つづるん

つづるブログ

Small+α

目的地までついてきてくれる日本人は優しい?

「日本人は道を聞くと、目的地まで案内してくれる人が多いから優しい」

──と、外国人が話しているのを聞いたことがある。

たしかにたまたま道を聞いただけの仲なのに、わざわざ目的地まで一緒に歩いていってくれるのは、かなり優しい気がする。

でも、本当にそうだろうか?

もしかしてそれは、日本人の英語力がないことの裏返しではないだろうか?

1.目的地までついていくのは、英語で道順を伝えられないから

道でいきなり外国人に英語で道を聞かれて、スラスラ答えられる人は少ないと思う。

「この道をまっすぐ行って、2つ目の交差点を右に曲がればいいですよ」

と的確に英語で答えられればいいけれど、それは難しい。

英語では伝えられない。 でも迷える外国人の力になってあげたい。

仕方ないから、目的地まで一緒に行って案内してあげよう。



──こう思う日本人が多いのではないだろうか。

道を聞くと目的地まで案内してくれる日本人の行動は、優しいというより、英語力が不足しているがゆえの行動な気がする。

2.俺の体験談

そういえば、俺も昔、英語で道を聞かれたけれど、ろくに答えられず、仕方なく目的地まで案内したことがある。 (目的地がすぐそばだったから良かったけどね)

英語でズバリと道順を教えたかったのだけど、うまくいかなかった。

当然、一緒に目的地に向かっている間は英語で世間話をすることになるけど、それも、

「yeah」、「oh」、「really?」の三大ボキャ貧ワードで応じるしかない。

わざわざついてきてくれるというのはあまりにも優しすぎるので、向こうも「詐欺師かなにかではないか」と警戒するだろうから、

やはり、最初に道順をズバリと伝えてしまうのがいちばんな気がする。

あれから数年たって、今はある程度英語が上手くなったので、今なら英語で道順を伝えられる自信がある。

最近は、だれか声をかけてくれないかなと、心に思いながら道を歩いている。