つづるん

つづるブログ

Small+α

僕はミニマリストにはなれない。『手ぶらで生きる。』感想

f:id:pineapple-bomb:20200209152443j:plain



おそらく日本一有名なミニマリストしぶさんの本を読みました。



モノを減らすと、たしかに人間はクリエイティブになります。

スティーブ・ジョブズやマーク・ザッカーバーグがシンプルな生活を送っていることから見ても、それは分かります。

ただ、僕がモノを捨てて、ミニマリストになれるかというと、どうだろう。怪しいぞ。

本を捨てられない

僕は本を捨てられない体質だ。

特に「名作だな」とか「なんども読み直したいな」という本はどうしても手元に置いておきたい。
手元にあるというだけで、なんとなく力が湧いてくるし、「俺はあんなに難しい本を読んだんだな」という自信もつく。

なによりも、「あの本のあそこに何て書いてあったっけ?」というときに、すぐに手にとって調べることができる。



逆に、くだらない本はすぐ捨てるので、本を買えば買うほど増えていくというわけではない。

内容のうすい本は、パソコンのファイルに必要なところだけをメモって、本は捨てる。

本が多いとミニマリストにはなれない

名作だけを手元に置いていくようにしているんだけど、それでも本は増えていきます。 f:id:pineapple-bomb:20200209152430j:plain
f:id:pineapple-bomb:20200209152443j:plain



これは僕の本棚です。
自分にとって名作と思える本だけをそろえているつもりですが、これでもけっこう多い。

ミニマリストとはいえないよなあ……。


ミニマリストになるなら、この本棚をごっそり捨てないといけないんだけど、僕はどうしてもその気にはなれない。

結局のところ、僕は「モノへの信仰」を捨てきれていない。

電子書籍もイヤだ

一時期、電子書籍を読んでいたことがあるんですが、けっきょく長続きせず……。

www.sumo-pula.com

電子書籍は記憶の定着率が悪いとか、脳への刺激が少ないとか、いろいろ理由はあるんですが、やはり僕は本能レベルで紙の本が好きなようです。

仮に、この本棚をすべて電子書籍化できたら、部屋が一気に広くなるんだけど、今のところするつもりはない。

紙の本LOVE!!!

村上春樹もレコードを収集している

村上春樹という作家がいるけれど、彼もまたレコードを大量に集めている。 f:id:pineapple-bomb:20200209153242j:plain

僕はレコードなんて見たことすらないし、レコードを集めることの何が楽しいのか理解できないけど、たぶん僕が本を集めるのと似たような楽しさがあるのだと思う。

でも、理解なんてする必要はないと思う。
理解できなくても、排除さえしなければそれでいい。

レコードを集めることが理解できないからといって、それを他人が無理やり処分してしまうなんてことは絶対にあってはならない。

人の趣味を破壊するのは、独裁主義的で悪魔的な行為だし、やっていることはナチスと変わらない。

理解できなくてもそっと放置してくれれば、それでいい。
それが「人の多様性を認める」ということだと思う。

村上春樹もきっとそう思っているのではないか。

だから、仮にあなたがミニマリストだからといって、それを他人に押しつけてはいけない。

ミニマリストが本当に素晴らしいなら、押しつけなくてもきっと人は自発的にマネするはずだからね。

あ、ちなみにこの本はミニマリスト思想を読者に押しつけるようなことは、一切書かれていませんので安心してください!

机の上はミニマリストにすべき

本は大量に手元に置いておく僕ですが、1箇所だけミニマリズムを心がけている場所があります。

作業机の上です。

f:id:pineapple-bomb:20200209155002j:plain
作業机の上に本や文房具などを置いておくと、集中力が乱れます。

PCに集中しないといけないのに、つい手を伸ばして意味もなくペラペラめくったりしてしまうんです……。

あなたも経験ありませんか?

集中したいときは、机の上には何もおかないほうがいいですね。

PCに向かって作業していても、机の上に置いてあるものは必ず視界に入ってきますからね。

【まとめ】将来はミニマリストになるかも

本は大量に持っている僕ですが、ファッションにはこだわりがないので、いつも同じような服を着ています。

靴もカバンも服も、数えるほどしか持っていません。

このへんはけっこうミニマリスト寄りなんですよね。

なので、本さえどうにかなったら、僕もミニマリストと宣言してもいいかも。

誰か紙の本とそっくりな電子書籍を開発してくれ…