Small+α すもぷら

昨日までの自分に小さな+αを足していくブログ

【洋画】目が見えない世界の恐怖 盲目ホラー映画おすすめランキング

盲目 ホラー映画

人間が外界の情報を得るために、80%以上を視覚に頼っていることを知っていますか?

人間の感覚器官には、他にも聴覚、触覚、味覚、嗅覚がありますが(いわゆる五感というやつ)視覚が飛び抜けて重要なわけです。

その視覚が失われたら?

━━それだけで世界は恐怖に変わる。

 

今日は盲目になった人を襲う恐怖を描いたホラー映画をご紹介。

盲目の主人公の代わりに、あなたが恐怖の正体を「見て」ください。

 

今日の+αは盲目ホラー映画ランキングですよー。

 

 

5位 アンデッド/ブラインド  不死身の少女と盲目の少年

原題:The dark

 

一言あらすじ

不死身の少女と盲目の少年の人生が交錯する話。

見どころ 

パッケージを見るとスプラッター系のグロ映画かと思いますが、そうではないです。むしろ、愛の話です。

盲目の美少年のかわいらしさがいいです。目が見えないままの方がカッコいいんじゃないかな。

「君を食べたい」と願う少女と、「君を見たい」と願う少年。この二人の未来がきになる人はぜひご覧ください。

4位 アイズ

原題:The Eye

 

 一言あらすじ

幼少期に視力を失った盲目のヴァイオリニストの女性が、角膜移植手術を受ける。徐々に視力は回復するが、「見えないはずのものが見えはじめている」ことに気づく。

 

アイズ ホラー 映画

この人が怖かった。正常と異常の境目みたいなギリギリ感が怖い。

見どころ

これは香港・シンガポール合作のホラー映画『the EYE〔アイ〕』をハリウッドがリメイクしたものです。

オリジナル版に比べるとどろどろした感じの怖さは減りましたが、リメイク版の方が僕は怖く感じました。

ホラー映画にしては感動的な物語構成なので、「ホラー映画の後味の悪さが嫌だ」という人にもおすすめ。

急にドカンと来る怖さがあるので、イヤホンで視聴するときは要注意!

3位 サイレンス

原題:HUSH

 

 

f:id:pineapple-bomb:20190820125531j:plain

※現在のところ、Netflixでしか見れないようです。

一言あらすじ

森の中の一軒家に住む耳の聞こえない女性が、殺人鬼に襲われるというシンプルストーリー。

見どころ

すいません。本記事のテーマは盲目のホラー映画でしたが、他に見つからなかったので仕方なく耳の聞こえないホラー映画をランクインさせました。

耳が聞こえないという状況も充分怖いよね!

とにかくシンプルなワンシチュエーション系ホラーなので、仕事で疲れていてややこしいあらすじを追うのがめんどくさい人におすすめ。

 

映画の冒頭で、殺人鬼に襲われた友達が助けを求めて「家に入れてー」と叫ぶんですが、主人公は耳が聞こえないので全く気づかないというシーンが、トリハダものでした。

殺人鬼も、なぜか銃器を使わずに、ナイフを使って襲ってくる(殺人鬼というかハンター?)ので、それがかえって怖い。

人間による人間狩りの映画です。 

2位 ロストアイズ

原題:los ojos de julia

 

一言あらすじ

視力を徐々に失いつつある女性。失明の恐怖をダーク・タッチで描いた映画。

見どころ

スペイン映画です。

大きな音や突然の幽霊の登場で怖がらせるサプライズ型の怖さではなく、失明の恐怖をねっとりとした執拗さで描く、ダーク・ホラー。

このおどろおどろしいホラーは、どことなく日本のホラー映画に似ている気がします。

じわじわくる恐怖を味わいたい人におすすめ。

 

そういえば、あるシーンで注射針を〇〇にぶっ刺すシーンがあるのですが、僕はそこで耐えきれずに「やめろー!」と叫びました。

注射針耐性がない人は、覚悟して見てね!

 

1位 ドントブリーズ

原題: Don't Breathe

 

 一言あらすじ

盲目老人の家に侵入してお金を奪うはずが、その老人が強すぎて返り討ちにあう話。

見どころ

ここ数年のホラー映画では、一番の盛り上がりを見せた映画ではないでしょうか。

今までに紹介した映画は、盲目の人=弱者として描いていましたが、本作はそれが逆転して、盲目の人=強者になっています。

盲目の弱者と思って舐めていた相手が、実は強者であったなら……。

この逆転の構図が面白いんです。

この盲目老人、目は完全に見えないんですが、その分、聴覚や嗅覚が異常に発達しているんです(なんか生物図鑑みたいな書き方になった)。

 

ほんの少しでも物音を立てたらアウト。

『クワイエットプレイス』を楽しめた人なら、絶対に楽しめます!

 

ちなみに『ドントブリーズ』の舞台はアメリカ随一の犯罪都市デトロイト。 119番通報しても、警察が来るのに何十分もかかる。(日本の警察の到着時間は平均7分)

それを逆手にとって主人公たちは、老人の家に強盗に入るのだ。

デトロイト旅行はおすすめしません

 

 

おまけ ホラー映画ではないけれど

セント・オブ・ウーマン 夢の香り

英題:Scent of a Woman

ホラー映画ではないですが、盲目といえばこの映画も紹介しておきたい!

 

一言あらすじ

ふて腐れた盲目の退役軍人が、青年との交流を通じて希望を見つける話。

見どころ

アル・パチーノの 盲目の演技がすごいです。瞳を全く動かさずに、盲目の男を演じています。

この盲目老人、めちゃくちゃ頑固です。戦争で辛い思い出があるのはわかるけど、もうちょいなんとかならんかってレベル。

でもその頑固キャラが途中から愛おしくなります。

 

老人は青年に、「男ならガツンと女にプロポーズしろ」みたいなアドバイスを次から次にするんですね。

それに対して青年は「ええー。僕はそんな柄じゃないよー」と反応を返す。

まんま、肉食系のおっさんと草食系の若者ですね!

 

盲目老人のタンゴ・ダンスシーンと、感動のラストシーンは必見です。

 

ランキングのホラー映画を見て「疲れた。。。」となった人は、この映画を見てカタルシスを得てください。

ホラー映画ばかりではきついもんね。 

まとめ

どうでしたか? 盲目ホラー映画というジャンルはたぶんないですが、こうやってランキングにしてみると、面白いものがたくさんありました。

どれか一つでも見て怖がっていただくと、この記事を書いた甲斐があって嬉しいです!