演技が必要なの?

今付き合ってる私たちも、もしかしたら「演技」をしている一面があるんじゃない?

 

この映画を見たカップルは、お互いが急に赤の他人のように思えてくるはず。

3位 秒速5センチメートル

 

一言あらすじ 

子供の頃に育んだ愛が、秒速5センチメートルの速さで壊れていく話。

ケンカポイント 

このランキング唯一のアニメ映画です。

この映画を見たカップルに必ず起こる議論があります。

その名も「男は名前をつけて保存、女は上書き保存」論。

 

過去の恋愛を引きずりまくる男と、スパッと切り替えて未来へ突き進んでいく女が対照的に描かれてて、アニメなのにやたらリアルです。

僕の感覚から言うと、女子はこの映画をキライな人が多いです。

男と一緒に見たら、「ああ、胸にぐさっとくるなあー」とか「ひきずる男の気持ちもわかるなー」みたいな感想を共有できるんですが、カップルで見るとそうはならない。

 

自然消滅したはずの恋愛を引きずりすぎ

はっきりしない男にずっとイライラした

 と女子たちからは大不評。

 

カップルで見ると、男の方は感動しているのに、女の方は冷めているということがありそう。

カップルの間で、夏と冬みたいな温度差を生じさせるこの映画は問題作です!

 

2位 アイズワイドシャット

 

一言あらすじ 

長年よりそった妻が、急に夫に性の告白をする話。

ケンカポイント

ちょっと難しい映画なのですが、熟年夫婦のありかたを描いています。

衝撃的なのは、トムクルーズの妻を演じるニコールキッドマンが、夫の前で堂々と小便をするシーンです。でも、夫は妻の小便を見ても、全く動じません。

それだけお互いにわかり合っていて、以心伝心の仲だということです。

何年も一緒にいたせいで、お互いに「慣れ」に溺れているのです。

 

全く自分に嫉妬してくれない夫。

釣り上げた魚には餌をやらないタイプの夫。

男って結婚がゴールだと思ってるわけ?

 

妻が映画の最後で訴えるセリフは、世界中の全ての妻の思いをたった一語に結晶化したセリフです。お聞き逃しないように。

彼氏が最近なんか冷たい……そんな時には、このセリフを彼氏にぶつけてみましょう。

下手にもってまわった言い回しをするよりも、よっぽどストレートに伝わるはず。

1位 ブルーバレンタイン

 

 一言あらすじ

まだカップルだった頃の幸せな時期のシーンと、倦怠期になってきた結婚生活のシーンを交互に描くという残酷な構成のストーリー。

ケンカポイント

幸福なカップル期と不幸な結婚期を交互に描くという構成が、えげつないです。

肉体労働をやっていた夫はかっこよかったはずなのに、今やハゲてきて収入はいつまでも上がらない始末。

しかも、妻の方はエリートの仕事についていて、夫の稼ぎをはるかに上回っているんです……。

夫が妻をラブホテルに連れて行っても、結局セックスできないんですね。妻がもはやそんな気分になれなくて。

 

といっても、夫だっていろんなことに耐えているんです。

娘が実は自分の子供でないことを知りながら、100パーセントの愛情を注いでいるし、倦怠期になった夫婦生活をもっと刺激的にするために、あの手この手を考えるんです。

 

でもそういう夫の必死さが、かえって鬱陶しくなることがあるのよね

こっちは努力してるのに!

 

  • 男がこの映画を見たら、「夫の方が多くのことに耐えている」と言う。
  • 女がこの映画を見たら、「妻の方が多くのことに耐えている」と言う。

 

結婚とはやはり「耐え難きを耐え、忍び難きを忍ぶ」ものなのだろうか。

まとめ

以上、カップルで見るとケンカになる映画を紹介しました。

ケンカは男女の恋愛において絶対に必要です。

通過儀礼みたいなものですから。

 

ケンカを通して男女の中は深まるものです。

カップルのみなさん、存分にケンカしましょう!

 

他の映画ランキングは⬇︎⬇︎⬇︎のカテゴリから見てね!