つづるん

つづるブログ

Small+α

【節約術】新刊を実質レンタルできる方法

新刊 レンタル 安く

新刊本って高いですよね。

本は基本的に中古本でない限り、安くなることがありません。

本は勝手に割引きできない仕組みになっているんです



でも、「最初から売るつもりで買えば」結果的に安く買えますよ!

その方法を詳しくお伝えします。

1.図書館は新刊に弱い(読み飛ばしOK)

POINT

ここは読み飛ばしOKです! 方法を知りたい人は目次の2に行ってください!

図書館で新刊本を借りるのは難しいです。

地方の図書館だとそもそも予算が少なくて、新刊本を買う余裕があまりないので新刊本のラインナップは少ないです。

なら、都会の図書館ならどうか……。


都会の図書館だと予算は多いんですが、その分、利用者も多いので、新刊本にはすぐに大勢の予約者が殺到します。

人気の新刊本だと、数百人待ちなんてよくありますからね



──結果として、地方の図書館も都会の図書館も両方、新刊本は借りにくいという状況なんですよね……。

2.アマゾンで買って即メルカリで売る

僕が最近やっているのが、Amazonで新刊本を買って、すぐにメルカリで売るという方法です。

金儲け目的の転売じゃありませんよ!



どういうことかというと──
こんな手順です。

新刊本を安く買う手順

①Amazonで新刊本を予約、注文



②自宅に届いたら、すぐにメルカリに出品する

③すぐに読み終えて、発送する

①Amazonで新刊本を予約、注文

アマゾンで新刊本を買うと、5%くらいポイントがつくのでお得です。

しかも最近だと、ブックマイレージポイントというサービスが始まっていて、5000円分の本を買うと500円分のクーポンがつくというお得なものもあります。



②自宅に届いたら、すぐにメルカリに出品する

ここが重要なんですが、自宅に本が届いたら、すぐにメルカリに出品してしまいましょう。


まだ読んでないのに?



すぐに読むように、自分を追い込むためです。

買っただけで満足しちゃって結局読まない……。いわゆる「積ん読」って、けっこうありますよね。

「積ん読」を防ぐのが、今回のメルカリで即出品術です!

出品して売れてしまうと、すぐに本を発送しないといけないので、「早く読まないと!」と自分にプレッシャーをかけることができるんです。

メルカリで買ったばかりの本を出品すれば、たいていすぐに売れます。

なにせ新刊本ですからね!



僕が出品した新刊本は、こんな高値で売れました。
f:id:pineapple-bomb:20200222100913p:plain
アマゾンで 1628円で買ったものが、1250円で売れましたから、たった400円程度の出費で新刊本を読めるというのはメリットではないでしょうか?

こういうビジネス書って、僕の経験上繰り返し読むことは少ないので、一度読んでしまえばすぐに売ってしまっても問題ないんですよね。

それどころか、売らずに手元に置いておくと、「いつでも読めるから、今度読もう」となってしまい、いつまでも読まないということがよくあります。

③すぐに読み終えて、発送する

本を読み終えたら、すぐに発送してしまいましょう。

結果として、買った本が自分の手元にある時間はわずか数時間ですが、これが新刊本を安く買う方法です!

本を「買う」というよりは、「レンタルする」に近いかもしれませんね



【まとめ】新刊は買うのではなくレンタルしよう

新刊は買って手元に置いておくのではなく、さっさと読んで売ってしまえばいいと思います。

どうしても「自分の手元に置いておきたい!」という人にはこの方法は使えませんが、「少しでも安く新刊本を読みたい!」という人には効果的なはず。

ただデメリットとしては、メルカリの発送がややめんどくさいってところですかね……。

いちいちコンビニに本を持っていって発送しないといけませんからね…



ちなみに、メルカリで簡単に発送できるポストの導入が検討されているそうです。

これが実現したら、メルカリの発送が簡単になるので、ますますこの記事で紹介した「新刊レンタル術」が使いやすくなりますね!