つづるん

つづるブログ

Small+α

【プレゼンするなら必読書】『プレゼンテーション ZEN』ガー・レイノルズ レビュー

プレゼンテーションZEN 

学生あるいは社会人で、プレゼンテーションをする予定のある人にぜひとも読んでほしい本があります。



『アウトプット大全』で知られる精神科医の樺沢紫苑さんや、脳科学者の茂木健一郎さんなど、

知識人たちがこぞっておすすめしているプレゼンテーションの神本です。



「余計な情報はいらない。とにかくシンプルなプレゼンをしよう」

──というのが本書で繰り返し述べられている結論です。

今回は、俺が勉強になったなと思ったポイントを紹介しましょう。

1.「ZEN」とは禅のこと

本書のタイトルにもなっている「ZEN」とは、禅のことです。

プレゼン名人として知られているスティーブ・ジョブズは、日本の禅を熱心に学んでいたらしく、

彼は禅の学びを通じて、「シンプルなプレゼンこそが最高だ」との結論にいたったのだとか。

この本の著者であるガー・レイノルズも、そんな日本文化に興味を持ち、ずっと日本に住み続けているそうです。



「わび・さび」が重んじられる日本文化では、シンプルさが命。


そんな日本人が、プレゼンテーションになると、とたんに内容がごちゃごちゃしたわかりにくいスライドを作ってしまうのは不思議ですね。


2.スライドはシンプルが命

⬇︎⬇︎⬇︎は、俺が大学生時代に作ったスライドです。 (お恥ずかしい)

一枚のスライドに文字がいっぱい詰まっていて、読みづらいですね。

しかも、箇条書きが多すぎて言いたいことの焦点がぼやけています。

やる気が空回りして、分かりにくいスライドになっている典型的な例ですね、これは……。


「プレゼンテーションで、箇条書きを使うのはやめておいたほうがいい」



「一枚のスライドには一つのトピックで十分」

──と、本書には書かれています。



よし、では本書のアドバイスにしたがって、このわかりにくいスライドを改善してみましょう。



じゃじゃん。


このスライドで言いたいことを一つだけに絞ると、こんなにシンプルになりました。

これなら説得力が増しますし、言いたいことが直球(どストレート)で聴衆に伝わるはずです。





でも、こんな反論があるかもしれません。

他にも言いたいことがあるのに、それも削ってしまうと手抜きしたと思われてしまうじゃないか!

──なるほど、たしかにシンプルすぎると「手抜きした」と思われるかもしれません。

しかし、これが日本人の多くがハマる罠なのです。

日本人はどうしても、

「おい、あんたのプレゼン、『〇〇』について触れられていないじゃないか」


──と、後から指摘されてしまうのを恐れるんですね。


後から説明不足だとのクレームを入れられないように、とにかくスライドに情報をたくさん詰め込む。

だから、分かりにくいスライドを作ってしまうんです。

スライドに入らない情報は別の書類で配れ

本書でなんども述べられていることですが、

パワーポイントは文書作成ツールではないのです。


スライドはあくまで、視覚的にわかりやすくするためのものです。

なのに、日本人はスライドに「文章」をつめこんでしまうんですね。



スライドに入りきらない文章は、別途プリントを作って、そこに入れましょう。
それを後から聴衆に配ればいいのです。

本書では、

別途、配布資料(聴衆の一人一人に配るプリント)を作成することが大事。好きなだけ、脚注をつけたり詳細を書き込んだりするとよい。

そしてプレゼンテーションの開始時に「発表内容の詳細が乗った文章を終了後に配布しますので、話したことを全部書き取る必要はありません」と告げておこう

スライドをそのまま印刷したものを配布する必要は無い。
あなたがいなければそのスライドに意味は無いのだから。

──と書かれています。

スライドをシンプルにしても、別途くわしい配布資料を配れば、

後から「情報不足だ」とのクレームを受ける心配は少ないでしょう。

個人的に、これは目からうろこでした。俺は、今までスライドだけですべてを説明しようとしていたのがいけなかったのです。



3.どっちがプロのスライドかわかる?

突然ですが、ここでクイズです。

⬇︎⬇︎⬇︎の2種類のスライドを見てください。

『プレゼンテーションZEN』より


どちらかが「プロのスライド」でもう片方は「素人のスライド」なのですが、分かるでしょうか?



正解は、右のスライドが「プロのスライド」です。

なぜでしょう?



実は人間は、人の視線に敏感なので、スライドの中の人間の顔が向いている方向に無意識に注目してしまうのです。

視線の向きに注目!


左のスライドは人間の顔の向きが画面の外側を向いてしまっているので、聴衆の視線も画面の外側に誘導されてしまうのです。

見てほしいのは、円グラフなのに……。

それに対して、右のスライドは、人間の向いている方向に円グラフを配置しています。

こうすると、聴衆は無意識に円グラフに注目するようになるそうです。

ちょっとした配置場所を変えるだけで、プレゼンテーションの出来栄えは格段によくなるんです。すごくない?


さらに、もう一つクイズ。

⬇︎⬇︎⬇︎のスライドはどっちがプロのスライドでしょうか?

『プレゼンテーションZEN』より


もうわかりますよね。

右のスライドが「プロのスライド」です。

スライドに人間をのせる場合は、視線の向きと同じ方向に文章やグラフを配置するようにしましょう。


たった、これだけのことでプレゼンテーションのレベルはずいぶんと上がりますよ!

【まとめ】この本自体がプレゼンテーションになっている

『プレゼンテーション ZEN』が、プレゼンをする人にとって必読の神本である理由をもう一つお教えしましょう。

実はこの本、本のデザインそのものがプレゼンテーションになっているのです。

『プレゼンテーション ZEN』より


『プレゼンテーション ZEN』より


なので、ページをめくっていくだけで、プロのプレゼンテーションをその場で体感できるというありえない完成度に到達している神本なのです。

これはマジで読まないとヤバイレベル。

プロのプレゼンテーション、体感してみませんか?





・ガー・レイノルズの他の本は⬇︎⬇︎⬇︎でまとめて紹介しています。

www.sumo-pula.com