運営者情報

エンターキーを小指で打つだけで一気にタイピングが速くなった

タイピング 効率 小指 エンターキー

僕はマジックキーボード をしばらく使っているんですが、僕独特の打ち方のせいでしょうか、エンターキーを小指ではなく薬指で打ってしまう癖があります。

今さらですが、小指でエンターキーを打った方が、効率のいいタイピングができるということに最近気づきました。

文字だとわかりづらいので、まずは見てください。

POINT

今回扱っているのはUS配列のキーボードです。

JIS配列のキーボードはエンターキーの大きさが違うので、今回の記事は役に立たないかも。

タップできるもくじ

ダメな打ち方

お分かりでしょうか?

エンターキーを薬指で押してしまっています。

薬指で押してしまうと、ホームポジションが大きく崩れてしまうので、時間のロスになりますし、その分指も疲れてしまいます。

なぜか僕は、エンターキーを薬指で押してしまう悪い癖がずっとあって、先日友達から指摘されて初めて気づきました。

じゃあどうすればいいのか。
簡単ですよね。

エンターキーに一番近いのは小指なので、小指で押してしまえばいいんです。

良い打ち方

これが効率の良い打ち方です。

小指で押すことによって、時間のロスも指の疲れも最小限に抑えることができます。

友達から「なんで小指で押さないの?」と指摘されてようやく自分のタイピングが変なことに気づきました。

なんでも我流でやるのは危険ですね

ただですね……。みなさんもぜひやってほしいんですが、小指エンターキーを押すのって意外と難しいのです。

エンターキーってどうしても強く押しちゃいますよね。「カタカタッ、ターーン」みたいな。

小指だと力が入らないので、エンターキーを押しづらいんですよね……。
もちろん力を入れてエンターキーを押しても疲れるだけなので、小指で静かに押してやるのが一番いいに決まっているんですけどね。

長年の癖はなかなか抜けません……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です